サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 図書室のふしぎな出会い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

図書室のふしぎな出会い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/06/19
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:22cm/159p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-580-82226-9
  • 国内送料無料

紙の本

図書室のふしぎな出会い (文研じゅべにーる)

著者 小原 麻由美 (作),こぐれ けんじろう (絵)

夏休みなのに、けがでサッカーの練習ができない勝は、図書室で本の整理をすることになる。勝は図書室の地下倉庫で五年生の真由子に出会う。真由子が探していた本を貸し出そうとするが...

もっと見る

図書室のふしぎな出会い (文研じゅべにーる)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏休みなのに、けがでサッカーの練習ができない勝は、図書室で本の整理をすることになる。勝は図書室の地下倉庫で五年生の真由子に出会う。真由子が探していた本を貸し出そうとするが、なぜか貸し出しカードが見当らない。ふしぎな少女、真由子はだれなのか?【「BOOK」データベースの商品解説】

夏休み、けがでサッカーの練習ができず、図書室で本の整理をしていた6年生の勝は、図書室の地下倉庫で5年生の真由子に出会う。真由子が探していた本を貸し出そうとするが、なぜか貸し出しカードが見当たらなくて…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小原 麻由美

略歴
〈小原麻由美〉愛知県生まれ。名古屋市立保育短期大学卒業。保育士を経て児童文学の世界へ。作品に「ごめんね!ダンスおばあちゃん」「ロンとククノチの木」「じいちゃんの森」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/02 15:36

投稿元:ブクログ

夏休みだというのに、足を捻挫して大好きなサッカーの練習が出来なくなってしまった小6の蒼月勝(あおつきまさる)。もう少しで県大会も始まるのに、まだ練習には復帰できない。
みんなの練習を見ていたくなくて、勝は司書の先生に頼まれた書庫の整理を手伝うことにした。
一人で図書室の地下倉庫で作業していると、ふいに5年生の藤沢真由子と出会う。真由子は、目が病気になっている捨て猫に気がついて、ペットの病気の本を探しに来たのだ。
でも、この学校の生徒だというのに、図書委員の勝が真由子をこれまでに見たことはない。貸出カードもない。しかも、真由子の言う5年5組も、担任も今はいない。

そんな時、勝はお母さんの小学校時代の友達の真由子の話を聞いた。動物が好きで、獣医になりたいと思っていたけれど、交通事故で亡くなってしまった友達。

命って、なんだろう。死ってなんだろうと考えさせてくれる。
そしていつも何気なく過ごしている毎日が未来につながっていると気付かせてくれる物語。
中学年くらい〜

2014/07/16 20:31

投稿元:ブクログ

謎めいていますね、、、

文研出版のPR
「夏休みなのに、けがでサッカーの練習ができない勝は、図書室で本の整理をすることになる。勝は図書室の地下倉庫で五年生の真由子に出会う。真由子が探していた本を貸し出そうとするが、なぜか貸し出しカードが見当らない。ふしぎな少女、真由子はだれなのか? 」
小原麻由美 どうわこうぼう
http://douwa.lovepop.jp/

2014/10/20 22:53

投稿元:ブクログ

図書室って書いてあるけど、校舎とは別の建物だったのに
ちょっとびっくり。

そして。その地下には生徒は殆ど知らないであろう地下倉庫が。 
更にその床下には司書の先生も知らなかった床下の物入れ。
この段階では冒険物かなと思ってワクワクしたんだけど、
怪しい鈴の音と共に急に背後に現れた少女。
こりゃびっくりするわ。 ただでさえ薄暗い地下倉庫なのに。

そんな感じで謎の少女”藤沢真由子”ちゃんと、
足を怪我して大好きなサッカーの練習に参加できず、
ふてくされている主人公、蒼月勝くんの
ちょっと切ない3日間の物語。

この3日で勝くんは様々な体験をし、悲しんだり悩んだり
淡い恋心を覚えたりします。

そして、母親の幼なじみの住職等からもお話を聞いたり、
実際自分が目のあたりにした事等を通して命の尊さを
実感し短いけどとても濃厚な3日間を過ごしました。

読んでて途中涙してしまった。

命は無限じゃなく、突然終りを迎える事もある。
この本を読んで、自分は今を一生懸命生きているとは
言えないよなぁと反省。

相手の気持を考えるって大事。
ちゃんと話を最後まで聞くって事もね。

他人を思いやる気持ちが育むかどうかは、
周りの大人の影響がかなりデカイよなって思う。

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む