サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語
レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語 レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/29
  • 出版社: エイアンドエフ
  • サイズ:20cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-9907065-1-7
  • 国内送料無料

紙の本

レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語

著者 ゲーリー・エリクソン (著),ルイス・ロレンツェン (共著),谷 克二 (訳)

サイクリングとクライミングとジャズを愛する1人の爽やかな青年が、失敗も包みかくさず述べながら、エネルギー・バー(栄養補給食品)で全米No.1起業家となるまでの半生を描く。...

もっと見る

レイジング・ザ・バー 妥協しない物つくりの成功物語

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サイクリングとクライミングとジャズを愛する1人の爽やかな青年が、失敗も包みかくさず述べながら、エネルギー・バー(栄養補給食品)で全米No.1起業家となるまでの半生を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/20 12:23

投稿元:ブクログ

物語ではなくて、経営指南書であり啓発書。ストーリーが語られるのは前半のみで(買収騒動と著者生い立ちが中心)、後半からはクリフ社の経営哲学が熱く語られている。もっと情緒的な展開をするのかな、と思ったけど会社経営の現実はやっぱり厳しいんだろうな。

モノづくりへの真摯な姿勢を守り、広告が勝ちすぎる虚飾マーケティングを否定しながら、それを実践しているのは本当にすごい。質のよさと哲学が受け入れられれば、ちゃんと草の根から商品は売れていくのですね。

最終章で、チームワークをジャズセッションに例えていたのは印象的だった。

「偉大な会社はジャズ。先行する「音」に注意深く耳を傾けながら創り上げられる(p.373)」

「クリフ社の【核】はジャズ。それは美しいもの。製品そして人々を創出する、自由な即興演奏(p.388)」

食品メーカーの経営本に触れて、マイルスを聴きたくなったり、デレク・ベイリーの評論(http://www.amazon.co.jp/dp/4875024541)が読みたくなるのも珍しいのでは。

2015/03/16 07:03

投稿元:ブクログ

翻訳がわかりづらい。という感想が真っ先にくる。
>弁護士は【買い手の】X社と【成約のために】週末返上で興奮しながら働いていた。
のように訳者のつけ足した部分は全て【】で囲まれている。
また、「ネスレ」を「ネッスル社」、「ダノン」を「グループ・ダノーン」のような通常認知されている表記もしない。当然引用されている書籍名も「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則」ではなく「良きものから偉大なものへ」のように勝手に訳したタイトルをつけている。ビジネスに興味がない人が書いたんだな、と思ったらサイクリングの荷物(バックパックに詰めるもの)として「Boxers(ボクサーパンツ)」を「複数の箱」、「Sunscreen(日焼け止め)」を「日よけ幕」と書いたりしててもうわけわからん。

あ、内容はいい話でした。1億2000万ドルのオファーを断るところから話が始まるビジネス書。アウトドア好き、オーガニック好きの人は是非。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む