サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

水底の棘
水底の棘 水底の棘
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/18
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219052-7
  • 国内送料無料

紙の本

水底の棘 (法医昆虫学捜査官)

著者 川瀬 七緒 (著)

水死体からも「虫の声」は聞こえるのか!?第一発見者は、法医昆虫学者の赤堀涼子本人。東京湾の荒川河口で彼女が見つけた遺体は、虫や動物による損傷が激しく、身元特定は困難を極め...

もっと見る

水底の棘 (法医昆虫学捜査官)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

水死体からも「虫の声」は聞こえるのか!?第一発見者は、法医昆虫学者の赤堀涼子本人。東京湾の荒川河口で彼女が見つけた遺体は、虫や動物による損傷が激しく、身元特定は困難を極めた。絞殺後に川に捨てられたものと、解剖医と鑑識は推定。が、赤堀はまったく別の見解を打ち出した。岩楯警部補はじめ、捜査本部は被害者の所持品から、赤堀はウジと微物から、それぞれの捜査が開始された!【「BOOK」データベースの商品解説】

損傷の激しい水死体を見つけた法医昆虫学者の赤堀京子。解剖医と鑑識は絞殺後に川に捨てられたものと推定するが、赤堀は別の見解を打ち出す。捜査本部は被害者の所持品から、赤堀はウジと微物から、それぞれの捜査を開始する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川瀬 七緒

略歴
〈川瀬七緒〉1970年福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。子供服のデザイナー。デザインの傍ら小説の創作活動に入り「よろずのことに気をつけよ」で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (15件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

今度は水の中の「虫」を追い詰める

2015/11/10 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マル神保 - この投稿者のレビュー一覧を見る

河口付近で見つかった遺体。
果たして、川から来たのか、海から来たのか。死因は何か。
相変わらずのマイペースで赤堀の探求が始まる。

1作目のキャラクターも再登場します。
事件自体は悲惨ですが、登場人物一人一人の描写に温かみが感じられるのが、このシリーズの魅力です。
法医昆虫学による捜査の描写もマンネリに陥らないよう工夫されています。
続刊が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

充実したミステリを読んだ満足感がたっぷり

2015/08/24 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろかった。虫の描写は気持ち悪いし、死体の損傷なども詳しく描かれるからグロいし、そういう面では苦手なタイプのはずなのに、そこから導き出される謎解きは未知のおもしろさに満ちていて刺激的。映像化は絶対にしてほしくないが、ミステリとしての出来はすごくいい。
登場人物も魅力的。赤堀の、昆虫学にどっぷりはまった学者ならではの奇矯な行動は時に行き過ぎなくらいだが、これが岩楯・鰐川のふたりの刑事と組んだ時、コミカルなものに見えてくるのがおもしろい。キレのいい会話がおもしろくて、純粋に楽しめる。法医学や昆虫学の特殊な知識をびっしり盛り込んでいるので書くのは大変かもしれないが、このシリーズ、もっと書いてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/05 20:16

投稿元:ブクログ

面白かった。
昆虫学を捜査に活用する、という設定がまず新鮮。
知らなかった知識がいっぱい。
変わり者ではあるけれど、明るく、アグレッシブで、昆虫学にプロフェッショナルな赤堀。
彼女の味方になる刑事たち。
ストーリーだけでなく、キャラクターも魅力的。
最後まで引き込まれる。

2014/08/28 11:05

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】法医昆虫学捜査官シリーズ第3弾。事件の真相に迫る過程そのものは今まで通りのクオリティで文句の付けようがありません。ただ、結末に関しては過程と比べるとスケール感に乏しく拍子抜けしたので★一つ減点。

2014/10/24 03:15

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。
鰐川さん再び登場で嬉しかった!
ウミケムシは検索してしまいましたが予想以上の気持ち悪さでした……。

2014/07/22 18:00

投稿元:ブクログ

法医昆虫学者・赤堀涼子は、後輩・大吉の害虫駆除の手伝いに訪れた荒川河口で遺体を発見した。
遺体は虫や動物による損傷が激しく、身元特定は困難を極めた。
解剖医と鑑識は絞殺後に川に捨てられたものと推定した。が、赤堀は全く別の見解を打ち出した。
岩楯警部補はじめ、捜査本部は被害者の所持品の割柄ドライバーと刺青を、赤堀は蛆と微物を手がかりに、それぞれの捜査を開始した―

メモ魔鰐川が相棒に復活は嬉しい!けど、今度は 月縞がいなくて淋しい…
赤堀先生は行動範囲広いし何でもできるな-
海中までとは!
感心しますが新しい分野の開拓者だからなんでもこなさないといけないんだろうね。
後進の学生や大吉の仕事も広がり育ってるのが嬉しいな-
兄弟は最初やっちゃった直後に組合長に言ってれば釣り人転落事故で処理してもらえただろうに…
へたに兄弟の悲しい過去描写は無くて良かった。
海の上を船でいく場面は、子どもの頃に養殖してた父に乗せてもらって湾をぐるりとしたのを思い出して懐かしくて。
しかしアリマテラピーは本当に効果あるのだろうか?
今、いちばん楽しみで、続きが待ち遠しいシリーズです!早くも次に期待しちゃってます-

2015/03/30 11:47

投稿元:ブクログ

昆虫から色々なことがわかるのだ。
何かをごまかすとかできそうにないね〜。
それを正確に読み取れる人がいないと捜査に利用できそうではないのだけれど。
その点、赤堀は虫のことになると夢中になって周りが見えなくなるタイプだから適任ということか。
なるほど、水底の棘という終わり方だった。
今後のこのシリーズも楽しみ。

2015/11/29 08:46

投稿元:ブクログ

このシリーズ面白いと思うんだけど、虫だからなあ。
虫の嫌いな人は無理だろうからなあ。
どりも今んところ楽しく読めてますが、Gが主役だったりしたら無理かもしんない……出てきませんように。

2014/09/02 21:57

投稿元:ブクログ

法医昆虫学捜査官シリーズ、3作目。

安定感のある面白さ。3作目となると、赤堀さんの予測不可能な行動や気持ち悪い虫の描写にも随分と慣れ、いちいち驚いたり、爆笑するほどではなくなったけれど、面白いのは相変わらず。大好き、おススメなシリーズです、本当に。
今回、事件自体は至って地味。被害者の身元が不明のまま、物語の大半が進む。なのに、本題の昆虫学をはじめ、地道な聞き取りによる刑事捜査、プロファイリング、法医学、科捜研、全てが関わって、被害者の身元から殺害現場までをきちんとゼロから導いているところがスゴイ。前半、なかなか捜査が進まないものの、その分後半に追い上げ。更に、最後の手に汗握る展開にはドキドキしたぁ。完璧デス。途中の過程も含め、昆虫(生き物全般?)との絡み具合が実に上手い。岩楯さんはもちろん、鰐川くんともいいコンビだし、良いキャラが揃っていて、今後のシリーズも物凄く楽しみで仕方ない。早く新作ください、マジで。

2015/08/09 07:36

投稿元:ブクログ

今回も読み応えあり。シリーズものだが今のところ登場人物のサイドストーリー的なところに寄りすぎてないところが安心して読める。

2014/08/18 22:50

投稿元:ブクログ

シリーズ第三弾。今回も数々の虫に関する薀蓄が学べます(笑)。
今回ちょっと凄いと思うのは……よくよく考えれば、事件自体の進展がとんでもなく遅々としていることに読了後気づきました。これ、あらすじにすると大した事件じゃないよね。捜査の山場もあまりないよね。ラストのどきどき感はあったけど、そこ以外たいした起伏もなかったような。
それでも数々の捜査過程が興味深くて、退屈しません。虫、好きじゃないけど。それでも面白いです。ああそれにしても乾燥クロクサアリがどんなものなのか気になる……。

2015/01/18 22:11

投稿元:ブクログ

法医昆虫学捜査官シリーズの三冊目。
今回もグロいえぐい虫たちが活躍する、けれどもキャラクタがとても個性的でぐいぐい読ませてくれるという、ほかにはなかなかない妙味とテンポの良い展開で読ませてくれます。
たったひとつの事件をじっくりと追うというシンプルな構成ながら、虫という視点の目新しさを中心に、新規キャラも含めて愉快な登場人物たちのやり取りも楽しく、相変わらずリーダビリティは抜群。謎の真実もなかなか見えてきませんでしたし(死因のあれこれは私には目新しかったです)、お約束のような終盤のアクションまじりのサスペンスな展開も王道なクライマックスという感じで、とても楽しんで読めました。
文章からのイメージ想起をできるだけ抑えるよう心がけて読んでも、ところどころキモチワルイのはもうどうしようもないですけれど、それを我慢してでも読みたいと思わせるシリーズです。

2015/05/20 14:23

投稿元:ブクログ

死体が発見されるけれども身元不明
犯人と死体となぜそこに死体があったのかと謎ばかりのなかで孤軍奮闘する赤堀を楽しむ無昆虫中心ミステリー
今回はまさかの展開
え!そうなの?それで終わりなの!?

2014/09/01 20:17

投稿元:ブクログ

法医昆虫学捜査官シリーズ第3作。
今回は水死体が相手。解剖医と鑑識は絞殺後に川に捨てられたものと推定したが、赤堀は死体の損傷やウジの成長解析から疑問を抱く…
虫が大嫌いな私も楽しみにしているシリーズ。昆虫学者、刑事、鑑識などがそれぞれのアプローチで事件の真相に迫ってゆく。相変わらず虫の蘊蓄が満載、今回は水棲の生物も加わってとても気持ち悪いけど面白い。
本筋には関係ないけど、乾燥クロクサアリの匂いが気になる。

2014/09/21 21:48

投稿元:ブクログ

事件内容は若干拍子抜け感はありますが、赤堀さんは相変わらずいい味出しています。ラストはそれなりに盛り上がりました。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む