サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

太陽の召喚者(ハヤカワ文庫 FT)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/10
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020567-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

太陽の召喚者 (ハヤカワ文庫 FT 魔法師グリーシャの騎士団)

著者 リー・バーデュゴ (著),田辺 千幸 (訳)

隣国との戦いが続くラヴカ国には通常の軍隊である第一軍に加えて、“闇の主”を指揮官とする第二軍があった。炎の召喚者、風の召喚者など、特殊な力を持つグリーシャたちの軍団。だが...

もっと見る

太陽の召喚者 (ハヤカワ文庫 FT 魔法師グリーシャの騎士団)

950(税込)

太陽の召喚者

853 (税込)

太陽の召喚者

ポイント :7pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

隣国との戦いが続くラヴカ国には通常の軍隊である第一軍に加えて、“闇の主”を指揮官とする第二軍があった。炎の召喚者、風の召喚者など、特殊な力を持つグリーシャたちの軍団。だが彼ら召喚者の怖るべき力をもってしても、“真海”との間に横たわり、魔物が潜む“偽海”を消し去ることはできなかった。太陽の召喚者が現われるまでは…戦争孤児の少女アリーナと幼なじみの少年マルの驚くべき冒険を描く傑作ファンタジイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

戦いが続くラヴカ国。その第二軍である召喚者たちの力をもってしても、魔物が潜む〈偽海〉を消すことはできなかった。太陽の召喚者が現われるまでは…。戦争孤児の少女アリーナと幼なじみの少年マルの冒険を描くファンタジイ。【「TRC MARC」の商品解説】

世界を救う力を秘めた少女アリーナと、彼女を守ろうと誓う少年マルの波乱万丈の冒険譚【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

クドい系の少女小説

2014/07/21 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女が世界を救う力に目覚め、幼馴染と王様(?)との間で揺れ動く
正直言って、クドクドしくて読みにくい
ちょっと受け付けないタイプの少女小説です
ストーリーもほとんど進まず場面が動かないのがつらい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/16 22:58

投稿元:ブクログ

なんで最後アリーナが牡鹿の力を使えたのかの、理屈が通ってない気がする。

まあ普通のファンタジーかな。でも前述のような詰めが甘いところを感じさせた。
何で、闇の力に被害を被ってる国で〈闇の王〉が権力持ってるんだろう(完全な「闇の国」ならわかるよ)?
初めの方に出てきた、魔科学っぽい要素はどこ行った?「グリーシャ」なんて独自の名称の割には、普通の魔法使いなんだけど。

でも「偽海」の設定は良かった。大地が汚されてる感じが凄く出てる。ここを船で渡るのもいい。
アリーナの「光」の能力もとても「光らしい」。これまで読んだファンタジーだと「光」と言いつつも、なんらかの「聖なるパワー」っぽい感じが強いのが多かったんだけど、アリーナのは本当に「光」っぽかった。

2015/06/23 16:18

投稿元:ブクログ

図書館で。
面白くないわけじゃないけど何かが足りない気がする。なんだろう。訳が固いのかなあ?
というかヒロイン成長物語って何で最初にヒロインが美人じゃないって力説しないといけないんだろうか。まあ大抵後には美人になるんですけどね。大体表紙の美少女は誰だ?(笑)最初から美人だと読む人が感情移入しないからだろうか?でも他に出てくるのは美男美女ばかりでなんか笑えるんですが。そして表紙絵は能力者の着るコフタ?だかケープみたいなのかと思ってイメージ違うなあと思ったのですがお披露目会の時のドレスなのかな。

そしてヒロインは自分には居場所が無かったとか誰も自分を必要としていなかったとか自己評価が低い割にえらい自己主張は強くてちぐはぐ。もっとこう主張していいんじゃない?と言う時に黙っていてそこは大人しくしたがったらという時にくだらない言い訳やら否定をするので本当に面倒くさい。確かに拗ねている子供って感じでしたね、前半は。

世界を二分する闇の海とそこの調査のしみったれた話と王宮の豪華な話と逃亡と対決が色々ごっちゃになっていて何となくふうん、という感じで読み終わってしまいました。結局能力者の力ってなんだ?とかこの世界の成り立ちはとかはあまり描かれてなくてこんな人たちが居ました、という力技で終わった感じ。大体マルは何者なんだ?彼女の恋しい男ってだけなのか(笑)
続きは…気にならないこともないけど微妙だなあ…気がむいたら読むかという感じです。

2015/10/25 10:15

投稿元:ブクログ

化物の住む領域「偽海」をなんとかできる力を秘めた、
太陽の召喚者の物語。

非常に波乱のある物語です。
ゆっくりとすぎる訓練時代、戦いの準備。
そして息を呑むような戦いの数々。
スピード感がとっても上手だと感じました。
ロマンスと、不気味さと、
どうしようもない絶望とそれに負けない一途さを感じます。

文章がすごく好みで、
折れそうな心、でも信じたい思い、
そんな気持ちにさせてくれます。

2015/11/10 18:02

投稿元:ブクログ

よく翻訳小説だとストーリーの波に乗って行けるまで時間が掛かったりするのですが、こちらはすんなりと引き込まれました。主人公アリーナの身に降りかかる出来事、環境の変化にハラハラです。闇の主は折角顔が良いのだから、ザ悪役!って設定じゃなくアリーナがグラつくくらい同情できるとか共感が出来るとかあったらもっと萌えるな。それと、ジェンヤにあれこれ全身整えてもらいたい!取り合えず面白いので先を急ぎます。

2014/07/19 11:58

投稿元:ブクログ

文章がとにかく好き。とても綺麗でした。読み直したいです。女性目線で、一緒になって一喜一憂してしまいました。

翻訳家、田辺さんの日本語力が素晴らしいと思います。翻訳することから逃げていない。流石です。
(この本を読んで以来、田辺さんの翻訳本をごっそりまとめ買いしました。)

テンポ良し。今年一番、夢中になった本。いつからか読まなくなっていたファンタジーですが、再熱しました。
続編は9月とのことで、楽しみです。

2015/04/23 19:47

投稿元:ブクログ

世界観は面白い。舞台がロシア類似の国を中心とする異世界というのは、これまでにないものだと思うし、魔法ではない「微小科学」なるものの存在もなかなかユニーク。
しかし、主人公がどうにも私には共感困難な性格をしている。アメリカの最近の小説にはよくいるタイプと行ってしまえばそれだけだが、なにゆえこれほど感情的で自己抑制がきかないのだろう。彼女の苛々した言動を読んでいるとこちらまで苛々してくるのだが。従って読書体験としてあまり心地よくない。
もうひとつは、これも好みの問題ながら、訳者の文章が作品にあっていないのではないかと感じる。文章が下手などとは言わない。読みやすい文章なのだが、あまりにも英語由来の外来語が多用されているため、せっかくの「ロシア風味」が大幅に損なわれてしまっている。そのほとんどは、容易に日本語で代用できるものだ。
実はロシア風味を損なうものとしてもう2つ些細ではあるが気になる点がある。ひとつは主人公(女性)の名前が女性形になっていないこと。ファーストネームはいいとして、欧米のファミリーネームにあたる部分は、女性は女性形になっていなくていいのか。異世界だからいいのだと言い抜けはできるが、違和感は残る。
そして、単位としてメートル法が使われている点。これは原文参照しないと、原文がそうであるのかはわからない。なので疑問点としてのみ記しておくが、メートル法を使われると、近代まっただなかから現代の印象が非常に強くなってしまい、ラヴカの文明レベル(かつロシアっぽいというロケーション)で使用されるとこれまたいささか違和感があるのだが。
面白い小説だとは思うが、以上の点でかなりマイナス印象があることは否めない。

2015/05/17 11:18

投稿元:ブクログ

ハヤカワ文庫のFTは大好きですが、読むのは少し久しぶりかもしれません。
なんだかある日急に読みたくなって、手にとった一冊です。
ハヤカワFTの中の一冊としては、ちょっと軽い読み応えな雰囲気でしょうか。でも異世界ファンタジー小説として、世界観やそこで活躍する魔法など、とても興味深くて面白いと感じました。

お話の構成自体は、最初と最後は急展開なんだけど、中がちょっとゆったりと進む感じでした。
孤児の少女アリーナが、<太陽の召喚者>としての力に目覚め、王宮に迎え上げられ、ハンサムで絶大な権力を持った<闇の主>の膝下でさらにその力を磨くが……、みたいなお話で、アリーナの幼馴染で、優れた<追跡者>としての能力を持つマルと、<闇の主>というふたりの魅力的な男性を配置した、三角関係物のロマンスありなありな物語になっています。

でもそのロマンスがちょっと強引かなあ、と思ってしまいます。特に<闇の主>、でもその強引な理由は最後まで読めばわからなくもないのですが。
あと、主人公アリーナが途中、とにかくどこまでも受け身なので、なんというかイライラするかもしれません。アリーナ、自覚するからいいんですけど、無自覚だったら読むのやめていたかもしれない……。

そんな中、魅力を放っていたのは、アリーナを指導する老婆バグラと、アリーナの友人、ジェンヤですね。
2人が続編で出てくる可能性ってあるのでしょうか。あと、グリーシャよりも、マルの<追跡者>としての能力の方が絶対にすごいと思うのです。
三部作の一冊目で、続きも出ているのですが、絶対読む! ではなく、気が向いたら読もうかな、くらいのお話です。好きなのですけどね。

ロマンスもある、ちょっと軽めな少女小説のような異世界ファンタジー小説が読みたい方にはおすすめかもしれません。