サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

弱者はもう救われないのか(幻冬舎新書)
弱者はもう救われないのか(幻冬舎新書) 弱者はもう救われないのか(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/28
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98345-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)

著者 香山 リカ (著)

国による「弱者切り捨て」が進む日本社会。私たちはこのまま「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルを手放してしまうのか? 古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を探り、市場経済と...

もっと見る

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

弱者はもう救われないのか

800(税込)

弱者はもう救われないのか

ポイント :7pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国による「弱者切り捨て」が進む日本社会。私たちはこのまま「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルを手放してしまうのか? 古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を探り、市場経済と多数決を乗り越える倫理を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

香山 リカ

略歴
〈香山リカ〉1960年札幌市生まれ。東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。著書に「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」「しがみつかない生き方」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

筆者らしい

2015/10/19 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apico - この投稿者のレビュー一覧を見る

香山先生の本はこれまでたくさん読んできましたが、先生らしい問題の捉え方がされています。個人の問題と社会の問題の関係性について理解できる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/01 15:56

投稿元:ブクログ

古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を多方面から探り、
リベラルな立場から、個人の自由と 市場経済と多数決を乗り越える新しい倫理を模索するわけであるが、結局明解な結論は示せていない。
それほど難しい問題でもあるということだろう。
中でも個人的にはローズルの「格差原理」や「集団的資産」の紹介は参考になった。

2014/05/28 17:25

投稿元:ブクログ

気が滅入るタイトルです、、、

幻冬舎のPR
http://www.gentosha.jp/articles/-/2064

2014/06/13 15:51

投稿元:ブクログ

香山リカさんの実力が垣間見えたような、そんな感じ。
いつものふわっとゆるく、やさしいメッセージをくれる本とは一味違う。タイトル、目次を見ても、そんな感じは最初からしていたけど。
前半はいまの日本がどのような状況にあるのかを書いていて、後半から「他者を救う意味」というところを宗教や哲学の立場から検討していて、まさにこの後半がおもしろい。
最終的には、「ひとを救うことに理由はいらない」やって、ポップな結論ですが、これがすごく好きでした。

2014/08/28 04:21

投稿元:ブクログ

はじまりは前橋市に届いた伊達直人のランドセル。最終的には、全国で何千人もの伊達直人が現れ、恵まれない子供たちのため善行に走った。最初にランドセルを贈った伊達直人は決してお金に余裕があったわけでもない。不幸な境遇にある子供たちの力になりたいとの一心に突き動かされての行為であったという。東北大震災では車椅子の女性を助け、自身は津波に流された女学生もいた。本書では精神分析、思想、経済、様々な視点からわが身をさしおいても弱者を救済する行動について論考する。あとがきには社会的公正や恵まれない子供たちのため世界を飛び回るドゥダメル氏の言葉が引用されている。「弱い人や困っている人を救うのは自然で当然のこと。理由などない」。けだし胸いっぱいに広がる清しい名言である。

2014/08/07 19:59

投稿元:ブクログ

社会的弱者救済を実現しようとしてきた戦後日本が、世界的潮流およびグローバル化の流れの中で、弱者切り捨て、弱者の自己責任へと、舵を切ろうとしている、と著者は指摘する。
そして、内外の著作を取り上げ、弱者救済の理屈付け、理論づけを探求するが、いずれも正解といえる答えは見いだせない。
最後は、理由なんてない、と爽やかに言い切る覚悟を持てるかどうかだ、と結論付ける。
常に、社会的に弱い立場の人、努力しても報われることの叶えられない人、の心情を忖度して発言する著者の姿勢に、敬意を表したい。

2014/06/05 18:14

投稿元:ブクログ

生活保護バッシングなどに対する「反論」としては余りにも道徳主義的であり、「リベラル派の責任」などを訴えておきながらそれこそリベラル系のメディアで論じられてきた生活保護問題に関する議論(生活保護問題対策全国会議『間違いだらけの生活保護バッシング』など)をほとんど参照せず現代の日本人の心性の問題として論ずる様はまさに傲慢としか言いようがない。いい加減自分だけが現代日本人の本質とメディアが果たすべき責任を知っているという態度から脱却すべきではないか。

2016/06/09 20:37

投稿元:ブクログ

結論が人間臭くて好きだった。
自分だけが豊かになった幸せになってそこで終わりじゃいけない。
そもそも弱者強者で分けること自体良くない気がしてきた。
年齢性別年収に固定観念を持たずに、人間同士として接することが理想かな、自分の。

2014/08/18 03:28

投稿元:ブクログ

 「弱者切り捨て」のグローバリズムに席巻された新自由主義の潮流の中で、「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルは崩壊してしまうのか。

 「弱者にやさしい社会」が失われつつあることを危惧する著者が、精神科医としての実体験も交えながら「『神なしのヒューマニズム』は果たして可能か」「なぜ、弱者を救わなければならないのか」と問う。

 「大きな物語の終焉」に際して、「新しい物語」を求める社会の要請に応えられなかった自身を含む「リベラル派知識人」の不作為責任を指摘する第3章は必読。当時「わかってくれるクレバーな人にだけわかってもらえればよい」という著者が抱いた印象は、そのまま日本の教会が固持してきた姿勢にも適用できる。

 小樽で教会学校に通い、キリスト教にも親近感を覚え、教会にもたびたび足を運びながら、洗礼を受けることには抵抗を感じてきたという複雑な胸の内が読み取れる。

 著者自らが導き出した最後の結論は、実にシンプル。「弱い人や困っている人を救うのに、理由なんて何もない」。(松ちゃん)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む