サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

殺人出産
殺人出産 殺人出産
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/16
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219046-6
  • 国内送料無料

紙の本

殺人出産

著者 村田 沙耶香 (著)

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひと...

もっと見る

殺人出産

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない…。三人での交際が流行する、奇妙な世界を描いた「トリプル」など、短篇3作も併録。普遍の価値観を揺さぶる挑戦的作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

10人産めば、1人殺してもいい。そんな「殺人出産制度」が認められた世界を舞台に、「生」と「性」の倫理観に疑問を突きつける表題作をはじめ、3人での交際が流行する世界を描いた「トリプル」など全4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい──。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない……。【商品解説】

収録作品一覧

殺人出産 5−113
トリプル 115−150
清潔な結婚 151−181

著者紹介

村田 沙耶香

略歴
〈村田沙耶香〉1979年生まれ。千葉県出身。玉川大学文学部卒業。2003年に「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作、09年「ギンイロノウタ」で第31回野間文芸新人賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

「生」と「性」の鮮やかな世界

2015/03/26 11:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

手に取って驚いた薄い!短編だ!しかし侮るなかれスパッと切り裂かれ飛び出してきたのは「生」と「性」の鮮やかな世界。それが当然であるかのように日常の一部であるかのように語られる設定は、読者に一分の隙も与えることなく、有り得てしまう未来かもと想像させるのは容易い。見たら脳裏から離れん表紙のインパクトもお見事。これからも注視していきたい作家さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/21 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/20 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/04 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/25 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/08 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/06 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/04 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/29 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/03 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/09 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む