サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

炎の帝(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/408p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205948-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

炎の帝 (中公文庫)

著者 萩 耿介 (著)

正気を失った父の血に怯え、内裏の陰謀から逃れるように出家した第六十五代帝・花山。山奥に篭もって苦行を重ねた彼は、遂には自らの身に火を放つことを決意する―。魂の救済を求める...

もっと見る

炎の帝 (中公文庫)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

炎の帝

648(税込)

炎の帝

ポイント :6pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

正気を失った父の血に怯え、内裏の陰謀から逃れるように出家した第六十五代帝・花山。山奥に篭もって苦行を重ねた彼は、遂には自らの身に火を放つことを決意する―。魂の救済を求めるあまり、常軌を逸した振る舞いに出た異形の帝の、激動の生を描いた長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

正気を失った父の血に怯え、内裏の陰謀から逃れるように出家した第六十五代帝・花山。山奥に籠もって苦行を重ねた彼は、ついには自らの身に火を放つことを決意する…。魂の救済を求めた異形の帝の、激動の生を描いた長篇。〔「炎帝花山」(日本経済新聞出版社 2009年刊)の改題,改稿〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

平安・藤原全盛の時代をさまよう帝の姿を描く

2014/09/08 22:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

平安時代といえば、藤原氏がおもうがままに政を操った時代である。形の上では帝の親政ということになっているが、実際は大納言、中納言、参議などの朝議に任せられていたのであろう。

 主人公はときの花山天皇である。花山天皇の父親はかの冷泉天皇である。萩耿介はあまり知られていない花山天皇に何を見出したのであろうか。登場人物は藤原兼家、その息子たち、すなわち道隆、道長など後の関白となる藤原氏の同族の貴族である。

 こういう登場人物を背景にして、花山帝の生涯を描く小説も珍しい。第一、花山帝など聞いたことがないという人が大半であろうから。実際は、花山帝を支える貴族が、藤原氏の栄華の最盛期である藤原道長を登場させるためであったかもしれない。その父親の兼家もよく登場してくる。

 しかし、本書を読んでいるとまさに花山帝の生涯を描いているのである。父親の冷泉帝もよく登場する。花山帝は若くして冷泉帝のあとを継ぎ、即位したのである。冷泉帝の狂気に満ちた御代に貴族たちが愛想を尽かせたのであろうか。

 花山帝の人生には、影響を与えた数人の人物がいた。僧侶、貴族、付き人、女御など様々であるが、これらの人々の影響を受けて花山帝は自ら死を選んでしまう。また、僧侶の陰謀によって退位する破目にもなる。法皇になってからの花山帝の言動にも依然として目が離せない。

 萩耿介はこういう波乱万丈の人生を描き、同時に人の死について読者に考えさせたかったのかもしれない。政に執着する帝も面白いかもしれないが、貴族の思惑に流されていく帝、さらに僧侶によって宗教にのめり込んでいく帝の姿も興味深い。

 本書は小説なので、これが史実か否かは分からないが、藤原氏全盛の時代の帝の姿がこうであったというのも、なかなか読み応えがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する