サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

無双の花(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790136-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

無双の花 (文春文庫)

著者 葉室 麟 (著)

島津勢の猛攻に耐え、駆けつけた秀吉に「その剛勇鎮西一」と誉め称えられた立花宗茂は、九州探題大友家の元家臣であったが、秀吉によって筑後柳川十三万石の大名に取り立てられた。関...

もっと見る

無双の花 (文春文庫)

551(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

無双の花

550(税込)

無双の花

ポイント :5pt / 紙の本より1おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島津勢の猛攻に耐え、駆けつけた秀吉に「その剛勇鎮西一」と誉め称えられた立花宗茂は、九州探題大友家の元家臣であったが、秀吉によって筑後柳川十三万石の大名に取り立てられた。関ケ原の戦いで西軍に加担した宗茂は浪人となったが、十数年後領地に戻れた唯一人の武将となった。その半生を描く話題作。【「BOOK」データベースの商品解説】

その忠義、剛勇、鎮西一の武将なり! 秀吉の九州攻めで勇名を馳せ、関ケ原で西軍に属して改易となり、のち旧領に戻れた唯ひとりの武将、筑後柳川の立花宗茂の生涯を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

その忠義、剛勇、鎮西一の武将なり!

筑後柳川の立花宗茂は、秀吉の九州攻めで、勇名を馳せ、関が原で西軍に属して改易となり、のち旧領に戻れたただ一人の武将である。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

無双の花とは良く名づけたものだ。

2014/09/07 11:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふとっちょパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟さんが描く、男も女のどちらも凛々しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あっさりして物足りない

2015/09/16 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟さんの作品はいくつか読んだが、私にはどうも物足りない。
どの作品も人間関係が淡泊なので、作品ごとの区別がつかない。

立花宗茂の場合、家来との結びつきがポイントになるのに、
その点をあっさり書いて、真田信繁を登場させても・・・?

立花宗茂については、多くの作家が書いているが、志木沢郁の
作品(学研M文庫)が、内容的に一番だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/14 11:03

投稿元:ブクログ

全1巻。
立花宗茂の半生。

あまり知られていない地方の事件や、
時代物のイメージが強かった著者が、
戦国小説を書かれたのが意外。
でも、選んだのが立花宗茂ってのは
なんだか”らしい”と思った。

正直特に目新しくもなく、
立花宗茂同様、律儀な物語って印象。
地味っちゃあ地味。

朝鮮での活躍など、
武将として活躍した合戦シーンは少なめ。
でも、その分全体像がわかりやすく、
立花宗茂を知りたいって人にはよいかも。

ラストシーンはキレイだし、
伊達政宗とのやり取りは結構好き。

2015/08/05 23:40

投稿元:ブクログ

葉室麟の初読は、義将立花宗茂の生涯。 戦乱の終わりから、泰平の世への時代の過渡期に、義を通し所領没収から旧領へ復帰出来たのは、処世術ならぬ、徹底したリアリズム『立花の義を立てる。』その生き様と対照的に描かれる『徳川家の義』。 天下泰平への大義の為には、謀をも厭わないと説いた家康、本多正信の信念もまた潔く感じられる。 “莞爾と笑う。” ニヒルな雰囲気を随所に匂わす宗茂。もてたんだろうなぁw 人物の魅力的な描写が葉室氏の魅力のひとつなんでしょうね。

2014/10/31 00:52

投稿元:ブクログ

立花宗茂の半生期を描いた作品だ。
戦国時代後半に活躍した大友家の家臣から豊臣秀吉によって吸収柳川に大名として取り立てられた豊臣大名の一員だ。

基本は「義」だ。どう自分の生きざまを貫くのかが正室の誾千代との掛け合いでつわたるようになっている。

何か一つを信じて貫く生き様が清々しい。

それにしても史実とは随分と違う構成になっている。
誾千代との仲や浪人中のエピソードなど人間、宗茂が成長する要因として描かれている。いい印象になるようになっているね。

2014/08/09 21:14

投稿元:ブクログ

1600年~1642年の間の立花宗茂の生き様を見る。女に愛され、男に慕われる。なんてカッコいいんだろう! チョッピリ完璧すぎる気もするけれど、女心には疎いのかな?

2014/08/28 13:34

投稿元:ブクログ

戦国武将の立花宗茂の半生を描いた歴史小説。
葉室麟の本は初めて。
歴史的事実の解説や脱線は極力排除し、宗茂と有名武将たちとのやり取りを中心にしている。

2014/12/14 00:02

投稿元:ブクログ

関ヶ原の合戦以後の立花宗成を描いた作品。

誾千代とのやりとりが、今まで読んだ作品と違っていて面白かった。

特に「立花の義」はよかった。
対する「真田の義」「徳川の義」もよかった。

2014/12/26 00:02

投稿元:ブクログ

立花宗茂が素晴らしい人物であることは疑いようもない。
が、あえて他のことについて書きたい。
周囲の人物の、あの魅力はいったい何なのだろう。
宗茂と接し、心を通わせた人物は、世間ずれし捩れる前の、素直な芯を見せるようになるのだろうか。
真田信繁といい、伊達政宗といい、徳川家康といい、宗茂に負の部分を洗われていくようだった。
小説ではあるが、実際も、こうであってくれたなら、救われるのに。

2014/07/26 16:42

投稿元:ブクログ

立花家の義。真田家の義、徳川家の義……はて、私の義は何だろう……

何人かの作家が立花宗茂を描いてるけど、これは良い!

2014/08/11 18:43

投稿元:ブクログ

あーーーー葉室さんの歴史小説本当にすてき。
間違いない、というか絶対裏切らない。この主人公の立花宗茂のように。(笑)

誾千代のかっこよさたるや言い尽くせない。そして宗茂の男気あふれる、でもスマートな生き方にどんどん引き込まれる。そして辛苦を共にしながら決して主君から離れようとしない、家来達の忠義っぷりに涙涙。

九州の武将ということでなくても、そもそも日本史知識不足の私ですが毎回知らなくてもぐいぐい読まされてしまってます。文章の丁寧さ、一貫した何か太い観念で貫かれた日本人的スピリットが今回もひしひし感じられて、またまたほぼ一気読みしてしまいました。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【その忠義、剛勇、鎮西一の武将なり!】筑後柳川の立花宗茂は、秀吉の九州攻めで、勇名を馳せ、関が原で西軍に属して改易となり、のち旧領に戻れたただ一人の武将である。

2016/10/02 06:02

投稿元:ブクログ

立花宗茂の人生を描く
名前だけ知っている人物でどんなひとなのか全然知らない状態でこの葉室麟さんが優しい表現で書いているので好きな武将の1人となった。



2016.10.02読了

2014/07/15 00:00

投稿元:ブクログ

関ヶ原の戦いの後、九州・柳川藩の藩主、立花宗茂を主人公にした物語。
作中にしばしば「立花の義」と言う言葉が出てきます。ところが宗茂の行動からは余り強く「義」というイメージが涌きません。行動で示せないところを言葉で補おうとしている様に見えます。
大きな流れでいえば、秀吉に取り立てられた宗茂は関ヶ原までは西軍に付くのですが、最終的には大坂の陣で東軍武将として働くのですから。それならば、東軍についても最後まで豊臣を存続させようとして加藤清正の方が、もっと「義」のように見えます。
もっと小さなエピソードを積み重ねる様に「義」を描いて欲しかったなあ。そうすれば説得力が出たと思えるのですが。
それよりも優れた武将としての宗茂を描くのが良かったか、いっそ奥さんの?千代を主人公にした方が良かったかもしれません。