サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 話がこじれたときの会話術 ナラティヴ・メディエーションのふだん使い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

話がこじれたときの会話術 ナラティヴ・メディエーションのふだん使い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 北大路書房
  • サイズ:21cm/110p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7628-2860-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

話がこじれたときの会話術 ナラティヴ・メディエーションのふだん使い

著者 G.モンク (著),J.ウィンズレイド (著),池田 真依子 (訳)

不安や苦痛を引き起こす対立に人々が巻き込まれている状態を、物語を読み解くようにほぐしていく「ナラティヴメディエーション」の実践について記した本。様々な対立解決場面で使える...

もっと見る

話がこじれたときの会話術 ナラティヴ・メディエーションのふだん使い

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不安や苦痛を引き起こす対立に人々が巻き込まれている状態を、物語を読み解くようにほぐしていく「ナラティヴメディエーション」の実践について記した本。様々な対立解決場面で使えるアイデアを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

人間関係における葛藤場面は避けることが難しい。しかし葛藤に対し,対処方略を立てることは十分可能である。そのために役立つ様々なアイデアを述べる。不安や苦痛を引き起こす「対立の物語」をナラティブメディエーションによって解きほぐし,新たな「物語」を紡いでいくための,有用な知見を簡潔かつ実践的にまとめる。【商品解説】

目次

  • 序文
  • 第1章 実践の紹介
  •   論理的立場
  •   対立する当事者と別々に会う
  •   最初のジョイントセッション
  •   メディエーションと構造主義
  •   要点のまとめ
  • 第2章 文化と対立

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ふだん使い」には、いささかハードルが高いかも

2016/06/26 23:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

書名や装丁はポップな感じですが、ナラティブメディエーション
という耳慣れない交渉術に関する、まあまあハードな内容の学術
専門書です。

実用書感覚で手にすると、なかなか読み進めません。

各章の終わりに「要点のまとめ」があるので、頭の中のモヤ
モヤを整理するのには助かります。この「要点のまとめ」を
読んでから、本文を読んでも良いかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/08 11:41

投稿元:ブクログ

あなたは会話をしていて終わりの糸口が見つけられず、話をこじらせてしまったという経験をしたことはありますか。この本はそんな時に活用できる会話術を項目内容ごとに分かりやすく書いてあります。例があったり、要点がまとめてあり、簡潔かつ興味深く書かれている本です。(教育学部・理科専修)

2016/08/31 13:52

投稿元:ブクログ

題名は易しそうなのだが、翻訳のせいなのか読みにくく、内容もわかりにくい。「人生物語」がテーマのようだが、果たしてテクニックで「人生物語」に変化や影響を与える事が可能なのか?という疑問もある。

2015/04/17 15:27

投稿元:ブクログ

 人はときとして、ともに平和を望んでいるのにもかかわらず対立関係に陥ってしまうことがあります。そこには、彼らが思い描いている対立の「物語(ナラティヴ)」があり、その背後にはその物語を構築する文化(広義ですが、先入観などともいえるかと)があります。

 ナラティヴ・メディエーションとは、対立の物語とはべつの物語を構築することによって、相手への理解や共感、敬意を再確認し、対立の原因となっている問題を解決するための足掛かりを用意するための手法です。

 この本では、人びとが構築した単純な物語からべつの可能性をもった物語をつくるための具体的な事例が紹介されています。具体例をつうじて、単純な物語からべつの可能性を引きだすための聞き方や分岐点について考えることができたので、大いに参考になりました。

* メモ *
二重傾聴……人びとの言説の背後にあるものを聴く。そこにすでに解決への糸口、別の物語を構築するための手がかりがある
外在化の会話……問題を外在化し、自身と問題の関係を客観視する。また、人VS人の関係ではなく、人・人―問題、同じ問題に対峙し苦悩している関係だと考える
相反する物語の構築……二重傾聴などによって得られた手がかりから、べつの物語を構築してゆく。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む