サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

理系あるある(幻冬舎新書)
理系あるある(幻冬舎新書) 理系あるある(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/28
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98346-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

理系あるある (幻冬舎新書)

著者 小谷 太郎 (著)

理系の人の「あるある」な行動や習性を蒐集し、その背後の科学的論理をやさしく解説。ベッセル関数、ポアソン確率、ガウス分布、ダーク・マターなど科学の知識が身につき、謎多き理系...

もっと見る

理系あるある (幻冬舎新書)

842(税込)

理系あるある

800(税込)

理系あるある

ポイント :7pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

理系の人の「あるある」な行動や習性を蒐集し、その背後の科学的論理をやさしく解説。ベッセル関数、ポアソン確率、ガウス分布、ダーク・マターなど科学の知識が身につき、謎多き理系の人々への親しみが増す一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小谷 太郎

略歴
〈小谷太郎〉1967年東京都生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。博士(理学)。立教大学で教鞭を執るかたわら、科学のおもしろさを一般に広く伝える著作活動を展開。著書に「サイエンスジョーク」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/01 15:50

投稿元:ブクログ

文系人間には面白く読めるが、とたんに着いていけなくなるところもある。
理系人間なのに、文章のセンスに、キラリと光るものがあり、凡人文系人間は立つ瀬がない。

2016/04/01 16:40

投稿元:ブクログ

後半、天文学者ネタがおおいような。。。4ケタの数字を見ると反応するとか、素数か確認するとか、共感できるあるある多い。ただし「理系」という括りでは、広すぎるのか、一部の人は共感するんだろうなー、ってのが多くなってしまう。広すぎる括りにしないとネタが集まらないのか、キャッチ―にしたかったのか。

2016/07/10 17:11

投稿元:ブクログ

理科や数学の先生と話していると、
話題に出てくるネタがちらほら。

文系あるあるってないのかしら。
理系あるあるほど、インパクトはないか。

2016/04/01 08:43

投稿元:ブクログ

文系で理系に興味のある人には楽しく読める。
3σやドラップラー効果、慣性の法則などがより身近に感じられて勉強にもなる。

2014/08/10 18:25

投稿元:ブクログ

帯に「論文には必ず、突っ込まれるとヤバイ秘密がある」と書いてあったので、理系の研究室・研究所にありがちなマニアックなネタがあるかと思って買ったが、内容的には、特に専門家でなくても”理系”の人間であれば思い当たるような”理系”的には普通な話ばかりだった。

理系といっても幅広いので、自分的には第1章の数学あるあるの所しか実感と共感をもって読める所はなかったが、他の所も親しみを持ちながらへーと感じながらは読むことはできた。

ただ1点残念だったのが、「標本の大きさ」のことを「標本数」と書いてしまっている点。これこそまさに理系の人間が、一般の人が何とはなしに使ってしまう言葉に突っ込みを入れる箇所なので、間違えてはいけない(むしろ理系あるあるの一つの例として取り上げてもよい)所。まあ、著者の専攻の宇宙物理学ではあまり気にしないで標本数という言葉が使われているのかもしれないが…

2014/10/30 12:33

投稿元:ブクログ

理系出身なので、よくわかる部分が多い。小保方さんが登場するなど、今の理系の「あるある」がよく書かれている。「論文には必ず、突っ込まれるとヤバイ秘密がある」などと書かれていて、そういえば、自分の卒論のプログラミングも、バグがちょっと残ったままだったことを思いだした。

2014/06/12 01:07

投稿元:ブクログ

全部、ではないけど、確かにあるあるとニヤけてしまう話題がいっぱい。「車内広告の数学パズルについ熱中する」が1番のツボ。取りかかり中の気分も含めてあるある!
宇宙に行ってない日本人宇宙飛行士は2人じゃなくて3人だよ!と読みながら筆者にツッコんでしまうのも理系の性。

なにより、研究者なのにユーモア溢れる軽妙な筆致が羨ましい。
なのに、自分の専門である「天文あるある」になると、他より肩に力が入る感じに「あーこれこそ理系あるあるだなあ」と思ったり。
あと、「論文審査はドキドキ」の項は、このご時世だと突っ込まれそうなのが少し気になったかな。気分的にはあるある、なんだけどね。

2014/08/04 23:01

投稿元:ブクログ

ありがちな理系人の言動・振る舞いの数々を紹介。理系と言っても分野は多岐に亘るし,全部があてはまる人もいないのだが,何となく「ワカル」「あるよね~」とほくそ笑んでしまうネタが多い。ドップラー効果とか,「共洗い」とか,キムワイプネタとか。
一見相矛盾するようなネタも。一方で擬似科学を嫌悪するのが理系と言ったかと思えば,他方では自然農法礼賛,添加物・遺伝子組換忌避の理系もいるとする。一貫していないようだが,確かにこれは実感として現実に即している。理系といえどもいろんな宗派があるということで,実際世の中はそういうふうにできている。共通点はあっても,別に一枚岩というわけではない。
人間観察以外にも,純粋に理系心をくすぐる数学ネタ・科学ネタもところどころにちりばめられている。たとえばこんなの↓

宇宙が平らだったとして,
観測可能な範囲いっぱいに広がる円を描き,その周長を原子の大きさの精度で測る。
そうして得られる円周率は,
…たったの40桁にも満たない。
内外を正多角形で挟んで17世紀までに手計算で出せてたレベル。

4桁の数の各桁の数字を使って計算結果を10にする問題(数字の順番は変えて良い)。
全1万問のうち,
四則演算に限れば1853問,
羃乗を使ってよければ685問,
羃乗根まで使ってよければ669問の解けない問題が残るらしい。

2016/11/22 12:58

投稿元:ブクログ

あるあるかなぁ?w よくわからないってことは俺は理系ではないのかもしれない(文系でもないが)。なんだよ理系文系って!!ここで、理系?
あるあるをひとつ。
かき混ぜる行為を撹拌という奴は大体理系。

2014/06/17 20:44

投稿元:ブクログ

 理系といわれる人たちには、救急車のサイレンが通り過ぎるのを聞いてドップラー効果だと喜んだり、車のナンバープレートなり切符のナンバーを見て素数かどうか確認したり、など独特の振る舞いがあり、それを”理系あるある”として紹介した本である。
 なぜならとか、だからどうだ、という考察や蘊蓄などはないので何も考えずに読むことができる。しかし、理系の人にとってはなにも目新しいことはないし、非理系の人にとっては全く関心ないし、誰を読者と想定しているのか分からない。
 このような”あるある”をまとめたことに意味があるのかもしれないが、雑学大好きな人以外には勧めようとは思わない。ただ、ところどころに描かれているイラストはちょっといい感じである。

2015/07/20 00:18

投稿元:ブクログ

理系の人にありがちな、振る舞いを紹介。
でも「理系」と言っても色々な分野があるので、全部には「あるある!」とは思えませんでしたが、
ドップラー効果、共洗い、キムワイプ、花火
などは、共感してしまいました。

4つの数字を四則演算で、10にするというのもわかります。
子どもの頃通っていたそろばん塾で「クリプト」というカードで10にする
ゲームをやってました。
でもそのときは、括弧を使った計算は禁止でした。
なんと、べき乗、べき乗根もありだとは!
つい、車のナンバーとかでやってしまいます。

他に私の周りの化学系あるあるは
・お酒を注ぐときラベルは上向きに。
 瓶にベッタリ手をつけず、なんとはなしに手の平は瓶から離している。
・コーヒーミルクをスプーンに沿わして注ぐ
・臭いをかぐときは、鼻を近づけず、手で仰いで臭いだけ、鼻元に集める
・滞っている箇所・人のことを、つい「律速(律速段階の略)」と言ってしまうが、化学用語らしく、化学系の人に理解されない

2014/06/20 04:35

投稿元:ブクログ

自分がついやってしまう事と本書の内容、相関関係高いです(^^;; おもしろさは「理系クン」「理系の人々」「シュレディンガーの妻は元気か」などの文字版かな。

2014/12/10 16:57

投稿元:ブクログ

○科学関係の著作のある小谷氏の作品。
○「理系」の人が感じる「あるある」を、テーマごとにまとめたもの。
○確かに「あるある」のものもあるが、何となく企画倒れな印象。マニアックとかとは違う、なんだか中途半端な作品。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む