サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 100年前からの警告 福島原発事故と朝河貫一

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

100年前からの警告 福島原発事故と朝河貫一
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/21
  • 出版社: 花伝社
  • サイズ:20cm/184p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7634-0701-6
  • 国内送料無料

紙の本

100年前からの警告 福島原発事故と朝河貫一

著者 武田 徹 (著),梅田 秀男 (著),佐藤 博幸 (著)

日露戦争に勝利した後の日本国家のありように警鐘を鳴らす書「日本の禍機」を著した福島の偉人・朝河貫一。「変われなかった」日本が進む道を正確に予測し、日米開戦阻止に奔走した世...

もっと見る

100年前からの警告 福島原発事故と朝河貫一

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日露戦争に勝利した後の日本国家のありように警鐘を鳴らす書「日本の禍機」を著した福島の偉人・朝河貫一。「変われなかった」日本が進む道を正確に予測し、日米開戦阻止に奔走した世界的歴史学者の生き方と哲学を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/23 13:10

投稿元:ブクログ

安倍君がしようとしているコトは、「一時の国利」どころか「一時の自利」であり、「一〇〇年の国害」どころか「日本国が始まって以来の国害」ですね。。。

花伝社のPR
「 国会事故調査委員会委員長・黒川清氏推薦!
「朝河貫一の警鐘を受けとめていれば、福島原発事故は起こらなかった」

「一時の国利と一〇〇年の国害」
福島が生んだ知られざる巨人・朝河貫一が問いかけるもの

有史以来、最大かつ最悪の原発事故を起こしてしまった日本人、その国民性への辛辣な指摘をどう受け止めるか?
日米開戦阻止に奔走した世界的歴史学者の生き方と哲学を追ったポスト3・11時代の必読書!

2012年に発表された東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)の報告書には、次の一文が記されています。

「100年ほど前に、ある警告が福島が生んだ偉人、朝河貫一によってなされていた。
朝河は、日露戦争に勝利した後の日本国家のありように警鐘を鳴らす書『日本の禍機』を著し、日露戦争以後に「変われなかった」日本が進んで行くであろう道を、正確に予測していた。」(「はじめに」より)

福島出身の歴史学者・朝河貫一は、封建制研究の世界的権威で、日本人として初めてイェール大学の教授になった明治~昭和にかけて活躍した人物です。
ルーズベルト大統領の天皇宛親電の草稿を書くなど、日米開戦の回避に奔走した人物で、3・11への警句ともとれる卓越した歴史観と世界観は、今改めて注目されています。
事故後3年、報告書から2年経つ今も、抜本的解決はなされていません。
10年来朝河貫一の研究を進め、自身も原発事故被災者である著者陣が、朝河の著作について初出の資料も含め詳しく解説します。
生い立ちなども含め朝河を知らない人にも分かりやすい内容で、知られざる巨人・朝河貫一の入門書としても最適な一冊です。」

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む