サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私のもらった文学賞
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07846-3
  • 国内送料無料

紙の本

私のもらった文学賞

著者 トーマス・ベルンハルト (著),池田 信雄 (訳)

オーストリアの作家トーマス・ベルンハルトが、ドイツ語圏の数々の文学賞を受賞した時の状況を綴った9つの自伝的エッセーと授賞式のスピーチを収録。文学賞受賞の場をスキャンダルに...

もっと見る

私のもらった文学賞

3,456(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オーストリアの作家トーマス・ベルンハルトが、ドイツ語圏の数々の文学賞を受賞した時の状況を綴った9つの自伝的エッセーと授賞式のスピーチを収録。文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた空前絶後の書。【「TRC MARC」の商品解説】

小説『消去』(2004、小社刊)で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家トーマス・ベルンハルト(1931-1989)。文学界のグレン・グールドとも評されるまさしく孤高の作家が、総なめにしたグリルパルツァー賞やビュヒナー賞等ドイツ語圏の最高の文学賞受賞時の状況を綴った私小説風エッセーと、3編の受賞の辞。文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の書である。【商品解説】

目次

  • グリルパルツァー賞/ドイツ産業連盟文化栄誉賞/自由ハンザ同盟ブレーメン文学賞/ユーリウス・カンペ賞/オーストリア国家賞文学部門賞/アントン・ヴィルトガンス賞/フランツ・テオドール・ツォコール賞/国家経済賞文学賞/ビュヒナー賞/スピーチ集3篇と退会の辞/編者付記/訳者あとがき

著者紹介

トーマス・ベルンハルト

略歴
〈トーマス・ベルンハルト〉1931〜89年。オランダ生まれ。20世紀のオーストリア文学のみならず世界文学を代表する作家・劇作家。自伝的作品「理由」などを発表し独特の作風を確立する。ほかの作品に「消去」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/23 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る