サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 特命任務、発令!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

特命任務、発令!(ハヤカワ文庫 SF)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/24
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/558p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011968-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

特命任務、発令! (ハヤカワ文庫 SF 海軍士官クリス・ロングナイフ)

著者 マイク・シェパード (著),中原 尚哉 (訳)

辺境星区のさえない軍管区に左遷されたものの、めざましい活躍で敵を撃退!おまけに異星文明まで発見してしまったクリス・ロングナイフ。だが、出る杭は打たれる?…こんどの任地は人...

もっと見る

特命任務、発令! (ハヤカワ文庫 SF 海軍士官クリス・ロングナイフ)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

特命任務、発令!

1,069(税込)

特命任務、発令!

ポイント :9pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

辺境星区のさえない軍管区に左遷されたものの、めざましい活躍で敵を撃退!おまけに異星文明まで発見してしまったクリス・ロングナイフ。だが、出る杭は打たれる?…こんどの任地は人類最初の植民星ニューエデン。通商条約をまとめてこいとの特命を受けて赴くが、通商条約って、コンピュータの買い出し!?ところが、着いて早々に暗殺されかかるわ、爆弾事件にまきこまれるわで、やはりこの特命任務、裏がありそう!【「BOOK」データベースの商品解説】

王女にして海軍大尉のクリスは、曽祖父レイ王から通商条約をまとめてこいとの特命を受け、人類最初の植民星ニューエデンに赴く。しかし、着いて早々に暗殺されかけたり、爆弾事件にまきこまれたり…。この任務、裏がありそう!【「TRC MARC」の商品解説】

曽祖父レイ王の特命を受け、ニューエデン星に赴いた王女にして海軍大尉クリスの活躍!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/13 11:00

投稿元:ブクログ

お気に入りのシリーズの第5作ですが、第4作から間が空いたので、出版されていたことに気づいていませんでした。
爽快なアクションが売りのシリーズですが、今作では主人公が襲われるシーンが途中2回ほどあるものの、直接対決のバトルシーンは最終版のみ。むしろ主人公の置かれた状況の不可思議さの理由や、敵の目的が最後までわからないというミステリー的な謎で引っ張るタイプの話でした。
宇宙軍記物のシリーズなので、次回にはまた爽快な艦隊戦に期待したいところです。

2014/10/20 01:40

投稿元:ブクログ

やはりヤツが来たか……。
うーん、多分キャラ被るせいだと思うし、どういう対決をさせたいか、って言う方向性の問題になると思うので仕方ないと思うんだけど、兄に続き、妹も……って残念な展開。

そして、なんて言うか善行が受け入れられない状況で、よく心が折れないなと思う……。
物語に真剣に怒っても仕方ないのは判っているんだけど、余りに毎度苛立たしい人間が出てくるので、つい……。
それだけ、クリスに肩入れして読んでるってことかな。

曽祖父のレイ王とは断交したわけだけれど、この後どういう展開になるんだろう。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む