サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 現代百物語−彼岸

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

現代百物語−彼岸(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

現代百物語−彼岸 (角川ホラー文庫)

著者 岩井 志麻子 (著)

庭にある鳥の巣箱に棲みついた邪悪な目。絶対に語ってはいけない話。聞いてはいけない話。書いてもいけない話。こちらが生きていることに気付かない、死者。霊を届ける女、受け取る男...

もっと見る

現代百物語−彼岸 (角川ホラー文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

現代百物語 彼岸

562(税込)

現代百物語 彼岸

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

庭にある鳥の巣箱に棲みついた邪悪な目。絶対に語ってはいけない話。聞いてはいけない話。書いてもいけない話。こちらが生きていることに気付かない、死者。霊を届ける女、受け取る男。「真っ黄色のワンピースを着た女」の都市伝説…。彼岸と此岸の境を失ったとき、人は人ならぬものとなってこの世を彷徨う。「あちら側の世界」に寄り添い生きる著者が聞き集めた数多の怪異から厳選。大好評の実話怪談シリーズ、第6弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

庭にある鳥の巣箱に棲みついた邪悪な目、絶対に語ってはいけない話。こちらが生きていることに気づかない死者、霊を届ける女…。著者が各所で聞き集めた奇妙な話全99話を収録する。シリーズ第6弾。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

人形と寝る男 10−11
座敷牢の歌声 12−13
巣箱からのぞく目 14−15

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/20 00:31

投稿元:ブクログ

岩井志麻子の実話怪談シリーズ最新作。
実話怪談は数多く出版されているが、岩井志麻子版の特徴は、何処か突き放したような、『これは絵空事ですよ』というスタンスだと思う。それが上手い具合に絡まっていて、不気味であったり、とてつもなくイヤ〜な感じであったり、そういう効果を生んでいる。恐怖というよりイヤな感じがすることが多いのは実話怪談ではない、小説の作風にも通じるものがある。
一番印象に残ったのはミイラの顔について。言われてみれば、ミイラってよく見ると生前の面影があるかも……。

2014/06/23 21:18

投稿元:ブクログ

胸に何かが積もっていくせいか、毎回一気に読めないのがこのシリーズの特徴w
第六十話「腐る梅干し」が面白い。『…女は、何かをしたことのない女だの、何かがない女だの、制約や条件をいろいろ課されることが多いが、男ではあまり聞かない』、思わず頷いた。

2014/09/29 14:59

投稿元:ブクログ

友人に勧められて岩井志麻子さんのを初めて読んだ。
一気に読むものではないのかもしれない、というのをそれとなく感じてしまい、数日かけて読破。