サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

けもの道(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/20
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102602-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

けもの道 (角川文庫)

著者 藤村 忠寿 (著)

たとえば、自分の不得意な相手に電話をしないといけないとき、どうするか。自分でがんばって電話する?それとも、それを嫌と思わない人に電話してもらう?北海道から全国へ広がった人...

もっと見る

けもの道 (角川文庫)

475(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

けもの道

475(税込)

けもの道

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

たとえば、自分の不得意な相手に電話をしないといけないとき、どうするか。自分でがんばって電話する?それとも、それを嫌と思わない人に電話してもらう?北海道から全国へ広がった人気番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター、“藤やん”こと藤村忠寿氏が、自分流の考え方をもとに、人生観、仕事への向き合い方、家族について軽妙な語り口で執筆。一見独特だけど、読めば納得。人生がちょっとラクになるエッセイ!!【「BOOK」データベースの商品解説】

北海道から全国へ広がった人気番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター、藤やんが、自分流の考え方をもとに、人生観、仕事への向き合い方、家族について、軽妙な語り口で綴る。人生がちょっとラクになるエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

意外な感じ

2015/05/10 22:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

水曜どうでしょうをずっと観ていたけど、文章から感じる人柄と今まで持っていた印象が結構違っていて意外な感じがした。
文章も面白く、読んでいて頷いてしまったり、感心したり、共感したりして、いっきに読みたくなる本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/17 19:08

投稿元:ブクログ

「水曜どうでしょう」の名物ディレクターの藤やんのエッセイ。
藤やんの仕事や人生についての考え方は面白く、興味深いものが多く、この人のような考え方ができれば人生豊かで楽しいものになるだろうなと思った。

2016/08/31 11:10

投稿元:ブクログ

水曜どうでしょうでは、豪快に笑う、やや身勝手な印象に映る(実際は映ってないけど)ふじやん。ふじやんが、そうとうなまじめさとまともさと、人がついてくる理由がわかる、納得してしまう内容となっていた。古本で買ったら10円だったけど、10円なんて思えない1000円以上の価値があると思った。

2014/08/08 23:12

投稿元:ブクログ

エッセイというよりも、酒を飲んで語り合っている(藤やんの語りを聞く)ような感じ。
文章がじょうずなわけでもないですし、話もあっちに行ったりこっちに行ったりで、ゆるゆるな感じ。
でも言ってることにブレはないんです。

漠然とした成功のイメージだけをもって、自分にはできない、自分はだめなんだというのではなく、確固とした成功イメージから、どうしたらそれができるのかを逆算していく生き方。
自分では無理なことは、人を頼る。
そういう人脈を作る。

自分に何を求められているのかが分かれば、自分のやるべきことはわかる。
あとは真摯にそれをこなす。

そんなことが書かれています。
誰でもが藤やんみたいな生き方ができるわけではないのはもちろんですが、まずできることをやってみる。できなかったら何が足りないのかを考える。
それだけで、少し前に進めるのではないでしょうか。

2016/08/17 22:32

投稿元:ブクログ

藤やんからのメッセージを読み解いているような気がする本。
もやもやしたり、考えすぎていたことを、さらっと解説してくれるような気がした。
人によっては気に入らないと思うけど、自分にはちょうどいいタイミングで読めました。

2016/07/04 01:01

投稿元:ブクログ

藤村氏といえば「水曜どうでしょう」の藤やんのイメージが強いが、この本はHTBに勤めるサラリーマンとしての藤村氏の半生を綴ったものになっている。
ときおり強く心に響く警句が載っており、ディープなどうでしょうファンのみならず、どうでしょうファンになりたての方々にもお勧めしたい一冊。

2015/10/03 10:25

投稿元:ブクログ

人にはそれぞれ役割というものがあるというのは今の自分にはすっと入ってきた気がします。雑談しているように軽く読めるけど、決して軽いこと言ってるわけではなく何度読んでも発見があるような本だと思います。