サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方
グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方 グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/23
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:19cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-31926-7
  • 国内送料無料

紙の本

グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方

著者 天野 雅晴 (著)

アメリカで起業、20年以上事業を続ける著者が、「就活」「残業」「接待」「組織の壁」「人間関係」からくるストレスのない“新しい働き方”を提案。シリコンバレーで活躍する日本人...

もっと見る

グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する世界でいちばん自由な働き方

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカで起業、20年以上事業を続ける著者が、「就活」「残業」「接待」「組織の壁」「人間関係」からくるストレスのない“新しい働き方”を提案。シリコンバレーで活躍する日本人の具体的な事例を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

天野 雅晴

略歴
〈天野雅晴〉1956年東京都生まれ。株式会社グローバルビジョンテクノロジー代表取締役会長。Global Vision Ventures,Inc.Chairman。九州大学非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

興味から購入

2016/03/12 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Johan - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の知らなかった世界、遠いと思っていた世界なので、面白くて一気に読みました。これを読んだから転職しよう!となるわけではありませんが、読んだことで平凡であると思っていた生活に対する心の向き方が少し変わったような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/16 21:05

投稿元:ブクログ

【No.191】「本をいくら読んでも、実際に行動を起こさないと意味が無い。実際に行動を起こしてみると、まったく想像もしなかったことを体験するし、はじめて本に書かれていたことの意味が理解できることもある」「”特別な資質”よりも”行動”すること」「急に何かが起こって仕事を失うことになっても、前もっていろいろなことを考えて準備しておかなければ、柔軟に対応することは難しい。人は急には変われない。だからなるべく多くの選択肢を持てるように、常日頃から考えておくことがとても重要」

2014/07/06 23:13

投稿元:ブクログ

正解なんてなくてよい。
あとはなんとかなる。
自分が予期していないことが起きるとき、人生が変わる。
良きしていないことが起こる。
同じような毎日ではなくなる予兆が現れる。
共存は、要するに違う人間が、違いを発揮することでお互いの役に立つということ。
人生は長いもの。

2015/01/14 23:19

投稿元:ブクログ

本書から得た一番大きな学びは「計画された偶発性」という考え方です。

(以下引用)

「個人のキャリアは、予期せぬ(偶発的な)出来事の積み重ねで成り立っている」。そして「その予期せぬ出来事をポジティブに捉え、活用することが、最良のキャリア形成のために必要なのだ」という考え方です。

(以上、Chapter1より引用)

表題「自由な働き方」を体現している方々の事例を以て、偶発的な出来事を受け入れて挑戦することが、ひとつのキャリア形成の方法だと説明しています。

ここから先は私の感想です。
この考え方は、10年先、20年先が読めなかったり、不安な日々を過ごす現代の日本の若者(私もそう)には、ひとつ心の片隅にだけでも入れておいて損はない考え方だと思います。
もちろん10年先、20年先のキャリアや人生のビジョンについて考えなくていいということではないと思うので、そのあたりバランスの良さも必要になってくるのかなとも感じました。
また、本書は日本とシリコン・バレーでの働き方の違い等も書いてあり単に読み物としても面白いと思います。

2014/07/16 23:54

投稿元:ブクログ

てっきりグーグルやアップルやフェイスブックの職場環境について紹介する本かと思ったら、シリコンバレーでの働き方とそこで働く日本人についての本だった。
シリコンバレー(というよりサンフランシスコ)って半島だったのかと初めて知った。後、シリコンバレーと呼ばれる地域の面積ってかなり広いんだんと。東京都全域と神奈川県をあわせたぐらいらしい。日本では渋谷がビットバレーと呼ばれてたぐらいだから、大きくても東京23区ぐらいだろうと思ってた。後、自然豊からしい。著者の庭には野生のウサギやリスやシカがいることがあるんだとか。なんだかよく分からない場所だなぁ。
この本で初めて知ったのだけど、最近日本の大学では「四期制」つまり、4学期制の導入が進みつつあるらしい。いったいどういう割り当て方してるんだろう。夏休みとか普通の2学期制とくらべて少ないのかな?
それと、ビザの種類や取得方法についてやけに詳しく書かれてあった。なんだかいろいろややこしいんだなぁ、と感じた。

2014/06/22 07:43

投稿元:ブクログ

シリコンバレー事情を語った本。

正直中身が薄すぎない?という感想しかない、
ほんの一部のワーカーのために書かれたような感じ。

2014/07/18 07:48

投稿元:ブクログ

1つの選択肢として、シリコンバレーで働くことをススメている本。
具体的に、どうやったらシリコンバレーで働けるのかを解説しているので(就労ビザのタイプと取り方とか)、視点としては面白かった。他の、シリコンバレーの魅力については目新しいことはないので、就職方法の箇所だけ読んでも参考になると思う。
まあ、オレは海外で働きたいとは思わないから、自分の参考にはならないけれども。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む