サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方
2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方 2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863821-4
  • 国内送料無料

紙の本

2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方

著者 中丸 友一郎 (著)

増税と日銀の追加緩和で制御不能となる日本経済。外国人投資家は逃げ出し、金融は大混乱となる! 日経平均が暴落し、円が急落する日を、客観的な論理、尺度およびデータにもとづき、...

もっと見る

2015年「日本売り」大暴落が始まる! 通貨・株・金・不動産の行方

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

増税と日銀の追加緩和で制御不能となる日本経済。外国人投資家は逃げ出し、金融は大混乱となる! 日経平均が暴落し、円が急落する日を、客観的な論理、尺度およびデータにもとづき、大胆に予測する。【「TRC MARC」の商品解説】

アベノミスクの限界が見えはじめ、株価の下落が起こりつつある。まもなく消費税増税のマイナス効果が出始め、それをカバーするために日銀の大胆な金融緩和が行われるが、市場の2回の下げから一気に日本経済は暴落への道を進む! 日本と世界経済の今後のシナリオと投資の潮目を完全指南。【商品解説】

著者紹介

中丸 友一郎

略歴
〈中丸友一郎〉ジョージ・ワシントン大学大学院博士課程修了。マクロ・インベストメント・リサーチ代表。著書に「ドル暴落後はこの外貨で儲けなさい」「円安恐慌がやってくる!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/11 01:20

投稿元:ブクログ

この著者の本を今回初めて読みました。
私は他の著者による同様の本も結構読んでいますが、この本は他の著者と比較すると、経済学の専門的なことをある程度分かっている前提で書かれており、読むのに時間がかかってしまいました。その分、説得力があり、全体的に納得できましたが、一部、どうしても論理が飛躍していると思う部分もありました。
しかし、例えば「日本の財政は破綻するのかしないのか」という点ひとつにしても、著者によって主張やその論拠が大きくことなります。何が正しいのかは、自分なりに理解し解釈するしかないと思っています。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む