サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

冷たい太陽(ミステリー・リーグ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ミステリー・リーグ
  • サイズ:20cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-05080-2
  • 国内送料無料

紙の本

冷たい太陽 (ミステリー・リーグ)

著者 鯨 統一郎 (著)

「娘を誘拐した。返してほしければ…」とんでもない条件に奔走する関係者たち。次々に仕掛けられるハードル。警察も翻弄されるなか、ある人物の一言が事件を急展開させるのだが…。張...

もっと見る

冷たい太陽 (ミステリー・リーグ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「娘を誘拐した。返してほしければ…」とんでもない条件に奔走する関係者たち。次々に仕掛けられるハードル。警察も翻弄されるなか、ある人物の一言が事件を急展開させるのだが…。張り巡らされた伏線と仕掛け、これぞ鯨マジックの真骨頂!あの手でもなく、この手でもない、前代未聞の誘拐ミステリ!【「BOOK」データベースの商品解説】

「娘を誘拐した。返してほしければ…」 とんでもない条件に奔走する関係者たち。次々に仕掛けられるハードル。警察も翻弄されるなか、ある人物の一言が事件を急展開させるが…。伏線と仕掛けが張り巡らされた誘拐ミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

「娘を誘拐した。返してほしければ……」
とんでもない条件に奔走する関係者たち。
次々に仕掛けられるハードル。
警察も翻弄されるなか、ある人物の一言が事件を急展開させるのだが……。
張り巡らされた伏線と仕掛けこそ、鯨マジックの真骨頂!【商品解説】

著者紹介

鯨 統一郎

略歴
〈鯨統一郎〉「邪馬台国はどこですか?」でデビュー。他の著書に「北京原人の日」「九つの殺人メルヘン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/28 02:43

投稿元:ブクログ

うーん、詰め切れてないというか、アンフェアぎりぎりのところを攻めてるにしては驚きがあまりなかった。残念。どんでん返しも意外な真相も思いのままにできる展開だったと思うが。5.5

2014/11/14 18:01

投稿元:ブクログ

登場人物が多くて少し閉口したが、高村美羽の誘拐事件の話だ.冒頭から美羽の位置付けに変なものを感じたが、最後の謎解きでそれが事実だと分かって、自分の感が冴えていることを喜んだ.通常の誘拐捜査ではない、横道の動きが功を奏することになったが、大いなる勘違いの物語だ.

2014/10/09 22:04

投稿元:ブクログ

初めて読む作家。

読み始めるとすぐに読み終わってしまった。

ミスリードを誘う伏線の数々には全く気付かず。
ほう、なるほど、という終わり方。
少し無理のある父子関係のような気もするが、
お金持ちってそんなものなのかしらね。

2015/01/19 13:10

投稿元:ブクログ

岡嶋二人『99%の誘拐』が80年代にいち早くコンピュータを用いたのと反対に、こちらは今の時代にあえてハイテク機器を使わないで誘拐劇を描いたことに意味を持たせてある。繊細かつ大胆。

2014/10/01 22:09

投稿元:ブクログ

お見事な仕掛けではある。
読みやすくて楽しめたし。
若干、無理めな感じはなきにしもあらずだけど(笑)

2014/06/29 13:05

投稿元:ブクログ

鯨統一郎作品初読み。
行間が広いのもありさらさらっと1時間半で読了。
騙されたというよりは、そうでしたかと拍子抜けに近い(笑)
表紙のイラストからしてミスリード誘ってるし、冒頭からもミスリードさせてやろうと書いたんだろうな(笑)
ミスリード誘う展開というよりは重要なことは一切書いてないから勝手に勘違いしてね(・∀・)ニヤニヤという作者の意図があるのではないだろうか^_^;

2015/01/07 12:13

投稿元:ブクログ

『誘拐』は手垢の付いたネタなので自然とハードルが上がってしまいますが、予想の遥か斜め上をいくオチで衝撃を受けました。
しかし、この非現実的なオチを成立させる為にストーリーが組み立てられているので、どうしても不当に思える箇所や曖昧な表現をしている箇所が散見されます。騙し方も少々あざとく、巧妙だとは思いませんでした。

2014/08/30 14:29

投稿元:ブクログ

鯨統一郎さん初読了。誘拐犯からの奇妙な指示、それ以外はオーソドックスな誘拐ミステリかと思いきや、用意周到に張られた伏線とミスディレクションにひっくり返されました。これは想定外でした。探偵役を第三者に移すことで、誘拐ミステリで「犯人当て」を成立させてるのが面白かったです。

2014/08/06 15:39

投稿元:ブクログ

2014.8.6お気に入り作家さんの鯨さんの作品。行間が広くて読みやすかったが、内容も薄かったかなと思った。真相、確かにそうなんだろうけど
ちょっとなあっていう感じです。

2015/02/06 13:15

投稿元:ブクログ

なんかけっこうヒドイ話だった。
「葉桜の季節に…」みたいなトリックはうまいけれど、
それ以外が雑な感じで・・。