サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

妖怪の弟はじめました
妖怪の弟はじめました 妖怪の弟はじめました
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/158p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-218961-3
  • 国内送料無料

紙の本

妖怪の弟はじめました

著者 石川 宏千花 (著),イケダ ケイスケ (絵)

遊川迅は小学校でいちばん足がはやい。でも、ふつうの小学五年生だ。ひとつ上の風春は完全無欠なお兄ちゃん。それでも、ふつうの小学生だと思っていた。妖怪がわんさか家にくるまでは...

もっと見る

妖怪の弟はじめました

994(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遊川迅は小学校でいちばん足がはやい。でも、ふつうの小学五年生だ。ひとつ上の風春は完全無欠なお兄ちゃん。それでも、ふつうの小学生だと思っていた。妖怪がわんさか家にくるまでは!【「BOOK」データベースの商品解説】

「あほうっ、かざはるさまは人間などではないっ」 小学5年生・遊川迅の前に現れた妖怪たち。目的は兄の風春を取りもどすことで!? 『チャレンジ5年生 未来!発見BOOK』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「こちらでございみゃすよ」
はっとして視線を下に向けると、迅のハーフパンツのふとももの上に、子猫ぐらいの大きさの〈なにか〉がいた。
頭でっかちで、おなかがぽこんと出ていて、手足がねずみのように細くて小さい。
「な、なに? え、まさか……妖怪?」
「ご名答でございみゃすー」



遊川迅は小学校で一番足が速い。
でも、ふつうの小学生だ。
ひとつ上の風春は容姿端麗、完全無欠なお兄ちゃん。
それでも、ふつうの小学生だと思ってた。
妖怪がわんさか家に来るようになるまでは!【商品解説】

著者紹介

石川 宏千花

略歴
〈石川宏千花〉「ユリエルとグレン」で講談社児童文学新人賞佳作、日本児童文学者協会新人賞受賞。ほかの作品に「お面屋たまよし」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なかよし兄弟

2016/02/12 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

万能なお兄ちゃんに元気な弟。お兄ちゃんは実は妖怪の息子と発覚するのですが、なかよし兄弟だなーと思いました。
読みやすいお話で小学生にいいのでは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

兄弟

2016/06/22 07:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

仲良しの兄弟だけど実は完璧なお兄ちゃんは妖怪の子供だったということが発覚します。とっても仲のいい兄弟です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/07 15:35

投稿元:ブクログ

“「兄ちゃんが妖怪の国に?なんでだよ、そんなのだめだろ!」
すると、風春がじっと迅の顔を見つめながら、「ねえ、迅」と話しかけてきた。
「迅はさ、オレはこのままおまえの兄ちゃんでいてもいいと思う?」
「あったりまえじゃん!いてもいいっていうか、兄ちゃんはオレの兄ちゃんじゃん!いまさらやめられてもこまるだけなんだけど!」
めずらしくどきどきしながら、迅は風春の返事を待った。”[P.67]

最初は題名の意味がわからず首をかしげたけどそれもすぐに明らかに。
兄弟間にしっかりとした絆があるからこその話で、読んでて楽しかった。

2016/04/07 18:56

投稿元:ブクログ

30分もあれば読めるくらいあっさりした児童書です。完全無欠の兄が本当は妖怪の子だとわかり、妖怪たちとも仲良くなった所で終わってる。これから色んな事件が起こり話が展開していきそうなのに、完結してるの?完結してるならちょっと惜しいな。

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む