サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る
SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/17
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219034-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る

著者 武田 信彦 (著),Noritake (絵)

「死角をなくせ」「ひとりにならない場所を歩く」…。全国で安全に関する講演やセミナーの講師を多数務める著者が、危険から身を守る簡単なコツを伝授。「手首をつかまれたら?」など...

もっと見る

SELF DEFENSE「逃げるが勝ち」が身を守る

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

SELF DEFENSE 「逃げるが勝ち」が身を守る

1,134(税込)

SELF DEFENSE 「逃げるが勝ち」が身を守る

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「死角をなくせ」「ひとりにならない場所を歩く」…。全国で安全に関する講演やセミナーの講師を多数務める著者が、危険から身を守る簡単なコツを伝授。「手首をつかまれたら?」など、具体的な実践は図で分かりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

凶悪で陰湿な犯罪が目立つ昨今、女性向け・子ども向けの「護身術教室」が流行っています。また、全国の安全指導員は2万人を超え、市民の安全への欲求は高まるばかりです。

安全を指導するカリスマ講師として全国でひっぱりだこ(年間120講演)なのが、「安全インストラクター」の武田信彦氏。NHK「おはよう日本」、朝日新聞、『考える人』(新潮社)インタビューなど、マスコミの注目度もアップ中。
武田氏の教える護身術は、空手や合気道のような、ちゃんと習わないと使えないようなものではなく、軽い動きのエクササイズのようなもので、初心者でもカンタンで大好評!
武田氏は学生時代から犯罪防止のNPO団体に参加し、安全に関するノウハウを積み上げ、「攻撃よりうまく逃げる方法の方が有効」なことを実践から学びました。
この本では、女性や子供だけでなく、喧嘩をしたことがない気弱な中高年男性たちも対象にした、「逃げるが勝ち」を合い言葉にして、あなたの安全力をアップする本です。

イラストは、いま雑誌・広告などで大活躍のNoritakeさんが描き下ろし!【商品解説】

目次

  • 【1】危険からは逃げるが勝ち、です。
  • 【2】自分を守る「セルフ・ボディガード」。
  • 【3】荷物はコンパクトにまとめておく。
  • 【4】人は見た目では分からない。
  • 【5】「危険の階段」からいち早く降りるコツ。
  • 【6】死角をなくす、隙をみせない。
  • 【7】意識を拡げるコツは「だるまさんがころんだ」。
  • 【8】目撃者がいる場所を歩け。
  • 【9】さわやかなあいさつ、江戸しぐさがお手本。
  • 【10】毅然とした態度で「見えないバリア」を作る。

著者紹介

武田 信彦

略歴
〈武田信彦〉1977年生まれ。ドイツ出身。フリーの安全インストラクターとして活動開始。「うさぎママのパトロール教室」を始動。「あんぜんパワーアップセミナー」で第4回キッズデザイン賞優秀賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/03/10 22:14

投稿元:ブクログ

あまり中身なく、タイトル通り逃げた方がいいよ、って話。
逃げるための護身術的なのは参考になるね。回転して振り切る。むぅ。

2014/11/05 09:52

投稿元:ブクログ

危険から逃れるには、とにかく逃げること、刃向かっていると加害者にもされる。身近に事件が起りやすい世の中、自分を守る心構えを説く。

こういうのは、学校でも、職場でも普及したほうがよいよね。

2015/08/16 20:35

投稿元:ブクログ

日常生活の中で遭遇する危険に対して「被害者にも加害者にもならず、上手に切り抜ける方法」を逃げる!から伝える。自分を守る「安全力」を身につける、その前提条件としての地域の顔見知りネットワーク、地味やけどだからこそ地域で暮らす意味がある。防犯も人権課題。

2014/09/05 10:30

投稿元:ブクログ

暴力につながる行為を予防する、という、この本を貫くスタイルをみんなが実践できるよう考えてつくられた本。
とても腑に落ちるし、身を守るための思考の仕方、行動の基本を教わることができる。
易しいのに、とても効果的であるところがこの本の優れている点のひとつ。

2015/09/19 04:12

投稿元:ブクログ

たまに物騒な事件がニュースになることがあるが、ニュースを聞いて、もしこんな事件に巻き込まれたらどうしようと思いながら見ているが、漠然と不安がるのではなく、心がけが大事である。被害者にならないようにすることも大事だが、自分の精神状態やいつもと違う行動をとってしまい加害者になることだってありうるので、加害者にもならないようにすることが大事である。そのためには余裕を持って行動するとか、危険を察知したら反対側に逃げるとかアタリマエのことが書かれていたがなかなかできていないものであるとも再確認できた。

2016/02/15 13:08

投稿元:ブクログ

防犯(+護身術)の本。だれにでもできる方法を具体的に紹介してあってわかりやすい。そしてこのパリッとした装丁。この本を手に持ってる!読んでる!ってことが一番防犯につながると思う。