サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

墨染の桜(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790145-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

墨染の桜 (文春文庫 更紗屋おりん雛形帖)

著者 篠 綾子 (著)

五代将軍後継問題で世界が騒いでいた頃、父を亡くした京の呉服屋の一人娘おりんは、叔父を頼り、江戸へ出た。が、江戸の店はすでに閉じ、叔父夫婦と三人で長屋に暮し始めた。身に付け...

もっと見る

墨染の桜 (文春文庫 更紗屋おりん雛形帖)

648(税込)

墨染の桜 更紗屋おりん雛形帖

640 (税込)

墨染の桜 更紗屋おりん雛形帖

ポイント :5pt / 紙の本より8おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

五代将軍後継問題で世界が騒いでいた頃、父を亡くした京の呉服屋の一人娘おりんは、叔父を頼り、江戸へ出た。が、江戸の店はすでに閉じ、叔父夫婦と三人で長屋に暮し始めた。身に付けた裁縫の腕で日銭を稼ぎ、ひょんな事から、日本橋の越後屋の主と関わりを持つことになった。果しておりんは店を再興できるのか。【「BOOK」データベースの商品解説】

父を亡くした京の呉服屋の一人娘おりんは、叔父を頼り、江戸へ出た。が、江戸の店はすでに閉じ、叔父夫婦と三人で長屋に暮らし始める。身に付けた裁縫の腕で日銭を稼ぐうち、日本橋の越後屋の主と関わりを持つことになるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

ウチがもういっぺん店を取り戻す!

呉服屋の娘だったおりんは店が潰れた後、叔父を頼って江戸に出る。ふとした事で越後屋で働くことになったおりんが見たものは?【商品解説】

収録作品一覧

薄墨桜 7−85
端切れ雛 87−162
ほかほか足袋 163−223

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おりんさんの今後に期待です。

2015/04/03 20:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風戸槙 - この投稿者のレビュー一覧を見る

職場の近所の本屋さんで平積みされていたので、興味を惹かれて買ってみました。期待以上に面白かったです。
主人公に訪れる試練と、困ったときに差し伸べられる手のバランスが絶妙で、安心して読めました。決して押し付けがましくなく、主人公に足りない部分を教示してくれる越後屋さんや初音さん、先達の存在ってありがたいなと思いますし、自分もちゃんとしなくちゃいけないなと背筋が伸びる思いがします。今の時期、新しい職場で頑張ってる社会人さんにおすすめしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性らしい時代物

2016/01/17 16:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asahino232 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性の時代物、4話からの短編ものではあるが読ずきで構成されている。京から江戸に出てきたおりんは叔父にもだまされる。が長屋の人たちとの交流もうまくいき、生計が立てられるようになるが、人間関係で越後谷と確執や、初音との出会い。
最後は江戸で京の照姫に「更紗屋のりん」ですと叫ぶと、付き人の関屋とともに会うシーンが良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 14:25

投稿元:ブクログ

面白かったです。他の方も言っていますが、「みをつくし料理帖」の裁縫バージョン、という感じです。主人公は澪ちゃんではなく、おりん。五本指ソックスが履きたくなりました。〈深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け〉続きが気になります。

2015/01/28 10:27

投稿元:ブクログ

京都が舞台かと思えばすぐに江戸へ。更紗屋再建を胸におりんは江戸の町で強くたくましく成長していく。大奥へとつながるおりんの友情も興味深いが、なんとなくこの設定どこかで見たような?

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【ウチがもういっぺん店を取り戻す!】呉服屋の娘だったおりんは店が潰れた後、叔父を頼って江戸に出る。ふとした事で越後屋で働くことになったおりんが見たものは?

2016/01/14 09:12

投稿元:ブクログ

一芸に秀でた関西弁の女の子が、潰れたお店の復興の為に江戸で頑張る、周りには良き隣人達と恋愛に発展しそうなお侍さん、美人の友達

・・・どうもみをつくし料理帖とかぶってしまうけど、それだけお約束って事で、故に読みやすくはあるかな