サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. 気分障害は、いま うつと躁を精神病理学から問い直す

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

気分障害は、いま うつと躁を精神病理学から問い直す
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:医療従事者
  • 発売日:2014/06/25
  • 出版社: 誠信書房
  • サイズ:22cm/274p
  • 利用対象:医療従事者
  • ISBN:978-4-414-40086-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

気分障害は、いま うつと躁を精神病理学から問い直す

著者 津田 均 (著)

混乱と錯綜の中にある現代のうつ病臨床。精神病理学の伝統に立ち返ることで、操作的診断では分からない病理の本質が見えてくる−。双極スペクトラムや新型うつ病といった現在の問題も...

もっと見る

気分障害は、いま うつと躁を精神病理学から問い直す

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

混乱と錯綜の中にある現代のうつ病臨床。精神病理学の伝統に立ち返ることで、操作的診断では分からない病理の本質が見えてくる−。双極スペクトラムや新型うつ病といった現在の問題も論じながら、気分障害の本質に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

「内因概念はまったく意義を失っていない」。気分障害の理解と治療をめぐる混乱を前に、精神病理学の伝統に立ち返ることで病理の本質が明らかとなる。診断と治療、症状と経過、パーソナリティと発達史、素質と環境、さらには「新型うつ病と資本主義」「双極スペクトラムと青春」など独自のテーマまで、哲学や社会学にも触れつつ精神病理学者が縦横無尽に駆けめぐる。歴史から現在へ、人間学から治療実践へと、豊富な症例とともに語りつくされる「うつ」と「躁」の全て。精神科医や心療内科医はもちろん当事者や家族もふくめ、うつ病・躁うつ病とかかわる人々に、いまこそ読んでほしい一冊。【商品解説】

著者紹介

津田 均

略歴
名古屋大学学生相談総合センター准教授・同大学大学院医学系研究科精神健康医学准教授

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ジントニー概念をテコに気分障害に挑む

2015/02/04 12:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:眠いひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者によれば、ブロイラーが提出した「ジントニー Syntonie」という概念は、2つの意味を持っていた。ひとつは「同調性」。もうひとつは「その個人の中の緊張が一様である」というもの。「私見では、ジントニーの人は、内面は悲しいが外見はまったくそうではないように見せるというような振る舞いを容易になしえない人である」。これは「存在体制としての過剰同一性」とも呼ばれる。
 この後者の方を、内因性の気分障害患者の「基底」=「生き方の論理」と見なすべきではないか。というところから、話を進めていく。取りあげられるトピックは多岐にわたり、専門家でなくても楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

精神神経科学 ランキング

精神神経科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む