サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 旅行・地図
  4. 世界文化遺産富岡製糸場と明治のニッポン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

世界文化遺産富岡製糸場と明治のニッポン
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/18
  • 出版社: WAVE出版
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87290-694-3
  • 国内送料無料

紙の本

世界文化遺産富岡製糸場と明治のニッポン

著者 熊谷 充晃 (著)

日本のグローバリゼーションの先駆、富岡製糸場の全貌とは? 高品質な「ジャパニーズ・シルク」を生み出した日本の養蚕・製糸技術。「小さくても強い、技術大国ニッポン」を作り上げ...

もっと見る

世界文化遺産富岡製糸場と明治のニッポン

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本のグローバリゼーションの先駆、富岡製糸場の全貌とは? 高品質な「ジャパニーズ・シルク」を生み出した日本の養蚕・製糸技術。「小さくても強い、技術大国ニッポン」を作り上げた明治の人々の素顔に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

熊谷 充晃

略歴
〈熊谷充晃〉1970年神奈川県生まれ。週刊誌専属記者などを経て、フリーライター。企業や団体の公式サイトでの執筆も担当。著書に「黒田官兵衛と軍師たちの「意外」な真実」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地味な世界遺産、富岡製糸場とその周辺を解説

2016/06/12 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

富岡製糸場の世界文化遺産認定に合わせて出版された
タイムリーな一冊。そのためか、第4章・第5章は富岡
製糸場とは直接関係ない「明治時代あるある」が列挙
されています。
しかしこれが却って面白く、富岡製糸場創業の背景と
時代の雰囲気が伺えました。
第2章のMAPと写真図版入りで観光ガイドとしても
重宝する思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/02 17:35

投稿元:ブクログ

写真が豊富、記述もさっぱりしてわかりやすい。
世界遺産に指定された富岡製糸場のガイドブック。序盤は統幕があって明治維新があって殖産興業がどうたら、という教科書的な概説がありますが、製糸場や当時の生活については明快に書かれてある。

『女工哀史』から工女=過酷な出稼ぎに出された貧しい娘というイメージがあったのだけど、官営工場であったためか、手取りもよく有給休暇もあり、ゆったり働いていたらしい。規則は厳しいが子女の躾にはよかった。

明治の産業界のリーダーになったのは、意外にも朝敵だった旧幕臣たち。当時の大学は旧帝大で全国に五つしかなく、私大はそもそも専門学校。バイリンガルでの授業が必死で、今とは比べ物にならないほど学生のレベルが高かった。

国民一丸となって国を強くしていこうという気概が感じられる。

2014/08/17 17:15

投稿元:ブクログ

「ズームアップ。ズームバック。富岡製糸場から明治を見てみよう! 」

近代国家の仲間入りを目指した明治日本が、その殖産興業の旗印として建設した製糸の官営模範工場・富岡製糸場。今年めでたく世界遺産の登録を果たしたこの製糸場を切り口として、明治という時代の日本の素顔をあきらかにする。

 日本の近代国家の幕開けとなったのはペリーの黒船来航でしたが、その上陸地三浦半島久里浜には「ペリー上陸記念碑」が建てられています。揮毫は伊藤博文でよくよく見ると碑文には「記」念碑ではなく「紀」念碑と刻まれています。

 糸へんの「紀」が使われた理由について、製糸業が日本の近代国家への原動力となったという意味でこれは糸へこめたオマージュであるとのまことしやかな話を聞いたことがあります。明治日本の近代化はその多くを外国からのシステムや技術の輸入に頼っていました。当時良質な生糸は日本の花形輸出品であり、極端な話、これらによって外貨を稼ぐことなくしては、鉄道もレンガもガス灯も実現しなかったかもしれません。

 国の命運を賭けて、フランスから技師を招き莫大な官費と当時の先端技術を以って明治政府が富岡に建設したこの製糸場には、そうした当時の日本の意気込みがあったのでした。ましてやこの製糸場が昭和62年まで現役操業していたという事実には、その明治日本の意気込みが確かに存在していたのだということを身近に感じて、改めて驚嘆せずにはいられません。

 本書は著者が前書きで述べているように、通りいっぺんの富岡製糸場の観光ガイドではなく、まずは幕末から富岡製糸場建設に至るまでを俯瞰し、その歴史的背景を知ることが出来るようになっており、次にズームアップして「富岡製糸場と絹産業遺産群」とは実際どのようなものかを写真や地図を用いて解説しています。さらにそこからズームバック、もう一度視点を引いて果たしてそういう富岡製糸場を生んだ明治とはどのような時代であったかを経済や世相、風俗に関する雑学を交えながら中学生でも読みこなせるつくりになっています。

 ちなみに富岡製糸場のあまりのハイテクさに当時の人々の感覚からすると妖術を使っているとしか理解できず「工場の機械は、集められた工女の生き血で動いている」という噂が広がり当初は工女が集まらなかったそうな。電信を「悪魔の所業」だとして電線を切っちゃったり、マッチの火をお化けのヒトダマと勘違いして気絶したり、いやはや文明開化は前途多難。明治の人たちのトンデモぶりに萌えます。