サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

火曜日の手紙

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209463-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

火曜日の手紙

著者 エレーヌ・グレミヨン (著),池畑 奈央子 (訳)

1975年、パリ。母の葬儀を終えたあとのカミーユに、ルイという男性から謎めいた手紙が送られてきた。宛先を間違えたのだろうか?しかし、それから毎週、ルイの手紙は届いた。とも...

もっと見る

火曜日の手紙

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

火曜日の手紙

2,138(税込)

火曜日の手紙

ポイント :19pt / 紙の本より238おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1975年、パリ。母の葬儀を終えたあとのカミーユに、ルイという男性から謎めいた手紙が送られてきた。宛先を間違えたのだろうか?しかし、それから毎週、ルイの手紙は届いた。ともに育った初恋の少女アニー、村の豪邸に暮らす夫婦、忍び寄る第二次世界大戦…ルイが書きつづる話に、カミーユは引き込まれていく。しかし、彼女は次第に疑いをいだきはじめる。自分自身もこの物語の一部なのではないだろうか―。フランスで40万部を突破した、秘密と愛の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ロリエ・ヴェール文学賞(2010年)】【エマニュエル・ロブレ賞(2011年)】1975年パリ。母の葬儀を終えたカミーユに差出人のない手紙が届きはじめる。手紙はナチ占領下のフランスを生きた男女4人の物語をつづっていた。カミーユは次第に、自分もその歴史の一部ではないかと疑いはじめ…。【「TRC MARC」の商品解説】

一九七五年、パリ。母の葬儀を終えたカミーユに差出人のない手紙が届く。そこに書かれていたのは、自分の出生の秘密、そして数十年前の愛と憎悪の謎めいた物語だった。フランス発のベストセラー【商品解説】

著者紹介

エレーヌ・グレミヨン

略歴
〈エレーヌ・グレミヨン〉1977年フランス生まれ。雑誌記者などを経て、「火曜日の手紙」でデビュー。ロリエ・ヴェール文学賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

2014/07/23 01:02

投稿元:ブクログ

真相が気になりすぎて一気読み。面白かったー。
恋愛モノかと腰が引けたけど、色薄かった。
新しいの出たら読みたいけど、名前覚えてられるかな。グレミヨン。

2014/07/08 22:28

投稿元:ブクログ

すさまじい物語だった。ただ、ストーリーはおもしろく、構成も手紙という形式をとりいれたところも技ありなのに、全体的に説明しすぎなわりに、最後のノートが出てくるところ、それからエピローグが唐突な感じがして残念。(セクハラやじ問題などの後に読むとそれはそれで別の感慨もわいてきますね...)

2014/10/03 20:30

投稿元:ブクログ

つらい。なんと残酷で、なんとも切ない。
3人の視点で徐々に浮かび上がってくる、その時の真実。登場してくる人、皆つらい。気の毒でたまらない。
しかし、それを重層的に組み立てあげる筆力には感心する。

2014/08/08 08:03

投稿元:ブクログ

父を戦争で亡くし、母も亡くなったカミーユのもとに沢山のお悔やみの手紙とともにルイという差出人から一通の分厚い手紙が届く。第二次大戦中にアニーという少女が体験した数奇な運命をつづっている。毎週火曜日に、アニーから、村の豪邸に住む婦人から、アニーの幼馴染で初恋の男性から、それぞれの立場から書かれた手紙。カミーユは、初めは宛先を間違えたのではないかと思う。しかし、読み進むうちに様々な疑問がわいてくる。アニーとはいったい誰なのか、アニーがひそかに生んだ子どもはいったい誰の事なのか。

読み出したら止まらない。アニーをめぐる人々の、それぞれの思いと秘密。真実を知ったカミーユとともに、涙してしまう。

それにしても、今も昔も不妊という悩みは夫婦のきずなをも脅かす問題なのだなあ。現在のような医学の進歩は幸いなのか、不幸なのか、分からないけれど、こんな風に暴走してしまう婦人がいたとしたら、医学の進歩は大きかったのかもしれない。ぞれよりも、子どもがいなければ夫婦として正常でないと思わせる社会のほうが明らかにおかしいのだけれど…。

2014/08/03 00:54

投稿元:ブクログ

事故死した母の葬儀を終えたカミーユの元に毎週火曜日に届く手紙。そこには手紙の差出人の初恋の少女のこと、村の様子、迫り来る第二次世界大戦の影などが綴られていた。

興味を惹かれる導入部。に対して唐突なノートに書かれた真相。さらにもっと唐突なオチ。
え? これ何? なんでここに辿り着くの?という疑問で頭が一杯に。
手紙に描かれた過去とそれを読むカミーユの現在がドラマとして何処かで繋がるんだろうと期待していたんだけどな。残念。
己の嘘と不安で押しつぶされていくM夫人の描写、20世紀前半の女性の扱いの酷さ、夢見がちな男性描写には女性作家ならではの面白さがあったんだけど全体的に生かし切れていなかった。
ページ数が全く違うけど、ケイト・モートンの下位互換って感じか。

2014/08/12 08:17

投稿元:ブクログ

母の葬儀の後、謎の手紙が届き始めた。ルイとアニー、お屋敷の夫人。

同じ物語が、視点と立場を変えると別な物語になる。

2014/09/04 09:50

投稿元:ブクログ

続きが気になって気になって。こういう本を読む幸せを噛みしめる。
でも読む人を選ぶ大人の小説かも。

母の葬儀後から毎週火曜日にくる手紙。

秘密と嘘が織り交ぜられて語られる物語形式の手紙に、主人公はあるとき気付く。自分自身がこの物語の一部なのではないかと。

静謐にその疑問の答えがあぶりだされていく。

2015/01/30 23:59

投稿元:ブクログ

オチが気になって途中飛ばしながら読んだ。まさかのオチだけど、どこに伏線があったのかわからなかった。
不妊の女性の辛さが描かれているけど、子持ちの作家がかくと、なんか違うよなぁと思ってしまう。

2014/07/21 23:32

投稿元:ブクログ

初読みで最後になるだろうなと思われる作家かも(笑)
次に読む本が気になりすぎ&作品自体が合わないので内容が脳をすべりまくりでした(;´∀`)

2014/09/15 13:24

投稿元:ブクログ

某新聞の書籍紹介コーナーで興味を持った本の一冊。
すごく期待していたわりに…という感じがしないでもない。
第二次世界対戦下のフランスの状況や、謎解きなど、面白いところも多いけど、手紙にかかれた登場人物の独白という形式で進められる文章は途中ちょっと疲れる部分も。
物語の発想や着眼点は面白いし、物語の構成も工夫されていることながら…特別誰かにオススメしたい一冊ではないかなという感じ。

2014/12/26 00:02

投稿元:ブクログ

「弱き者よ、汝の名は女なり」というハムレットの台詞は嘘だ。少なくともこの小説で弱いのは男だ。ルイ然り、ポール然り。手に入らない、或いは失った愛を夢見るばかり。引き換え女は、アニーにしろ、M夫人にしろ、カミーユにしろ、欲しいもの、愛するものを手に入れ、守るためにはどんなことでもする。
ミステリではないけれど、伏線はしっかりと引かれ、その回収も見事。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む