サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. わたしのハワイの歩きかた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

わたしのハワイの歩きかた(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/27
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42199-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わたしのハワイの歩きかた (幻冬舎文庫)

著者 小山田 桐子 (著)

身勝手な友達のハワイ挙式の二次会を仕切ることになった編集者・みのり。仕事も恋もままならない彼女は、取材にかこつけハワイに行き、全てを忘れ楽園を満喫しようとする。現地に住む...

もっと見る

わたしのハワイの歩きかた (幻冬舎文庫)

540(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

わたしのハワイの歩きかた

513(税込)

わたしのハワイの歩きかた

ポイント :4pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身勝手な友達のハワイ挙式の二次会を仕切ることになった編集者・みのり。仕事も恋もままならない彼女は、取材にかこつけハワイに行き、全てを忘れ楽園を満喫しようとする。現地に住むアカネと出会い意気投合し、飲んで遊んで新たな恋をしたみのりは、ついに自分の人生に向き合おうとするが…。日常を脱出したい全ての人に贈るラブコメディ!【「BOOK」データベースの商品解説】

仕事も恋もままならない編集者・みのりは、取材にかこつけハワイに行き、楽園を満喫しようとする。現地に住むアカネと出会い、飲んで遊んで新たな恋をしたみのりは、自分の人生に向き合おうとするが…。同名映画のノベライズ。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/01/21 19:35

投稿元:ブクログ

ハワイのガイドブックを何冊も出しているが、一回もハワイに行ったことのない26歳の女性編集者小山田みのりは、知人の愛子がハワイで行う結婚式の二次会のセッティングを頼まれる。みのりは「取材」と称して勤務する出版社の経費で遊んでやろうと計画し、社長の弱みを握って強引に取材旅行に出かける。みのりが愛子を通じて出会ったハワイ在住の茜は、連日富裕層が参加するパーティに出かけては結婚相手を探しているが、元彼の冴えない中年男・本間にしつこく付きまとわれ、あげく茜の「婚活」がハワイの社交界で悪く言われているとこきおろされてしまう。それを聞いたみのりは、本間に対して彼女を本当に愛しているのなら、自分が彼女にふさわしい男を紹介するくらいの無償の愛を見せろと一喝する。

みのりは茜にコーディネーターを頼み現地を取材するとともに、一緒にパーティに参加し、富裕層に自分のビジネスを売り込んでいる勉と親しくなる。勉はハワイにお茶漬け専門店を開き全米進出を目標にしているが全く成功しておらず、それまでの商売も失敗続きであった。みのりと勉は愛子の婚約者・塚原の紹介で美食会の集まりに行くものの、富豪の集まるその会は格式が高く、本会が終わった後のカクテルパーティにこそこそと参加しなくてはならず、みのりは気に入らない。勉も商談がうまくいかず、退屈するみのりは酒を浴びるように飲みながらそのビジネスの中途半端さを批判し、怒った勉は帰ってしまう。その後、新入りの会員だという青年・知哉がスピーチを始め、みのりは彼が現地入り初日に知り合った、空きビン集めをしている不審な男であることに気付き驚くが、酔いが祟って目の前で倒れてしまう。目を覚ましたみのりは彼の家で介抱されていた。知哉は実は大企業・阿部財閥の御曹司で、いずれ経営を任される立場にあるものの現在はハワイで気ままに過ごしているという。彼に誘われ、現地式のお祝いごとのような葬儀に参加したあと、みのりはハワイに来た別の理由を話す。みのりは会社の乱造的な本作りと大量の仕事を押しつけられることにいら立っていて、既婚の部下・田嶋と付き合っていたが別れてしまい、しかも交際期間に彼の妻が妊娠中だったと知って落ち込んでいたのである。この日をきっかけにみのりと知哉は付き合い始める。

みのりは茜に知哉とのことを話すが、話を聞いた茜はみのりの不倫や会ってすぐに知哉と関係を持ったことなどに憤る。遊び人に見られる茜だがパーティの男たちとは体の関係は持たず、本間が初めての男だったという。そして茜は、みのりの説教に従って富裕層の男を紹介しようとする本間の心に感じ入り、彼と結婚すると決意する。

一方でみのりは、お茶漬屋の店舗を畳み屋台の車一台でやり直している勉と再会する。みのりのアドバイスを元にハワイ料理を取り入れたお茶漬の屋台は順調で、勉自身も充実しているようで、みのりはその様子を喜ぶ。しかし、二人の様子を見ていた知哉は、みのりが自分よりも勉に惹かれていることを確信する。その夜、知哉は、富豪の孫の肩書きでなく自分自身を見てくれたみのりに対する思いを吐露し、勉への嫉妬で荒れる。茜に捨てられると誤解した本間や、みのりと勉を交え��彼らは取っ組み合いの喧嘩になり、みのりの男たちへの鉄拳でようやく収まる。冷静になった皆は謝罪しあい、夜道を歩くが、みのりは勉が帰ったあと、知哉が繋ごうとする手をそのままにできず、「ごめん」と言って去ってゆく。

その後、知哉は経営に本腰を入れることを決意し、ハワイを去る。愛子たちの二次会は友人の加代子が「アロハ」の意味を語るスピーチを交えて無事に済み、延長していた取材の原稿も会社に届けられる。茜と本間は結婚し、みのりはフリーになって再びハワイを訪れ、屋台のアメリカ本土進出を決めた勉と再会し結ばれる。

2014/07/13 11:20

投稿元:ブクログ

映画を観て、読みたいと思ったこの本は、ノベライズでした。

ここ最近の私の傾向として、「疲れた人を癒す本」に弱い。
以前に読んだ作品も、

・アラサー
・仕事が多忙
・失恋
・地方に転職

ざっとこんなキーワード。
要は、私自身が疲れてるんだろうなと。

というか、このキーワードに当てはまる作品が多いということは、世のアラサー女子を癒す必要があるってこと?!

あっ、本の感想じゃなくなっちゃった。

2014/08/05 06:31

投稿元:ブクログ

映画のノベライズ本、題名通りにハワイが舞台です。
主人公は20代も後半に入った独身女性、職業は編集者。

いろいろと上手くいかず、後輩と不倫していたりもするのですが、、
何かを吹っ切れるように、ハワイへと旅立つことになります。

名目はハワイの観光本を作るとのことですが、
行った先では、仕事そっちのけであちこちをふらふらと。

いろいろな“出会い”もいくつかあったりして、
ちょっとしたサクセスストーリー的な雰囲気でもあります。

ん、“お仕事”に疲れた人が見ると、入りこめそうな、なんて。
ラストはちょっと変わった“サクセス”だけど、個人的にはストンと。

私にとっては今のところ唯一の海外旅行先であるハワイ、
もう10年も前の話ですが、あらためて行きたくなりました。

そんな、ちょっと変わった“ハワイ観光本”としても面白いかと。

2016/01/25 12:48

投稿元:ブクログ

ハワイ行きたいなーと買い、ゆるゆると2時間半くらいで読了。映画化されることは本の帯から知っていたけど…「映画化」ではなくノベライズかよ!残念。二度目は無いな。。。仕事に恋に疲れた26歳女性編集者が初めてハワイに行き、自分の人生を見つめ直す話。

2016/04/06 00:11

投稿元:ブクログ

こちらも初めての作家さん。どうも映画の原作みたいですが、面白くてサクサク読めました。映画も見てみようと思います、機会があれば。主人公は出版社で働くみのり。ふとしたきっかけでハワイに行くことになり、そこからつまらなかった人生が転がるように動き出すというドタバタ喜劇。

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る