サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 覆面竜女 5 巫女は陥る、五卿の罠

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

覆面竜女 5 巫女は陥る、五卿の罠(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/07/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/268p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601817-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

覆面竜女 5 巫女は陥る、五卿の罠 (コバルト文庫)

著者 藍川 竜樹 (著)

ついに始まった竜女選考。蓉華は蒼翔と離れ、蝶麗、侍女となった愛鈴と共に斉氏の牙城である竜府に足を踏み入れる。斉氏一派の嫌がらせを受けつつも、めげずに選考試験に臨む蓉華たち...

もっと見る

覆面竜女 5 巫女は陥る、五卿の罠 (コバルト文庫)

616(税込)

覆面竜女5 巫女は陥る、五卿の罠

486(税込)

覆面竜女5 巫女は陥る、五卿の罠

ポイント :4pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「覆面竜女 5 巫女は陥る、五卿の罠」が含まれるセット商品

覆面竜女 (コバルト文庫) 7巻セット(コバルト文庫)

覆面竜女 (コバルト文庫) 7巻セット

商品説明

ついに始まった竜女選考。蓉華は蒼翔と離れ、蝶麗、侍女となった愛鈴と共に斉氏の牙城である竜府に足を踏み入れる。斉氏一派の嫌がらせを受けつつも、めげずに選考試験に臨む蓉華たちだけど、竜娘の菁杷が現竜女を殺害しようとした罪で竜府の獄に囚われていると聞かされて!?それが斉氏配下の五卿の罠だと気づいた蒼翔と竜府内外で協力し合い、蓉華は菁杷を救い出そうとするけれど…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

斉氏一派の嫌がらせを受けつつも、めげずに竜女選考の試験に臨む蓉華たち。だが、竜娘の菁杷が現竜女を殺害しようとした罪で囚われていると聞かされ、それが斉氏配下の五卿の罠と気づき…。【「TRC MARC」の商品解説】

竜女選考審査のため、蒼翔と離れ竜府に赴いた蓉華と蝶麗。斉氏派が幅を利かせ険悪な雰囲気の中、蓉華は竜魂薬の謎に迫る情報を追う。だが、斉氏派の有力貴族「五卿」が罠を仕掛けてきた。蓉華の運命は…!?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/09 21:09

投稿元:ブクログ

そして始まった選考に、別れ別れとなった2人。

とはいえ、内と外で何かしらやってますし
別れて会うまでは半分ぐらい。
そして嫉妬丸出し(笑)

全体的にシリアス一直線。
最初の頃のあのどうするの…という空気はなく
どうする、どうなる? ばかり。
とはいえ、要所要所に笑い部分があるので
ふっと笑ってしまいますが。

ライバルとなる彼女と、その後継人。
彼女はともかく、後継人は手ごわそうです。
しかも最後は何だか意味深に続く、になってますし。
本当に、きっちり出てくる黒幕は
どういう存在なのでしょうか?

2014/10/05 13:42

投稿元:ブクログ

晴れて一品合格となり竜女選考を受ける蓉華。
いよいよ蒼翔と離れ舞台は竜府へ。
陰謀が待ち受ける竜府で何がおきるのか?
斉氏一派を震え上がらせる存在とは何ものなのか?
ギャグをぶっこみつつ、きな臭く、血なまぐさい空気プンプンです。このテンションの高低差に、意識が遠くなりながらも、萌えキュンポイントで回復であります!

前巻の池ポチャで榎洛に借りた外套を、蒼翔が発見!嫉妬で真っ黒でございます。苦しむ男の姿絵P103はご馳走さまです
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3986.html

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む