サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

時空眼

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/17
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-92948-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

時空眼

著者 弐藤 水流 (著)

一九六五年。IT技術のみ異様に発達した異空間の日本では、犯罪抑止と新産業確立による雇用拡大のため、全国民にアメリカ開発の極小GPS「時空眼」を体内に埋入する義務がある。実...

もっと見る

時空眼

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

時空眼

1,296(税込)

時空眼

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一九六五年。IT技術のみ異様に発達した異空間の日本では、犯罪抑止と新産業確立による雇用拡大のため、全国民にアメリカ開発の極小GPS「時空眼」を体内に埋入する義務がある。実は時空眼には、アメリカの陰謀で埋入者を瞬殺する機能が隠されていた。それに気付いたソ連は時空眼システムを乗っ取り、政治家二人を同時に暗殺する暴挙に出た。故障した時空眼の交換手続きを行う閑職に飛ばされた刑事平岡八兵衛は、政治家同時死亡に疑問を持ち、複雑な過去を背負う女性国会議員犬飼アリサと共に調査を開始する。謀略か、復讐か?欲望か、正義か?日本の闇がうごめく悪夢のエンタテインメント!【「BOOK」データベースの商品解説】

1965年。IT技術の発達した異空間の日本では、全国民にアメリカ開発の極小GPS「時空眼」を体内に埋入する義務がある。時空眼には埋入者を瞬殺する機能が隠されていた…。日本の闇がうごめく悪夢のエンタテインメント。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

弐藤 水流

略歴
〈弐藤水流〉1966年福岡県生まれ。映画館勤務などさまざまな職を経て、「リビドヲ」でデビュー。他の著書に「ビターバレーの鴉」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/22 19:48

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

一九六五年。IT技術のみ異様に発達した異空間の日本では、犯罪抑止と新産業確立による雇用拡大のため、全国民にアメリカ開発の極小GPS「時空眼」を体内に埋入する義務がある。実は時空眼には、アメリカの陰謀で埋入者を瞬殺する機能が隠されていた。それに気付いたソ連は時空眼システムを乗っ取り、政治家二人を同時に暗殺する暴挙に出た。故障した時空眼の交換手続きを行う閑職に飛ばされた刑事平岡八兵衛は、政治家同時死亡に疑問を持ち、複雑な過去を背負う女性国会議員犬飼アリサと共に調査を開始する。謀略か、復讐か?欲望か、正義か?日本の闇がうごめく悪夢のエンタテインメント!