サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

臆病な支配者

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/01
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-9533-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

臆病な支配者 (ソーニャ文庫)

著者 宇奈月 香 (著),花岡 美莉 (イラスト)

「私を覚えていますか」かつての恋人セルジュの言葉にリディアは歓喜した。子爵令嬢と庭師。身分違いの許されざる恋に、二人は五年前、駆け落ちを決意した。だがその途中、海難事故に...

もっと見る

臆病な支配者 (ソーニャ文庫)

670(税込)

臆病な支配者

562(税込)

臆病な支配者

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私を覚えていますか」かつての恋人セルジュの言葉にリディアは歓喜した。子爵令嬢と庭師。身分違いの許されざる恋に、二人は五年前、駆け落ちを決意した。だがその途中、海難事故に遭い、彼はリディアとの記憶を失ってしまう。最愛の人に突き放され、逃げるように彼のもとを去ったリディア。…私を思い出してくれたの?再会の喜びのまま情熱的に結ばれる二人。しかしそれは、実業家となったセルジュがある復讐のために仕掛けた罠だった!?【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

後半は御都合主義かな

2015/02/19 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mee63 - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定は面白いと思いましたがあまり意外性がなく同じ宇奈月香さんの『断罪の微笑』ほどの奥行きはないです。
前半は記憶をなくして誤った情報と本能的な執着からヒロインを貶めるセルジュですが記憶が戻ってからはなんだかハンサムなだけの優男のイメージになってしまい、話も先が気になるほどではなくなりました。
後半は惰性で読んだ感じで段々と面白くなくなっていってそのまま結末へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/05 21:20

投稿元:ブクログ

うーん・・・ヒーローは嫌いじゃないんだけど、ちょっとヒロインが独善的に感じて、あんまり・・・いくらなんでも、自分だけで完結しすぎじゃないか?ソーニャ文庫の一作目のやつは結構好きだったから、残念。

2014/09/01 13:54

投稿元:ブクログ

この方の作品は結構切なくなるようなものが多いのですけど、今回も切なくなりました。

駆け落ちの途中で海難事故に遭い、恋人セルジュと離れ離れになったリディア。自身も大けがをして、やっとキズも癒えて、再会したセルジュは記憶喪失に。で、お約束のようにセルジュの隣には彼を助けて看病をしていた令嬢のシャルロットが。

性悪シャルロットの言葉に騙されて、リディアを拒絶したセルジュですが、5年もいたらシャルロットの性悪部分が見えてきててもいいと思うのですけど、何もかもシャルロットの掌の上で泳がされてます。元々庭師で、心の中でリディアに釣り合う地位と名誉が欲しかったというのは分かるのですけど、もうちょっと裏を取るなりして欲しかったかなぁって思いました。

リディアも5年後に突然再会した恋人に我を忘れたのは分かるのですけど、ちょっとはしたない・・・。と思ったら、国元にいたときにすでにSEXはしていたみたいですね。だったら、あれもありなのかなぁ、なんて。

みんなちょっとずつ歪んでいて、でも最後は嫌な感じでは終わらなかったので、よかったと思います。

2014/12/09 17:53

投稿元:ブクログ

切ないお話で全体的には良かったけれど、ヒーローが他人の言葉を鵜呑みにしすぎ。後ろ盾があったとはいえ、努力して成り上がったという設定な分違和感がありました。
再会した途端に体の関係ができるのも、あれ?ヒロイン(元)貴族令嬢だよね?! と。
ヒロインの恩人が超いい人!!

2014/09/06 02:34

投稿元:ブクログ

ヒーローの勘違いでヒロインが酷い事される系。
誤解が解けた後のヒーローのグルグル思考が楽しい。
健気で頑張り屋さんなお嬢様ヒロインもかわいい。

2016/01/31 02:41

投稿元:ブクログ

こういうロマンス系の小説郡をあまり読まないので手にとってみた一作。
メロドラマにおけるベタを楽しむものなんだろうけど、だめだ、私には。おそらく向いてない。笑
「泥棒猫」なんて単語、久々に見てびっくりしちゃったよ。笑
「いや、それはないだろ」って頭の中で突っ込んで読んじゃうので純粋に作品世界を楽しめない。そしてメイン二人のすれ違いにつぐすれ違いにイライラする!笑
でも作者の方の筆力は感じた。
(2016.1.30)