サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ロシア・ピアニズムの贈り物

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロシア・ピアニズムの贈り物
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/297,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07843-2
  • 国内送料無料

紙の本

ロシア・ピアニズムの贈り物

著者 原田 英代 (著)

ロシア・ピアノ楽派の特徴をなす〈響き〉を解明したい−。最長老の名匠メルジャーノフに学んだピアニスト・原田英代が、リストの弟子たちを源流とする系譜、楽譜の読み方、身体の使い...

もっと見る

ロシア・ピアニズムの贈り物

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロシア・ピアノ楽派の特徴をなす〈響き〉を解明したい−。最長老の名匠メルジャーノフに学んだピアニスト・原田英代が、リストの弟子たちを源流とする系譜、楽譜の読み方、身体の使い方、演奏活動の実際などを明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

《響き》のプロセスを解き明かしてみたい──著者は全ソ演奏家コンクールでリヒテルと首位を争ったロシア最長老・名匠メルジャーノフ教授の愛弟子ピアニスト。もはや習得者の少ない「重量奏法」。楽譜と音の関係。スタニフラフスキーに学ぶ感情表現。「語る音楽」とは。身体の使い方、手の動かし方。フランツ・リストに遡る歴史を追い、謎多きロシア音楽界が継承する数々の教えや技法を記す。音楽愛好家を驚かす書。【商品解説】

目次

  • 第一章 ロシア音楽の黎明/第二章 世界をうならせたロシア・ピアニズム / 第三章 名匠ヴィクトル・メルジャーノフ/第四章 ストレインジ・シューベルト/第五章 朗読と音楽のコラボレーション/第六章 身体が生みだす響き/第七章 響きで創造する

著者紹介

原田 英代

略歴
〈原田英代〉山口県生まれ。東京藝術大学ピアノ科、同大学院で松浦豊明氏に師事した後、渡欧。モスクワ音楽院の名匠ヴィクトル・メルジャーノフ教授の愛弟子として研鑚を積む。ドイツを拠点に活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/26 01:10

投稿元:ブクログ

少しずつ読書

・前半〜ロシア・ピアノ音楽史。(モスクワ音楽院で実際に行われている授業のようだった。)
脈々と毛細血管を経て端々にまで血液を送り込んでいくかのように世界中(西欧〜ロシア〜日本、アメリカ)に受け継がれてゆくピアニズムに、改めて伝統芸術たる所以を確認。
そしてあまりに毛細血管が端々まで広がってゆく現実にやや気後れしてしまった。


どう受け取るかは読み手の感受性に掛かっているだろうと思った。

人との出会いで人生が決まる、か。。

2014/07/11 14:34

投稿元:ブクログ

映画音楽は甘い旋律が多いよね。。。

みすず書房のPR
http://www.msz.co.jp/book/detail/07843.html

2015/02/05 07:56

投稿元:ブクログ

 リヒテルやホロヴィッツのピアノは<これが同じピアノなのか>と思うほどの艶と輝きがある。そのリヒテルと若い時にコンテストで一位を分け合ったメルジャーノフに師事した著者は叱咤激励された。
    腰から弾け!
    ファンタジーレンせよ!
    ‥‥
 ラフマニノフ、ホロヴィッツなどの巨人のピアノを想い起せば、よくは分らないながらも<なるほどな‥>と思わされる。


 

音楽読みもの ランキング

音楽読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む