サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 覇剣の皇姫アルティーナ 6

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

覇剣の皇姫アルティーナ 6(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/27
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-729730-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

覇剣の皇姫アルティーナ 6 (ファミ通文庫)

著者 むらさき ゆきや (著)

ベルガリア帝国第七軍はハイブリタニア軍の新兵器の前に為す術なく敗北。救援に駆けつけた軍師レジスの采配によって全滅は免れるも、依然として帝国は窮地にあった。海路からの補給を...

もっと見る

覇剣の皇姫アルティーナ 6 (ファミ通文庫)

605(税込)

覇剣の皇姫アルティーナ6

544 (税込)

覇剣の皇姫アルティーナ6

ポイント :5pt / 紙の本より61おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「覇剣の皇姫アルティーナ 6」が含まれるセット商品

商品説明

ベルガリア帝国第七軍はハイブリタニア軍の新兵器の前に為す術なく敗北。救援に駆けつけた軍師レジスの采配によって全滅は免れるも、依然として帝国は窮地にあった。海路からの補給を断つ他に、侵攻を食い止める方法はないが、帝国海軍もまた新式の蒸気船に苦戦を強いられていた。アルティーナ達は海の奪還を決意し、港町を目指す。帆船しか持たない帝国海軍に逆転の手はあるのか!?覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第六弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

ベルガリア帝国第七軍はハイブリタニア軍の新兵器の前に為す術なく敗北。軍事レジスの采配によって全滅は免れるも、依然として帝国は窮地にあった。アルティーナ達は海の奪還を決意し、港を目指す。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/25 20:29

投稿元:ブクログ

敵の補給線を断つための海戦が開戦.
此方は帆船なのに対し
敵国は最新鋭の蒸気と帆のハイブリッド船.
そして初の海戦.
今回もレジスの読んだことのある作戦が炸裂.

そろそろ彼の
自分の評価が最低編という姉からの呪いが
邪魔くさくなってきましたね.
行き過ぎな謙遜は嫌味に勝る気がするんだぜ.

2015/03/18 22:20

投稿元:ブクログ

辺境に追いやられた皇姫アルティーナと読書狂の青年レジスの覇道戦記ファンタジーの第6弾。
今回はハイブリタニアとの海戦のお話。

アルティーナというタイトルなのに姫様の活躍、というか出番が減ってきているような(笑)
それはとりあえず置いておいて、相変わらずどういった展開で不利を跳ね返すのかがいつも楽しみですね!
今回も予想外の展開でしたね。

最後の海兵から「どんな本を読んだらいいか」に対するレジスの答えが印象的でした!

2014/07/27 19:07

投稿元:ブクログ

良質で読みやすい戦記ライトノベル。
むらさきゆきやは好きだし、このシリーズもなかなか楽しめる。
ただ、どうしても主人公レジスの似非ヤン・ウェンリーっぷりが鼻につく。
色々許容できても、ひとつだけどうしても納得できないのがやっぱり「ただ知っているだけ。本で読んだから」って理屈。
前にも感想で書いたかもしれないけど、歴史に学んだヤンと、創作物語に学んだレジスでは竜と蛇、いやミミズほども違う。
いくらフィクションとは言え、歴史を下敷きに軍略を考えるヤンと、創作物語を下敷きに軍略を考えるレジスとでは大きく異なる。
もちろん、異なっていい。いいんだが、所詮創作物語どおりのことしかしていないレジスが常勝無敗をうたうのは無理がある。
レジスが下敷きにする物語ってのは娯楽性のあるものなので、現実に即さない。
こんなものを当てにして軍略を考えるなんて荒唐無稽。
ハリウッドなら最後は奇跡が起こって万事解決ってなもんだ。
99%世界が滅ぶって場面でも1%の奇跡が起こって救われるのが物語の世界。
リアリティよりも娯楽性、読んで面白い、楽しいことが前提とされるのが物語の世界ってヤツで。
そんなものを下敷きにしているレジスどこまで行っても道化者だし、このままのスタンスで物語を続けていくのは難しいと思う。
思うんだが、これはそういう物語。
結局、最初の最初の設定で間違ってるとしか言いようがないし、さらに言うなら俺が読むのが間違っているんだろう。
そこまでわかった上で、そのあたりに目をつぶれば十分楽しめる。
ただ、わかっていても鼻につく、臭い、惜しい。(笑)
まあ、続きにもまだ期待している。
けど、むらさきゆきやにはもっと萌え系のほかのシリーズをがんばって欲しいかなー。
銀弾の銃剣姫の第二部とか。
アルティーナも戦記モノとして十分なクオリティがあるんだけど、どうしても先述したレジスの設定の「失敗」が残念でならない。
どうせヤンに似せるなら普通に「書物と歴史から学んだ」ってしておけばよかったのに。
「物語で知ってるだけ」とか、ピエロ過ぎる。

それはそれとして。
この6巻でも、5巻でもレジスがこんな台詞を言っている。
「世の中につまらない本なんかない。つまらないと思えばどんな本でもつまらないし、面白いと思えばどんな本でも面白いものだ」みたいな感じの台詞。
同感だが、ラノベ作家がこの台詞を履いていると思うと、ちょっとあれだね。言い訳っぽく聞こえるね。
いや、言ってることは正しいんだけどさ、あんまり作家の口から聞きたい台詞じゃないっつーか。

2014/07/06 17:56

投稿元:ブクログ

戦術の鮮やかさや戦況の描き方は見事の一言に尽きる。展開のテンポもいいので常にワクワクしながら読めるのもいい。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む