サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある
不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある 不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101429-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある

著者 小林 りん (著)

15億円の資金と人々の想いを募り、ゼロから学校設立プロジェクト(ISAK)を立ち上げた著者が、考えていることや、プロジェクトを進める中で経験したこと、仲間を集める方法、チ...

もっと見る

不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある

1,404(税込)

不完全なリーダーが、意外と強い。 「チーム」だからこそ、できることがある

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

15億円の資金と人々の想いを募り、ゼロから学校設立プロジェクト(ISAK)を立ち上げた著者が、考えていることや、プロジェクトを進める中で経験したこと、仲間を集める方法、チーム・マネジメントの仕方などを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 りん

略歴
〈小林りん〉1974年東京都生まれ。米スタンフォード大学国際教育政策学修士号を取得。学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)代表理事。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.6

評価内訳

2015/01/17 13:23

投稿元:ブクログ

「Early small success」という言葉や同様の考え方はこれまでもよく見聞きしてきたが、これまで以上にその重要性を深く理解できた。
ISAK設立前のサマースクール実施がチームの内外にいかに良い影響を与えたか、ストーリーとしてすっと頭に入ってきた。

2015/02/22 20:50

投稿元:ブクログ

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢を設立した小林さんの著書。
その設立経緯等について体験も交えて色々書かれていることを期待したのですが…そういう本ではありません。
残念ながら、ただのハウツー本に毛が生えた程度。

2014/07/19 13:53

投稿元:ブクログ

著者の行動力には感心する。

のは、さておき。リーダーシップに関する本すべてに関して思うこと。
どうして、リーダーシップについての本を書くのは、大きな結果を残した人ばかりなのだろうか。もっと普通の結果しか出してないような、別に有名でもない人が書いた本があってもいいような。

そうしないと、リーダーシップを発揮すること=偉業を達成することだと誤解されかねないと思う。

まあ、普通の人が著者だと、説得力に欠けて本が売れないのかもしれないけれど。


『普通の人が語る、普通のリーダーシップ』

出したら読む人いるかな…。

2014/11/06 16:56

投稿元:ブクログ

すんばらしい内容です。自分自身の経験から、著者のリーダーシップに対する考えに大いに共感する部分が多かった。一方、私と著者の大きな違いはリーダーとして実践しているか、していないか、の点。
「リーダーはこうあるべきだ」という自分の考えがほぼそのままこの本に文字に落とし込んであって、しかも著者の具体例もあるから、他人に説明する際にも説得力が増す。
また、著者のような偉業をなしとげている方でも、やっぱり完璧はない、ということを知ると、少し安心するし、励まされる。

それでも部下をもつマネジャークラスのポジションを経験したことないひとにはほとんどピンとこない内容だろうな。。

2014/10/05 16:12

投稿元:ブクログ

・不完全な自分を認める。だから、他の人に感謝できる。
・不完全な分野は捨てる。だから、やるべきことに集中できる。
・不完全な部分を伝える。だから、チーム力が上がる。
・チームは、リーダーが「自分の能力をあきらめること」で強くなります。逆に「自分は何でもできなくてはいけない」と思い込むリーダーはどうなるか。すべてを自分でコントロールしがちです。すると当然うまくいかないことが出てくる。メンバーも、自分の能力を発揮できる場が少なくなるので、充実感を味わえないし、成長のチャンスも奪われてしまいます。
・何でもかんでもできるようになろうと思ったらダメだ。何かで一流になるためには、何かをあきらめなくてはいけない。
・「自分の能力を特化する分野」は、自分で気づくのではなく、「あなたは○○が得意ですね」と、人から指摘されることによって気づくことも多いのではないでしょうか。

・挫折や失敗は、チームのなかで能力を発揮する、あるいは将来リーダーとしてチームをまとめていくときの、大きな糧にすることができるはずです。
・チームが力を発揮するためには、リーダーがメンバーから「共感」と「納得」を得ることが大切だと思います。私が困難に遭遇したときにメンバーが私を支えてくれるのも、共感と納得をしてくれているからかもしれません。

・否定的なことを言われたときには、その「言われた言葉」をまともに受け取ってしまうと精神的につらい。そこで「なぜこの人は、こんなことを言うのだろうか?」というように、「その人がそういう言動をする背景」に、意識を向けるようにしたのです。

・優れたリーダーの共通点は、一見「自分ではどうしようもない」と思える問題を「どうしようもない」とは考えないことです。

・自分から新しいものを作りだしていく力は、叱られることでは育たないと思うのです。そういった力は、リーダーがその人の長所や強みに目を向け、伸ばしていくことによって育つものだというのが私の考えです。

・「自分がやるべきことがまだ見つからない」という方にオススメしたいのは「まず行動する」ことです。「動き続ける」ことです。

・何かを始めるときに待ち構えている社会的なハードルは、実はそれほど高くはないのです。もしかしたらいちばんのハードルは、自分自身が勝手に心の中に設定してしまっている「気持ちのハードル」なのかもしれません。

・Early small success : 早い段階で小さな成功を積み重ねることが大切

・運は落ちているものではありません。手繰り寄せるものです。手繰り寄せることによって、自分たちの運命が切り開かれていきます。

・悲観は気分に属するが、楽観は意志である。前向きな気持ちがメンバー全員に伝播する。大きな困難に直面したときでも、チームとして楽観敵に状況に向き合うことができるようになります。

・Things happen for reasons.すべての出来事には意味がある。これは、プロジェクトがうまく進まないときに思い出したい言葉です。大きな問題が発生した���きに問われるのはリーダーの心持ち。起きてしまったことは、今更どうしようもありません。起きたことをネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えたほうが未来に対してpルアスになります。物事がうまくいかないことがあっても、「この失敗は将来の成功の布石なんだ」と考えるようにしているのです。

・リーダーがメンバーに安心して仕事を託すことができないのは、メンバーとのあいだで価値基準を共有できていないから。リーダーは価値基準は示すけれども、管理はしないことが大事。

・本物の自信を持っている人は、「私はこれが苦手で、全然ダメなんです」ということをためらいもなく言える人。弱みがあっても、それを補って余りある強みがあることを、自分自身でよくわかっているからです。生身の自分に自信があるから、心に鎧をまとわなくてもいいのです。けれども、そんな人ばかりではありません。だからこそ、自分にも弱みがあることをメンバーが隠さずに言える「チームとしての雰囲気作り」が大切になるのです。「人は弱みがあるのが当たり前。だから弱みの部分だけに目を向けて、その人を否定したり、評価を下げることは決してしない」

・チームメンバーの仲がいいことは大切だと思うけれども、同調(他に調子をあわせること。他人の意見・主張などに賛同すること)によるチームワークではなく、協調(互いに協力しあうこと。特に、利害や立場などの異なるものどうしが協力し合うこと)によるチームワークでなくてはいけないと考えています。

・一緒に働いているメンバーの気持ちや動きを察しながら、有機的に仕事ができることーこれは実は日本人ならではの強みなのかもしれないと思うことがあります。日本人を中心としたチームを作るときには、これを活かさない手はありません。

・What's next? 次の目標設定がうまくいかないと、チームは失速してしまうのです。もし目標を達成しそうになったら・・・その時点で、またすぐに新しい目標を設定することが大事です。次に設定するべき目標やビジョンのヒントは、今の自分たちの活動の中にあるのです。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む