サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境
  4. 植物学・森林
  5. 化学同人
  6. 変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/07
  • 出版社: 化学同人
  • サイズ:19×19cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7598-1573-3
  • 国内送料無料

紙の本

変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界

著者 仁田坂 英二 (著)

江戸時代の人々によってつくり出された変化朝顔。普通の朝顔と見た目がどのように違うのか、どんな種類があるのか、どのようにして生まれたのかなどを説明し、さまざまな姿の変化朝顔...

もっと見る

変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸時代の人々によってつくり出された変化朝顔。普通の朝顔と見た目がどのように違うのか、どんな種類があるのか、どのようにして生まれたのかなどを説明し、さまざまな姿の変化朝顔を写真で紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

牡丹のように重なった花びら、針のように尖った葉、帯のように太ったつる……。「えっ、これが朝顔なの!?」と驚くこと請け合い。そんな変化朝顔の貴重な写真を集めた本が誕生。変化朝顔とは、遺伝子の変異によって、さまざまな色や形に変化した花や葉が生じるアサガオです。遺伝法則はおろか受粉のしくみさえ知らなかった江戸時代の人々によってつくりだされ、幾多の絶種の危機を乗り越えて現代に受け継がれています。世界的に見てもこれほどまでに変化を遂げた園芸植物はほかになく、生きた文化遺産ともいえます。本書では、そうした変化朝顔の歴史や、遺伝のしくみ・栽培手法なども解説しています。朝顔をめぐるドラマや科学にも触れながら、珠玉の朝顔たちの姿を楽しんでください。

★★読者の方に先着で「変化朝顔の種子」をプレゼント!(詳しくは本の帯をご覧下さい)★★
【商品解説】

目次

  • ■第一部 入門編■ さまざまに変化した朝顔 
  • 変化朝顔の名前の付け方
  • 基本形(野生型)と部分の名称
  • さまざなな変異(1.葉の色と模様 2.葉質 3.葉の形 4.つるの性質 5.花の色 6.花の模様 7.花筒の色 8.花弁の形 9.花形 10.花弁の重ね 11.花の大きさ)
  • 変異の一覧と本書で用いるアイコン
  • 〔コラム〕子葉の形
  • ■第二部 写真集編■ 珠玉の変化朝顔たち
  • 獅子咲牡丹
  • 車咲牡丹

著者紹介

仁田坂 英二

略歴
〈仁田坂英二〉1962年大分県生まれ。九州大学大学院医学系大学院分子生命科学博士課程修了。同大学大学院理学研究院生物科学部門講師、文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト「アサガオ」代表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

スパルタ育成中

ジュンク堂書店新潟店さん

はいあがってきた朝顔はそのガッツを認めて水を与えようじゃないかーという、実際は超ズボラな育て方を続けてもう10年を超えました。最初は葉に「ふ」が入った美しさを見せていたのに年々変化し、今は「ふ」も葉の形も花の色も面白みや意外性みたいなものがすっかり抜け落ちつまらん朝顔になってしまった(自分が悪いのになんてヒドイ言い草)。なので、日々朝顔と向き合い、こんなに面白い品種を生み出した江戸の人々の探究心や情熱には脱帽するしかないのであります。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/01 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/07 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/28 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/30 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/01 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

植物・森林・樹木 ランキング

植物・森林・樹木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む