サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヘッセ詩集 改版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-200119-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヘッセ詩集 改版 (新潮文庫)

著者 ヘッセ (著),高橋 健二 (訳)

ひたすら詩人になりたいと願い、苦難の道のりをひとり歩み続けたドイツ最大の抒情詩人ヘッセ。仮借ない自己探求の賜物である淡々とし飄々とした風格は、われわれ日本人の心に深く共鳴...

もっと見る

ヘッセ詩集 改版 (新潮文庫)

464(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ヘッセ詩集(新潮文庫)

518(税込)

ヘッセ詩集(新潮文庫)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ひたすら詩人になりたいと願い、苦難の道のりをひとり歩み続けたドイツ最大の抒情詩人ヘッセ。仮借ない自己探求の賜物である淡々とし飄々とした風格は、われわれ日本人の心に深く共鳴するものを備えている。18歳のころの処女詩集より70余歳の晩年に及ぶ彼の全詩集から、その各期にわたる代表作をすべて抜萃し、ノーベル賞に輝く彼の小説に勝るとも劣らぬヘッセの詩境を紹介する。【「BOOK」データベースの商品解説】

ひたすら詩人になりたいと願い、苦難の道のりをひとり歩み続けたドイツ最大の抒情詩人ヘッセ。18歳のころの処女詩集より70余歳の晩年に及ぶ彼の全詩集から、各期にわたる代表作を抜萃し、ヘッセの詩境を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

へたな物語に当たるくらいなら

2015/08/28 03:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短くても壮大な詩を読むことにした頃、出会った。

牧歌的な色が漂う、言葉たち。
決して上から言うのでもなく、決め付けもしない。
風景のような存在感が、感受性が鋭すぎる時には丁度良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/12 20:40

投稿元:ブクログ

ふむ。。。
しかし海外の詩ってどうなんだろね?原文じゃなきゃ全然別物になってしまってるんじゃないか?と思ってたりするんだけど。原文では韻をふむだとか、耳に心地よく書かれてたりしてるんだろうと思うんだけど、そこまでは上手く訳せないだろうなー、とゆー気がしたりして。

2013/11/02 16:55

投稿元:ブクログ

わたしは詩というのはとにかく相性だと思っていて、
そういう意味でいうと、ヘッセのものしずかに
流れる川のような詩は心に染み入った。

ただたぶんこの本の場合、訳がすごくいい仕事をしていて
翻訳されたものを読んでいるという意識がほとんどない。

寝しなに、なんとなく手に取っていたのだけれども
しおりをはさみ、しおりでは足りなくなり
付箋をとるためにたちあがり、
読んでいるうちに涙が出てきた。

図書館で借りた本だったのだけれど、買って
自分の手元におき、何度でもくりかえし読みたい。

2009/08/24 14:58

投稿元:ブクログ

初期作品(1902年)から後期まで多くの美しい作品が多い。
Weil ich dich liebe.

2010/03/15 23:07

投稿元:ブクログ

学生の頃に読んだときはさほど印象に残らなかったヘッセの詩。
改めて読むと、その奥深さに感嘆。
最近は小説しか読まないので抒情詩がなんだか新鮮です。

2012/08/26 15:36

投稿元:ブクログ

日本語に訳されています。当然ですね。
できればドイツ語の原文を読みたいものです…詩や詞はできればそうしたいな。

2010/05/08 22:13

投稿元:ブクログ

高校の時教科書で一文を知り、感動して以来ヘッセのほとんどを読んできた。
どの作品も素晴らしいが、やはりこの詩に初めて触れた時の感動を忘れることはない。

十代の瑞々しい不安を持ち続けることができた者は美しい。

2011/05/25 10:45

投稿元:ブクログ

ぴたりとくるのがいくつかあった。

でも真っ昼間に読むもんじゃないなあ。
しんみりしてしまう。
2011.5.25

2012/08/08 00:30

投稿元:ブクログ

自分へのごほうび感覚で買った。

大島へ持って行って、そこで一度読み終えた。
何度でも、黙って、または声に出して、読み続けたい。

2011/08/20 01:08

投稿元:ブクログ

 この詩集は、だいぶ前に購入していた本だが、途中まで読んで放って置いた。しかし「メルヒェン」「車輪の下」といったヘッセの著作を読んでいるうちに、この詩集を読まずには居られなくなり、改めて一から読んでみた。その感想としてはやはり、ヘッセの描く世界は美しいなという感想だろうか。いつものことながら、詩集を読むと詩を書きたくなる。そう思ってペンを執ったりもした。
 この詩集の中で「九月の哀歌」という詩があったがこの詩が何となく心に響いたように感じる。そしてこれからも、どんどんヘッセの著作を読んでいこうと思う。

2012/04/26 06:34

投稿元:ブクログ

ワシは「詩」が苦手です。「小説」が好きで、いわんや「言葉」が好きなのに、なぜか「詩」は苦手。理由は掘り下げればいろいろ出てくるのですが、端的に言うと「受け取れている気がしない」。

詩って、俳句や短歌に次いで、極限まで言葉を削いだ状態ですから、言葉そのものに共感できないと、なかなか入り込めないんですよね。そしてワシはその辺りの感性が鈍いのでしょう、感覚的な言葉紡ぎは結構難しい。

それでも、まだこのヘッセの詩集は読めました。まぁ和訳の妙もあるのでしょうけど、まだ「分かる」という感覚で読める作が半分くらいはあった。それが多いか少ないかは分かりませんが。そんな中、特に感じ入ったことが二つ。

一つは、創作家は満ち足りてはいけない、幸せになってはいけない、そんな気がしたこと。というのも、この静かな詩人の叫びは、渇望から生み出されているに違いない……そう感じたんですよね。満ちた瞬間、言葉がこぼれ落ちてくることはなくなるんじゃないか、この言葉紡ぎを見ていると半ば本気でそう思います。

二つ目は、詩は分からないワシなりに心に響いたものをメモっていったら、その半分が晩年寄りのもので、著者が実感としての「死」を意識し始めたのではないか、と思われるような、「生への渇望&諦観」が書かれたものが多かった気がしたこと。これも、言葉を削ぎ落していく詩作という作業は、人生の無駄を削ぎ落していくことにも似ているのかな、と、そんなことを感じました。

や、そもそも「詩集」のレビューって難しいですね。小説で言えば、無数の短編集みたいなものですから、なかなか全体を通じてこう、と言いづらい。

ただ、これもレビューとは言えませんが、ひとつ自覚して驚いたこと。子供は好きだけど自分の子供はいらないと吹聴するワシが、一瞬だけど、子孫がいた方が良いかも、と思わさせられてしまったこと。普段からゼロの結婚願望が沸き起こることはなかったとはいえ、意外な心の移り変わりを感じた読書だったのは確か。

純粋すぎる言葉の応酬は、思わぬ心への効果をもたらすものかもしれませんね。

2012/07/30 22:48

投稿元:ブクログ

http://ameblo.jp/sweet--ballet/theme-10057826911.html

2016/12/31 18:42

投稿元:ブクログ

小説よりも自由で、ヘッセという人物の文体が限り無く課されていると思う。詩人になりたくてしょうがない、詩を書くより他ないと知った少年の心根が最初から最後までにじみ出ている。
永遠の旅人。とどまることのできない時の中で、失われていった青春への憧れとのはざまを漂いながら今を過ごしていく。どこまでいっても今を生きていたから、時間の経過で詩人として成長していく様というよりかは、はじめから、ずっと一貫して流れていく様を見つめているといった感じ。何にもなじめず、どこにも安らぎを見いだせず、そんな自分を抱きしめるより他ない、やせっぽちの少年。
小説では、じっくり考えて構成して、ひとつの表現を獲得していくのに対して、ヘッセにとっての詩は、とめどなく流れていく心の動きそのもの、そんな気がしてならない。
失われたはずなのに、どうして懐かしさだけがこうして胸を刺すのか。戻れないと知りながら、求めずにはいられない。その微妙な人間のやりきれなさ、機微をとらえる力こそ、ヘッセがヘッセたる所以であると思う。迷いながらも歩き続ける、どこかで耳をふさいでしまいがちな、そんなことば紡ぎ直す、詩人の力が生きている。
いつか、彼とともに歩んだドイツ語でじかに感じてみたい。

2013/01/03 19:46

投稿元:ブクログ

詩人になれなければ、なにものにもなりたくないと言ったとされるヘッセの詩集。
穏やかな心持ちで人生というものを見つめる1人の人間の心が見えてくる作品集。

2014/10/04 23:17

投稿元:ブクログ

あまり体調が良くなかった。テレビやスマホを見るのもつらく、音楽を聴く気にもならず、かと言ってただ寝ているのも暇を持て余す。読書でも、と思ったがビジネス書に有りがちな「ああせよ、こうせよ」という文言を見るのも厭わしく、詩集に手を伸ばした。
憂鬱、空虚、孤独、諦め、死。日常生活で避けられがちな言葉をふんだんに使いながら、詩には淡々とした優しい響きがあって、粥のように体に沁みた。ありがとう、ヘッセ。一番のお気に入りは「私は、太陽や海や風のように白いもの、定めないものが好きだ」が印象的な「白い雲」。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る