サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 学校であった怖い話 2 火曜日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

学校であった怖い話 2 火曜日

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/07/24
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-09-259132-5
  • 国内送料無料

紙の本

学校であった怖い話 2 火曜日 (BIG KOROTAN)

著者 飯島 多紀哉 (作),日丸屋 秀和 (イラスト)

あなたも鳴神学園へいらっしゃい。…帰れなくなっても知らないけどね。最恐タッグによる新本格ホラー第2弾!!【「BOOK」データベースの商品解説】不思議でいっぱいの鳴神学園の...

もっと見る

学校であった怖い話 2 火曜日 (BIG KOROTAN)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたも鳴神学園へいらっしゃい。…帰れなくなっても知らないけどね。最恐タッグによる新本格ホラー第2弾!!【「BOOK」データベースの商品解説】

不思議でいっぱいの鳴神学園の6年6組には個性的な子どもたちが集まっている。彼らは、ある日やってきた転校生に怖い話を語り始め…。2は、「化粧道」「魔音」「妖怪ベロリ」などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

学園ホラーの決定版、シリーズ第二弾!

摩訶不思議な伝説や恐ろしい噂で彩られている「鳴神学園」。その小等部の6年6組には、なぜか個性的で不思議な子どもたちが集まっていた。

ある日そのクラスにやってきた転校生に対して、クラスの面々は学校に伝わる怪奇現象や不思議な話、あるいは自分が体験した説明不可能な出来事を語って聞かせるのだった。

小門宇宙は、学校のそばにできた「絶対に百点取れる塾」でひそかに行われていた実験の真実を。

荒井規子は、鳴神学園高等部の勤勉な生徒がはまり込んでしまった「化粧道」という謎の世界を。

藤森美沙は、悪魔崇拝者に伝わる呪いの音「魔音」の伝説を。

宇部壬太は、子どもの元気を吸い取って生きている「妖怪ベロリ」との不思議な交流体験を。

海野菜月は、高名な修験者の祈りが込められているという「奇跡の水」が生んだ修羅場を。

元木香苗は、妖気漂う鳴神学園の中でも特に恐ろしい場所だと言われる「無限廊下」で起きた、様々な怪奇現象を。

そして、少年少女たちの語りは、水曜日へと続いていく……

【編集担当からのおすすめ情報】
名作ゲームソフト『学校であった怖い話』のシナリオを手がけた飯島多紀哉氏による書き下ろし。恐怖の連続、二転三転する衝撃の展開に加え、登場人物の一人一人がリンクし始めていく様は、さながら大河ドラマのような展開です。
さらに『ヘタリア』の日丸屋秀和氏が描く各キャラクターのイラストが、作品世界をよりドラマチックに演出。
ホラーだけでなく、学園ドラマとしても楽しめる、シリーズ第二弾です。【商品解説】

収録作品一覧

絶対に百点取れる塾 15−70
化粧道 71−96
魔音 97−130

著者紹介

飯島 多紀哉

略歴
〈飯島多紀哉〉東京都出身。日本大学藝術学部卒業。ゲームクリエイター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/26 23:37

投稿元:ブクログ

『学校であった怖い話 1995』の語り部である荒井昭二の娘、元木早苗の娘と思われる少女と、日野貞夫の幼少期が登場。

ホラー・怪談・こわい話 ランキング

ホラー・怪談・こわい話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む