サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星のアリスさま
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/24
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05802-7
  • 国内送料無料

紙の本

星のアリスさま

著者 嶽本 野ばら (著)

継母にいじめられ、故郷を追われたアリスがたどり着いたのは、四畳半風呂なしの小さな小さな星でした。野ばら版『星の王子さま』。【「BOOK」データベースの商品解説】継母にいじ...

もっと見る

星のアリスさま

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

継母にいじめられ、故郷を追われたアリスがたどり着いたのは、四畳半風呂なしの小さな小さな星でした。野ばら版『星の王子さま』。【「BOOK」データベースの商品解説】

継母にいじめられ、故郷を追われたアリスがたどり着いたのは、四畳半風呂なしの小さな星でした…。口ずさむは革命の唄。乙女のロマンと熱き魂をロケットに乗せてパスティーシュの宇宙を飛翔する、野ばら版「星の王子さま」。【「TRC MARC」の商品解説】

継母にいじめられ、故郷を追われたアリスがたどり着いたのは、四畳半風呂なしの小さな小さな星でした――
『星の王子さま』や『不思議の国のアリス』を彷彿とさせる、童話風のメッセージやナンセンス、詩的文学的引用をちりばめた、嶽本野ばら書き下ろし新作小説。装丁:ミルキィ・イソベ 装画:今井キラ【商品解説】

著者紹介

嶽本 野ばら

略歴
〈嶽本野ばら〉京都府生まれ。1998年初のエッセイ集「それいぬ」でデビュー。他の著書に「エミリー」「下妻物語」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/07 00:03

投稿元:ブクログ

いろいろパロディな感じ。
筆者の伝えたいことがあらゆる箇所に散りばめられていた。当たり前の、今更なこともあったような気がするけれど、こうして文字にしてたくさん表現されるとまた重く受け止められるかもしれない。
頷くところはたくさんあったけれど、ストーリーとしては別に。。。

2014/08/03 10:22

投稿元:ブクログ

装丁がとても可愛い。
不思議の国のアリスと星の王子様のミックスパロディ。
下ネタもあり。
面白かったけど心に響くものは無かった。

2014/07/16 16:02

投稿元:ブクログ

継母にいじめられ、故郷を追われたアリスがたどり着いたのは、四畳半風呂なしの小さな小さな星でした――
『星の王子さま』や『不思議の国のアリス』を彷彿とさせる、童話風のメッセージやナンセンス、詩的文学的引用をちりばめた、嶽本野ばら書き下ろし新作小説。
装丁:ミルキィ・イソベ 装画:今井キラ

2014/11/06 16:58

投稿元:ブクログ

星の王子様と不思議の国のアリスの融合、というか作中にもあるように、様々な作品が融合している中、人のあり方については嶽本野ばら先生の作品らしく表現されていました。設定はファンタジーなのに、お話は結構現実的、そのギャップも面白かったです。

2015/10/18 22:53

投稿元:ブクログ

色々なお話が組み合わさっていた。
設定や表紙とは裏腹に内容は結構ディープで現実的だった。
頷きながら、考えながら読めて面白かった。
けどストーリー的には少し物足りないかなぁ…もう少しひねりというかなんというか…、分厚い割にはあっさりしてるなって思った。それも味なんだろうか…?

僕はゴスケさんと同じ趣味で絵を描いてるから凄くゴスケさんの言葉一つ一つに共感出来た。思ってたことを代わりに言ってくれたようなそんな感じ。
いろいろと思ったけど、王子様とゴスケさんはいい人だ