サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. やわらかな遺伝子

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

やわらかな遺伝子(ハヤカワ文庫 NF)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/10
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/510p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-050412-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ文庫 NF)

著者 マット・リドレー (著),中村 桂子 (訳),斉藤 隆央 (訳)

【全米科学アカデミー図書賞】遺伝子は何かを制約するものではなく、可能にするものだった! 私たちを形成するのは「生まれか育ちか」という長年の論争に、最新および過去の膨大な研...

もっと見る

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ文庫 NF)

1,102(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

やわらかな遺伝子

994(税込)

やわらかな遺伝子

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【全米科学アカデミー図書賞】遺伝子は何かを制約するものではなく、可能にするものだった! 私たちを形成するのは「生まれか育ちか」という長年の論争に、最新および過去の膨大な研究データを用いてまったく新しい考え方を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

「生まれか育ちか」の時代は終わった。ゲノム解読で見えてきた遺伝子の驚くべき仕組み【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/06 21:50

投稿元:ブクログ

生まれか、育ちかというテーマをもとに、遺伝子と環境が行動に及ぼす影響について、生物学史に沿って、理論を展開していく。なかなか頭に入らない部分もあるが、遺伝子を経由として環境の影響を受けるのということが理解できた。

2016/06/11 08:54

投稿元:ブクログ

「生まれは育ちを通じて」
自分を産んだ親とか育った環境は、今の人格にどれだけ影響しているんだろう、ということが知りたくて読んだ一冊。
自分の理解としては、「遺伝子により決定した素質が胎児期を含めた幼少期の育ちの環境で強化されていく、強化期間は設定されておりそれを過ぎると固定される」ということで、「三つ子の魂百まで」ということわざは間違ってないのだなという感じ。
変わろうと努力して、変わったように見えても根本は変わることはないのだなあと。
なんとなく絶望感を感じたと同時にある種の諦めというか、ある意味気が楽になったというのが感想です。

2015/02/03 04:39

投稿元:ブクログ

原題は、本文中でもたびたび登場する、「生まれは育ちを通じて」
生まれ持った遺伝的要因と、育った環境要因と、どちらが影響が大きいのか?という点について、進化の歴史を辿りながら、答えを探ります。

脳科学、教育学、言語学、生物学など、いろんな要因が絡みつつ、「学習する」本能など、興味深いヒトの性質が明らかになっていく過程はとても面白いです。
そこまで難しい話はないので、広く浅く、いろんな話題から結論を導いたと言えるでしょうか。ときどき読み返したいと思える一冊です。

2016/09/17 20:28

投稿元:ブクログ

原題:Nature Via Nurture: Genes, Experience and What Makes Us Human
著者:Matt Ridley(1958-)
訳者:中村桂子、斉藤隆央

【版元の紹介】

 ゲノム解析が進むにつれ、明らかになってきた遺伝子のはたらき。それは身体や脳を作る命令を出すが、環境に反応してスイッチをオン/オフし、すぐに作ったものを改造しはじめる柔軟な装置だった。遺伝子は何かを制約するものではなく、可能にするものだったのだ。私たちを形成するのは「生まれか育ちか」――長年の論争に、最新及び過去の膨大な研究データを用いてまったく新しい考え方を示した世界的ベストセラー。
<http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/90412.html>


【簡易目次】
目次 [005-007]
写真 [008-009]

プロローグ 十二人のひげづら男 013
第1章 動物たちの鑑 023
第2章 幾多の本能 071
第3章 語呂のいい便利な言葉 119
第4章 狂気と原因 165
第5章 第四の次元の遺伝子 207
第6章 形成期 247
第7章 学習 288
第8章 文化の難題 327
第9章 「遺伝子」の七つの意味 376
第10章 逆説的な教訓 405
エピローグ 麦わら人形 449

謝辞 [455-458]
訳者あとがき [459-468]
原注 [469-497]
索引 [498-510]

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む