サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おえかきしりとり(講談社の創作絵本)
おえかきしりとり(講談社の創作絵本) おえかきしりとり(講談社の創作絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2014/07/30
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社の創作絵本
  • サイズ:24cm/35p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-06-132582-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

おえかきしりとり (講談社の創作絵本)

著者 新井 洋行 (作),鈴木 のりたけ (作),高畠 那生 (作),よしなが こうたく (作)

ことばのイメージが広がっていく、「目で考える」しりとり絵本。ひとりでもおもしろい。みんなで読めば、もっとおもしろい!【「BOOK」データベースの商品解説】ことばを「描いて...

もっと見る

おえかきしりとり (講談社の創作絵本)

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ことばのイメージが広がっていく、「目で考える」しりとり絵本。ひとりでもおもしろい。みんなで読めば、もっとおもしろい!【「BOOK」データベースの商品解説】

ことばを「描いて」つなげていく、「おえかきしりとり」。4人の絵本作家によるさまざまな絵が何の絵なのか、ことばの最後の音を頼りに当ててみよう。目で考える、しりとり絵本。見返しにルール・答えあり。【「TRC MARC」の商品解説】

 『おえかきしりとり』は、数ある絵本の中でもとても珍しい、作者が「4人」いる絵本です。しかも、単に誰かが描いた文にそれぞれが絵をつけたわけではなく、4人全員で話し合い、物語を作り、全員で絵を描いて完成させた「合作」です。
 内容はいたってシンプル。「おえかきしりとり」というタイトル通り、しりとりをベースにした、絵を描いて言葉をつなげていく遊びを絵本にしています。本編では、4人が実際に順番に絵を描いてつなげていったしりとりが、何ページにも渡って繰り広げられていきますが、読者はその絵が何なのかを当てながら、4人が行ったしりとりを追体験する、という構成で絵本は進んでいくのです。
 一筋縄ではいかぬよう、だんだんと難易度が上がっていくしりとりの絵はひっかけも多く用意されていますが、たとえその絵がわからなくても、前後の絵が何なのかを当てることで、最初と最後の字がわかるため、そこをヒントに類推することも可能です。さらに、「絵本作家」4人が作った絵本ということで、ただのしりとりだけではもちろん終わりません。しりとりのルールを逆手に取った、驚きの展開が、物語のクライマックスで登場するのです。
 作者の4人は、『れいぞうこ』(偕成社)などの赤ちゃん絵本で多くのヒット作がある新井洋行氏、「しごとば」シリーズ(ブロンズ新社)で新たな絵本の可能性を提示し、第62回小学館児童出版文化賞を受賞した鈴木のりたけ氏、、『カエルのおでかけ』(フレーベル館)で第19回日本絵本賞を受賞、独特のセンスが光るユーモア絵本で大人にもファンの多い高畠那生氏、「給食番長」シリーズ(長崎出版)で、絵本界に一石を投じ、子どもたちに絶大な支持を得たよしながこうたく氏と、一癖も二癖もあるラインナップ。この本でしか読めない、4人の豪華共演は、必見です。
 しりとりそのものにも、ことば遊びとしての知育要素がありますが、それに加えて、本書は、新たな言葉を知る喜びや、「絵を見て答えを考える」という想像力が培われ、考える力も育まれる内容になっています。また、家族や友だちと一緒に読むことでも、楽しさは倍増。コミュニケーションをとりながら、楽しく盛り上がれます。子どものみならず、大人にもぜひ読んでいただきたい1冊です。(後ろ見返しに答えあり・4さい~)【商品解説】

著者紹介

新井 洋行

略歴
〈新井洋行〉1974年東京都生まれ。絵本作家、デザイナー。絵本に「いろいろばあ」「れいぞうこ」など。
〈鈴木のりたけ〉1975年静岡県生まれ。絵本作家。「ぼくのトイレ」で第17回日本絵本賞読者賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

3~5歳児オススメ

2015/09/29 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

うちは年少の4歳ですが、知らない言葉が2割ほど出てきて、言葉を楽しく覚えるきっかけになりました。

年初の頃はしりとりがぶーむになる頃だとおもいますが、例に漏れず我が子も。
大人も楽しい内容です。

他の人のレビューにもありましたが、「あー、こういうオチかぁ!」と納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっと!

2016/12/31 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずーっと気になってたんですが、なかなかタイミングが合わず、先日図書館で見つけて、やっと読めました。1年生の下の子にはちょっと判読不能な絵もあり、「え~、そうなん?」「○○かと思ったわー」「え、これ何?」とみんなで大騒ぎしながら読みました。「え、また龍?」「さっきも出てきたやん!」「アカンのんちゃうんかい!」と大盛り上がり。最後のオチに「なるほどね~」。6年生の次男と1年生の三男の掛け合いがめちゃくちゃおもしろかったです。勿論絵本の中身も。後でスラスラ読めるが何回も見直しました。大人も子どもも楽しめる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おえかき

2017/05/22 05:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おえかきしりとり。昔よく遊んだなと思い出しました。子供とやったら難しすぎて、すごく逆におもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/04 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/09 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/30 05:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/28 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ことばの絵本 ランキング

ことばの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む