サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

野望の憑依者
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/09
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863822-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

野望の憑依者

著者 伊東 潤 (著)

悪に生き、悪に死す―婆娑羅者・高師直、降臨。動乱の南北朝時代。悪は正義を凌駕し、抗争が抗争を生む。野望に生きる者たちが戦いの果てに見たもの。【「BOOK」データベースの商...

もっと見る

野望の憑依者

1,782(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

野望の憑依者

1,426(税込)

野望の憑依者

ポイント :13pt / 紙の本より356おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪に生き、悪に死す―婆娑羅者・高師直、降臨。動乱の南北朝時代。悪は正義を凌駕し、抗争が抗争を生む。野望に生きる者たちが戦いの果てに見たもの。【「BOOK」データベースの商品解説】

動乱の南北朝時代。悪は正義を凌駕し、抗争が抗争を生む。野望に生きる者たちが戦いの果てに見たものは? 足利尊氏を支えたNO.2、高師直の知られざる素顔を描く。『読楽』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

時は鎌倉時代末期。足利家の家宰・高師直は、幕府より後醍醐帝追討の命を受け上洛の途に就く。しかし師直は思う。「これは主人である尊氏に天下を取らせる好機だ」。帝方に寝返った足利軍の活躍により、鎌倉幕府は崩壊。建武の新政を開始した後醍醐帝だったが、次第に尊氏の存在に危機感を覚え、追討せよとの命を下す。だが師直はすでにその先に野望の火を灯していた。婆娑羅者・高師直の苛烈な生き様を伊東潤が描いた南北朝ピカレスク、開演!【商品解説】

著者紹介

伊東 潤

略歴
〈伊東潤〉1960年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業を経て文筆業。「義烈千秋天狗党西へ」で歴史時代作家クラブ賞作品賞、「巨鯨の海」で山田風太郎賞を受賞。他の著書に「天地雷動」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

下克上なるか・・・

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

一番ややこしい時代のお話なのですが、足利尊氏の、え?こんなにダメダメな感じだったの?という意外な人物像が、読破を容易にします。主役は足利家家宰の高師直。ダメな主君を下克上できるのか?!この室町幕府以降、武士の在り方が少しずつ変わっていく、その黎明の物語。

ジュンク堂書店三宮店

不名誉な記録に隠された真実

ジュンク堂書店三宮店さん

 1998年、6月。日本中がサッカーW杯に初出場したことに注目が集まっている間、プロ野球では球史に残る不名誉な記録が更新されようとしていた.
最初は事態をを楽観視していたファンや選手たちも次第に見えないトンネルをもがきながら進んでいくかのように・・・
 この本では一試合一試合を丹念に記し、当事者たちにインタビューすることで今も破られずにいる18連敗がどうして起こったのかを立体的に究明しようとしているのが感じられて、最後まで一気に読んでしまいます。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/10 11:21

投稿元:ブクログ

「高師直」降臨。
北方太平記(佐々木道誉、赤松円心、北畠顕家、楠正成)と合わせて読みたいですね。
太平記ものに外れなしです。
尊氏が馬鹿に見えるようにしたんだろうけど、それはどうかな?

2015/05/09 16:45

投稿元:ブクログ

高師直。足利尊氏の右腕として、主に軍事面で活躍するが、尊氏の弟直義と対立し、斬首される。

鎌倉時代と室町時代の間で、世間一般ではなじみの薄い南北朝時代。2人の天皇が並び立ち、その間を多くの武士たちが裏切りを繰り返す、ややこしい時代だ。しかし、著者は高師直のみにスポットライトを当てて、南北朝時代をシンプルに描くことに成功している。

小説の冒頭で師直が命乞いをする盗賊を斬る場面が見事なツカミ。生きることとは野心を持つこと、という師直の強烈なキャラクターが明示される。

そこからは、師直の軍師才能全開。鬱病っぽい尊氏を操縦し、頑固な直義と妥協し合い、敵対する楠木父子や新田義貞らを倒す。時々、女もつまみ食い。こうして、師直は尊氏を武家社会のトップへおし上げることに邁進する。師直に見えるのは力だけ、天皇や公家も役に立たなければただの人だ。

高師直はピンチをチャンスに変える野心の男だ。そして、彼が野心を失うことは、彼の破滅を意味する。

2014/07/14 23:03

投稿元:ブクログ

伊東さんが高師直を書く!ということでとても楽しみにしていた本。
面白かった。
尊氏がはじめから嫡子ではない(兄高義が嫡子で、早世)こと、それにより高氏と上杉氏の対立が深まっているとか、師直が直義にも嫌悪を抱くひとつの理由になるとか、ひとつひとつの歴史的事実がぴたっとハマったように感じて、とても納得のいく前半の叙述だった。
楠木正成との相いれなさは面白かった。
いわゆる、源氏の正嫡で、新しい幕府を開いた!というような華々しいイメージの尊氏ではなく、
躁鬱だったらしい?という研究も踏まえて、尊氏の堂々としてなさ、ずるさ、みたいなのが出ていて面白い。

2014/08/03 19:20

投稿元:ブクログ

南北朝の婆娑羅者、高師直の物語である。
足利家の家宰として、鎌倉幕府滅亡から室町幕府の立ち上げにかけて辣腕を振るうも、足利政権内の勢力争いで無残な死を遂げる太平記の名脇役。
同じ婆娑羅者でも終始飄々として『陽』のイメージが強い佐々木道誉に対して、高師直は殺伐とした『不』と鬱々とした『陰』のイメージが付きまとう。
そういう意味では、決してヒーロータイプではないが、本作では気鬱の病の尊氏を時には叱咤し、時には宥め賺して足利氏の家宰として、氏の行く末を尊氏に託せざるを得ない境遇に迷いを持たずに突き進む、一途な人間臭さも所々に見受けられる。

しかし、この時代の戦いは後の戦国時代の緻密な組織戦と違って、勝った負けたの展開が激しすぎる。こういうシーソーゲームの状況が太平記をスペクタクルに思わせるところかもしれない。

2014/12/31 09:11

投稿元:ブクログ

鎌倉末期から室町まで、学校で習ってもあまり記憶にない時代。
自ら表に立って野望に燃える者と、それをあくまで陰から、後ろから支え、実際に動かしていく者と。歴史はいつもそうやって動かされていくのだろうね。
この時代、本当はすごく面白いんだと思うんだけどあまり人気がないのはなんでだろう。

2015/05/29 09:56

投稿元:ブクログ

南北朝時代や『太平記』の内容を知らなくても楽しめる。この時代の武士は、戦国期の武士とは異なっていて予測がつかない。動員される兵の数も、現地調達というか自然発生的というか、状況次第でどちらにも転ぶ日和見ばかりで計算が立たないし、京に攻め込み敵を蹴散らしたのにそこを死守せず兵を退いてしまうのも不思議。何より面白いのが、足利尊氏の極端な躁鬱ぶりで、傍らにいる高師直が何度も「もうダメだ」と天を仰ぐほど。頭を抱えた殿をなだめすかして叱咤するのだが一向ダメで、諦めかけたとき「おのれー」と立ち上がる様は腹がよじれる。

2016/09/06 21:53

投稿元:ブクログ

高師直主人公の歴史小説。足利尊氏を支えつつ、陰で操ろうとする野望の人として描かれているが最後の最後で非情になりきれず転落していく様子を描く。主人公が陰で権力を握って、政敵を滅ぼしてやる(結構、ひどいやり方で)っていう展開で、且つ微妙に人間的に魅力に乏しいように描かれているので、主人公に思い入れを持ちにくくはあったが、この時代の混乱の様子は非常にまとまって描かれていたように思う。これを読んで高師直、いいなあと思うかどうかはまた別の話で・・・。

2014/08/15 22:04

投稿元:ブクログ

高師直の果てない野心の行く末。淡々と状況が推移していく場面もあるが、太平記の時代の流れが把握できて面白かった。