サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 奇跡講座 マニュアル編 教師のためのマニュアル、用語の解説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奇跡講座 マニュアル編 教師のためのマニュアル、用語の解説
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/27
  • 出版社: 中央アート出版社
  • サイズ:22cm/185,47,45p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8136-0764-9
  • 国内送料無料

紙の本

奇跡講座 マニュアル編 教師のためのマニュアル、用語の解説

著者 ヘレン・シャックマン (筆記),加藤 三代子 (訳),澤井 美子 (訳)

「奇跡講座」の受講生が抱きやすい疑問への回答を提供する、教師のためのマニュアル。「奇跡講座」で使われる用語についても解説する。補助教材である「精神療法」「祈りの歌」も収録...

もっと見る

奇跡講座 マニュアル編 教師のためのマニュアル、用語の解説

4,536(税込)

ポイント :42pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「奇跡講座」の受講生が抱きやすい疑問への回答を提供する、教師のためのマニュアル。「奇跡講座」で使われる用語についても解説する。補助教材である「精神療法」「祈りの歌」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/20 18:42

投稿元:ブクログ

先に発売された翻訳書であるナチュラルスピリット版の「奇跡のコース」。ですます調。
好きなのであるが、残念なのは公式版ではないというコト。
だもので、勉強会等で使用するのはこちらの公式版である「奇跡講座」となる。

ハードカバー、良質の紙など使わなくて良いから、半額くらいで販売出来ないものか?
もしくは聖書みたいな持ち運びに便利なサイズのモノも5千円くらいで良いから出版して欲しい、だってこの本は一生モノですから。

2016/01/11 17:25

投稿元:ブクログ

1月11日読了。

公認版奇跡のコースのマニュアル編。
いつ買おうかいつ買おうかとグズグズしていたところ、先月に寸志をいただき(ありがとうございます)ようやく購入を決意。1ヶ月待って先週の金曜日ようやく届いた。
書店の方いわく、出版社に在庫がなく増刷をしているとのことで遅くなったそう。
それだけ奇跡のコースの学習者が日本にいることがすごく嬉しい。
マニュアル編には教師のためのマニュアル、用語の解説だけではなくコースの書き取り後書き取られた補助教材「精神療法」、「祈りの歌」も収められている。
マニュアルはテキストみたいに上下2段ではなく読みやすかった。日曜日に読み始めて1日で読んでしまった。
自分が何を望んでいるかをはっきりさせなければ聖霊に明け渡せないなと思った。私ははっきりと癒されたいと願った。
印象に残ったのは、「こうした試みは確かに恐ろしく見えるかもしれないが、単に哀れなものであるにすぎない。」というところ。これは魔術について書かれたものだが、前に読んだアラン・コーエン氏の「今まででいちばんやさしい『奇跡のコース』」にエゴは小さな子供であるという記述があるのだが、それを思い出した。魔術も哀れなものにすぎないと考えると恐怖心は薄れるなと思った。また「魔術的な考えが何らかの形の怒りを喚起するとしたら、神の教師は罪を信じる自分の信念を強めてしまい、自分自身に有罪宣告をしたと思って間違いない。」とイエスは語っている。これは知らず知らずのうちにやってしまうなと思った。魔術的誘惑に対してどのように対処するかのレッスンを受ける必要がある。魔術の誘惑に適切に対処したい。
また「言葉というものは象徴の象徴のに過ぎない~」と言っている。これはピンと来なかった。まだ言葉に重要な意味を握りしめているんだと思う。
何度も読んでテキストとともに自分の体に落とし込んでいきたい。

精神世界 ランキング

精神世界のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む