サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. COLD HEART in TOKYO

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

COLD HEART in TOKYO(B-BOY NOVELS(ビーボーイノベルズ))

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

COLD HEART in TOKYO (B-BOY NOVELS)

著者 木原 音瀬 (著),麻生 ミツ晃 (イラスト)

楠田は兄とともに起ち上げたアクセサリーブランドのモデルにかつては天才と言われたものの今は落ちぶれた俳優・秋沢海斗を選ぶ。しかしくせの強い彼は撮影日に大暴れ。カメラマンと殴...

もっと見る

COLD HEART in TOKYO (B-BOY NOVELS)

972(税込)

COLD HEART in TOKYO【イラスト入り】

972 (税込)

COLD HEART in TOKYO【イラスト入り】

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「COLD HEART in TOKYO」が含まれるセット商品

商品説明

楠田は兄とともに起ち上げたアクセサリーブランドのモデルにかつては天才と言われたものの今は落ちぶれた俳優・秋沢海斗を選ぶ。しかしくせの強い彼は撮影日に大暴れ。カメラマンと殴り合いをしてしまう!それでも彼と辛抱強く付き合ううちに秋沢から懐かれた楠田は、好きだと誤解させてなんとか彼を操ろうとする。だが恋人と思い込んだ秋沢の人一倍深い執着心に次第に絡め取られていき…。COLDシリーズスピンオフ、楠田編。【「BOOK」データベースの商品解説】

兄とブランドをたちあげた楠田は、モデルを探すうちに俳優の秋沢海斗に出会う。秋沢は天才子役で人気だったが今は落ちぶれていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

凄かった

2016/02/20 22:41

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

全巻読みました。

心拍数が半端なく上がる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

Coldシリーズ楠田編

2016/05/08 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

Cold Sleepでの楠田は、好青年で、いわゆる普通の良い子って感じのイメージだったので、彼が主役ってのが、最初はピンときませんでした。
でも、普通の子だからこそ、兄、透、秋沢の才能をうらやむ気持ちも、すごく理解出来ました。
そして、秋沢に対しての、ギャグ満載の突っ込みも、私も含め、読者のほとんどが、楠田と同じく、普通の人だからこそ、共感できる部分が多かったと思います。
最初は、秋沢の押せ押せな態度に抗えなかった楠田が、流されていくような展開ですが、結局は、楠田も最初に秋沢の本気の演技を見て、一目ぼれしてしまっていたのでしょうね。
ラストでは、すっかりハマってしまってますし。
秋沢の方は、どうしようもないグズですが、それに余りある可愛らしさがあって(次巻では悪魔と化しますが)、それがこのストーリーを引き立てています。
母に捨てられたトラウマから楠田に、「楠田さんは俺のこと、絶対に絶対に裏切らない?」と聞くところが、とても健気です。
このセリフを覚えておいてから、次巻を読むと、余計に深く心に沁みますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんとも微妙な

2014/08/16 17:11

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原先生の書く話は、カップルが最悪な状況で出会う⇒そこからいかに「LOVE]に持っていくかという話ばかりです。
 前段と後段の落差が大きければ大きいほど、ドラマチックでカタルシスが大きくなり、それが熱狂的なファンを生む要因だと思いますが、出版された本の数もそれなりになりましたので、このところ、少々、ネタ切れ感がありました。
 キャラクターの設定はどんどん極端になり(女装癖とか、初老のウケとか)、話の流でドラマを作るというより、極端な設定で強引にカタルシスを持たせようとしているように感じられ、ちょっとノレませんでした。
 今回は、子役上がりの売れない役者と小規模アクセサリーメーカーの副社長という設定で、しかも、役者は「転載だが役にのめりこみすぎて、日常生活に支障をきたすレベルであり、生活力がない」という、どことなく北島マヤを連想させるような男。
 副社長は常識人という設定で、最初、常識人である副社長は役者を毛嫌いします。

 この設定は好みはあるとは思いますが、あまりにも現実離れしていて私はノレませんでした。設定が設定なだけに、ラブに到達するまで時間がかかるかかる(これは木原作品にはありがちですけどね)。話が面白ければ、そのものずばりなシーンはなくてもよいと考えますが、かなり強引にラブシーンが入ってきます。
 で、なしくずしに受け入れるウケ。
 編集部の方針なのかもしれませんが「無理やり入れました」感がアリアリで・・・・・・・。

 「それでいいのか?」と思いましたけど、好きな人は好きなんでしょう。
 「to be continued」とありましたけど、続きは購入しないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

coldシリーズのスピンオフ!

2016/09/30 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

年下俳優の執着攻め×年上の副社長受けのお話。
攻めが演技は天才的だけど、それ以外は全く常識はずれです。
思い込みも激しいから、受けもナイフをつきつけられて脅されたりと、ハッキリ怖いのだけど、受けが上手にコントロールしているところにちょっと笑ってしまいますw
変な方に走ってしまうと危ない攻めだけど、基本純粋で可愛いところもあるから、受けも内心困ったことになったと思いながらも受け入れています。
木原先生だからこのままでは終らないのかもですね!
続刊読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/05 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/22 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/01 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/20 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 04:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/22 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/18 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/23 06:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る