サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 悪魔交渉人 1 ファウスト機関

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

悪魔交渉人 1 ファウスト機関(富士見L文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/11
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 富士見L文庫
  • サイズ:15cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-070222-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

悪魔交渉人 1 ファウスト機関 (富士見L文庫)

著者 栗原 ちひろ (著)

横浜の外れに佇む寂れた建物、WMUA・NITTOH美術館。ここに勤める怠惰な学芸員・鷹栖晶には、もうひとつの顔があった。それは、存在証明不可能生命体―通称・悪魔を視認でき...

もっと見る

悪魔交渉人 1 ファウスト機関 (富士見L文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

悪魔交渉人 1.ファウスト機関

691(税込)

悪魔交渉人 1.ファウスト機関

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

横浜の外れに佇む寂れた建物、WMUA・NITTOH美術館。ここに勤める怠惰な学芸員・鷹栖晶には、もうひとつの顔があった。それは、存在証明不可能生命体―通称・悪魔を視認できる唯一の人間であること。そのため晶は、エジプトで事故死した親友・音井遊江の肉体に憑依した謎の悪魔と不本意ながらコンビを組み、他の悪魔と交渉して彼らにまつわる事件を解決する任務を負っていた。ある日、美術館に持ち込まれた謎の壺の調査を続けるうち、晶と遊江は、『F機関』を巡る陰謀に巻き込まれる―。【「BOOK」データベースの商品解説】

悪魔を視認できる唯一の人間・晶は、事故死した親友の肉体に憑依した悪魔と組み、他の悪魔と交渉して彼らにまつわる事件を解決する任務を負っている。ある日、謎の壷を調査していた晶たちは、F機関を巡る陰謀に巻き込まれ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/06/21 10:24

投稿元:ブクログ

魅力的なキャラクターいっぱいの作品です。
悪魔-音井が可愛らしい。
1.となっているから続編ありかな?
徐々にいろいろなことが明らかになっていってくれることを期待します。

2014/09/10 01:00

投稿元:ブクログ

乗ってくるまで読みにくかった(゚o゚;
主人公の悪魔じゃない方?確か何君だっけ?何を考えてるのか分かりにくい人でした

2014/09/23 16:23

投稿元:ブクログ

書くことに慣れてるなーと読み進めながらも、冷静でいられました。
力技や、キャラやストーリーへの執着にも似た愛情で読者を引きずり込むんじゃなくて、どこかでキャラも読者をもゆったり抱き込んで、俯瞰的に世界を見つめている作者の視線を常に感じる本でした。何度も同じことをし続けてきたからこそ、情熱を持って書く自分と、冷静に世界を構築する、王様と軍師のようなふたつの人格が、この人には確立されていて、そのふたりは、共同経営の関係にあるんだなと。
なんというか、無駄の無いお話でした。
すっきりとしていて、全てのキャラに同等に優しく厳しく、プロだなーと。
悪魔の二面性もよく描かれているし、主人公の強くて感受性が強い、というのも良いバランスで描かれていたような。
なになに!どういうこと!とページをめくるのがもどかしいわけではなかったけれど、同様に、本を閉じることも難しい。
知性を感じる本で、好きでした!

2014/06/28 22:36

投稿元:ブクログ

わかりづらい。キャラは悪くないんだけど取っつきづらい入りだったのでどうにかならなかったのかなと。後半に入り彼と彼の関係なんかが色々わかってからは興味が持ててきたので、もし続きが出たら気にしてはみます。

2015/06/01 03:03

投稿元:ブクログ

現代日本での悪魔と人との物語。最初はキャラ把握に戸惑ったが読み進めていくとしっかりキャラ立ちし(若干のBLっぽさも)、後半のややご都合主義な展開は気になるが、人の醜さと希望とを面白く読めた。続編前提か、伏線が結構残ってた。

2014/11/12 19:05

投稿元:ブクログ

これはほぼジャケ買いだったけど好みでした
買う時親にあんたこういうの好きそうよねって言われたけどその通りでした

結構ヘビーな設定だったけど世界観が面白くて好き

2014/06/18 23:19

投稿元:ブクログ

キャラクターが魅力的。音井さん(悪魔)可愛い。館長さんも面白いキャラだった。主人公の性格だけ、相手によって随分違うのが気になった。別人レベルで違うように感じたのは、私だけだろうか。
ストーリーとしては、正直よくわからない部分も多かったので、今後に期待。音井さんの秘密に対する執着というのもいまいち描かれていなかった気がするので、続刊があることを祈っておく。

2014/08/18 16:59

投稿元:ブクログ

中盤以降まで、どういう訳か文章が読み難くイメージしずらかったですが、終盤急に読みやすく、鷹栖と音井の掛け合いは面白く好きな感じです。(やはり読み難いという他の方のコメ多いですね@他サイト。なんでだろ。)

2015/05/23 12:22

投稿元:ブクログ

サクサク読める感じが心地よかった。
二人の掛け合いも面白い。
もっと悪魔なんだからドロドロしててもいいんじゃないって思えるけど・・・・。続きも楽しみです。

2014/11/22 03:56

投稿元:ブクログ

かっこいいおじさんがたくさん。
悪魔はアキラが好きすぎる。
登場人物たちの思いが、
何が正しくて間違っているのか、
読んでいるとよくわからなくなってきます。

富士見L文庫 ランキング

富士見L文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む