サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/22
  • 出版社:
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904209-45-5
  • 国内送料無料

紙の本

テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書

著者 長谷川 豊 (著)

12年連続視聴率トップの朝の情報番組でプレゼンターを務めた著者が、日本人の「思考停止」状態に警鐘をならし、テレビの裏側を教え、メディアとの向き合い方を分かりやすく伝授する...

もっと見る

テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

12年連続視聴率トップの朝の情報番組でプレゼンターを務めた著者が、日本人の「思考停止」状態に警鐘をならし、テレビの裏側を教え、メディアとの向き合い方を分かりやすく伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 豊

略歴
〈長谷川豊〉立命館大学卒業。フジテレビを退社後、フリーアナウンサーに転向。講演、執筆など多方面に活躍。著書に「魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/31 20:17

投稿元:ブクログ

-2014/07/31
著者が局アナ時代に不本意な多くの事実に遭遇したことがわかる。 憤りを感じていることもよく伝わってくる。
しかし、例示されていることに対して掘り起こしが不十分である。「日本の学習は暗記中心だが、アメリカではディベートを通して想像力などを養っている」と言うが、日本でもディベートの授業は行っている。「日本は信号順守だがアメリカは自己責任で信号無視である。それでいて、事故件数はアメリカの方が少ない」という。警察に報告されない件数が多いんじゃねいの

2014/11/09 15:23

投稿元:ブクログ

あくまで、やらせはある程度は仕方がないという感じに思っている節があるメディアリテラシーの本。
ニコ生のやらせがない番組の話を書いてあったけど、これは企画した人が悪いんじゃないかと。
姉歯物件騒動はひどかったんだなとこの本を読んで知った。姉歯物件は東日本大震災でヒビ一つ入ってないのだとか。でも、あの騒動があって改修したとかじゃないのか? てっきり、あの騒動でなくなってるのかと思ったけど。
新型インフルエンザの毒性は強くないと知っておきながら、それを報道しなかったのはひどいと思うけど、こういうのは日本だけじゃないような気もする。福島原発の影響についての報道は、日本より海外のほうが煽ってる感じだったようだし(実際にはそこまでひどくなかった)。
なお、読売グループやフジサンケイグループは双方会長の縁もあって自民党の批判はできないとのこと。あれ? そうだっけ? 確かに、産経新聞は自民党寄りなイメージはあるけど。逆に朝日や毎日は政権批判をしやすいメディアなのだとか。それを考えると、日本の新聞の発行部数は朝日と毎日を足した数がだいたい、読売と産経を足した数と同じぐらいなのである程度バランスとれてるのかもしれない(そういう問題じゃないかもしれないが)。
ところで、『あいのり』って予算がかかりすぎるから終了したのだと初めて知った。てっきりあるある大辞典やほこ×たてみたいに、ヤラセが発覚して終了したのかと。
それと、『空気を読む』という言葉を英語に翻訳できないという話。アメリカにはそのような文化がないからとのことだけど、それって本当にそうなのかな。アメリカで行われた傍観者効果のラタネとダーリーの実験とかある意味、空気を読むに似た感じだと思うのだけど。マンハッタンで信号無視してるのはみんなしてるからであって、みんながしない環境になればしないと思うんだけどなぁ。
何気にこの本を読んで一番ショックだったのは、あのネズミの国の遊園地の会社が、情報番組の忘年会に超大量の無料チケットをプレゼントしてるという話かもしれない。まあ、この本も少しだけ疑って一歩引いて見たら、本当かな? と思うようなところだけど。
ところで、この本を読んでテレビ局はやっぱりB to Bの会社なんだろうなと思った。昔から就職希望ランキングでテレビ局が上位にあるという記事にたいして、『B to Cばかり』と書かれていて、少し違和感があるのだけど。

2014/10/29 10:49

投稿元:ブクログ

○元フジテレビアナウンサーの長谷川氏の作品。
○テレビ番組(主に、情報番組、バラエティ)の裏側について解説しつつ、どのようにテレビを考えていけばよいのかを、具体的に解説した作品。
○いわゆる”やらせ”について、著者自身が関わった具体的な内容は、どれもリアルで、番組作りの本質を知った気がする。
○単なるメディア批判ではなく、メディアの本質を明らかにし、それを知ることで視聴者が賢くならなくてはならないという点は、極めて好意的。
○なお、一部で、盲目的にアメリカ礼賛という感じがあるのは、ややマイナス。