サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ピンク映画史 欲望のむきだし

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ピンク映画史 欲望のむきだし
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:19cm/395p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-2029-9
  • 国内送料無料

紙の本

ピンク映画史 欲望のむきだし (えろこれ)

著者 二階堂 卓也 (著)

東映は「ニューポルノ」、日活は「ロマンポルノ」、松竹も子会社を設け、成人映画の製作に乗り出した。ピンク映画はなぜ生まれたのか−。B級映画を徹底的に見続けてきた著者が、一観...

もっと見る

ピンク映画史 欲望のむきだし (えろこれ)

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東映は「ニューポルノ」、日活は「ロマンポルノ」、松竹も子会社を設け、成人映画の製作に乗り出した。ピンク映画はなぜ生まれたのか−。B級映画を徹底的に見続けてきた著者が、一観客の視点からピンク映画の軌跡を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

ピンク映画はなぜ生まれたか。テレビ受像機の普及によって劇場客が激減し、製作費と人件費の高騰も重なって大手5社が映画の減産に踏切ったからだ。1970 年代には欧米のセックス映画が流入し「ポルノ時代」を迎えて、東映はピンク映画を買い取り配給のみか「ニューポルノ」を製作。日活は「ロマンポルノ」をスタート。松竹も製作子会社を設立。ピンク映画は裏街道だが娯楽映画として半世紀以上も存続し、成人映画三本立て興行が連綿と行なわれてきたのは我国だけ。これは映画史において記録されねばなるまい!【商品解説】

目次

  • [第1章]ピンク前史
  • [第2章]五輪ピンクイヤー・1964
  • [第3章]国映対大蔵映画
  • [第4章]その製作と配給と興行
  • [第5章]ピンク映画に挑んだ人たち
  • [第6章]ピンク映画のあの手この手
  • [第7章]拡大する桃色攻勢
  • [第8章]1960 年代グラフィティ
  • [第9章]銀幕を彩った妖花百輪
  • [第10 章]ピンクからポルノへ

著者紹介

二階堂 卓也

略歴
〈二階堂卓也〉1947年生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『週刊少年チャンピオン』等の元編集長。B級と評される映画を見続け、評論活動を展開。著書に「マカロニアクション大全」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む