サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

史料としての猫絵
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/30
  • 出版社: 山川出版社
  • サイズ:21cm/103p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-634-54691-2
  • 国内送料無料

紙の本

史料としての猫絵 (日本史リブレット)

著者 藤原 重雄 (著)

近年とみに人気が高まっている歌川国芳による猫の浮世絵。それらは「猫好き」でなければ愉しめないものなのか。1枚の絵に流れ込むさまざまな水脈を解きほぐし、猫絵の図像学から、中...

もっと見る

史料としての猫絵 (日本史リブレット)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近年とみに人気が高まっている歌川国芳による猫の浮世絵。それらは「猫好き」でなければ愉しめないものなのか。1枚の絵に流れ込むさまざまな水脈を解きほぐし、猫絵の図像学から、中世・近世の社会や文化を透かし見る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤原 重雄

略歴
〈藤原重雄〉1971年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。専攻は日本中世史。東京大学史料編纂所助教。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/18 22:10

投稿元:ブクログ

とても面白い。歌川国芳の一枚の猫絵を手がかりに、その絵に流れ込む中国の猫絵と猫をとりまく文化、日本列島で中世以来蓄積されてきた猫に対するイメージと歴史を解きほぐしていく。スリリングといってもよい読み応えであった。

と同時に史料論としても貴重な提言がなされている。

「「歴史に学ぶ」とは、過去に教訓を求めることではなくて、今を生きる私たちが、ものをみるとき、考えるときに、時間的・空間的な深度や遠近法をもって臨むことであると考える。感性や直感する能力への信頼を失う必要はないが、都合のよいところを抽出して耽溺することは、深い理解を妨げることにもなりうる。日頃、重箱の隅をつつくような細部の詮索を事とする歴史家は、そこを徹底的に掘り尽くすことにより、「実証」的な手続きでは捉えようのない歴史的社会に想像をめぐらしている。文献や絵画に限らず、さまざまな史料を網羅し、読み込んでゆくことは、その想像力を鍛える場といえるかもしれない」(p.103)

この「実証」についての考え方に、強く共感するのである。

2014/09/25 23:38

投稿元:ブクログ

予備知識なしで体験することも一つの方法だけれど、様々な情報の蓄積があっての体験は、得るもの、感じることをさらに深くすることを、国芳の「鼠よけの猫」の絵から説き起こしていく。確かに、初めてこの絵を見た時と、本を読み終えて再び見た時と、感じるものが違っていて、さらにここから、知りたい欲も湧いてくる。

2014/11/04 19:58

投稿元:ブクログ

この歌川国芳による猫絵が、どういう文脈性をもっていたのかということを明らかにしていく著作。美術鑑賞において、「さかしらな知識はいいから、見て感じろ」というスタンスだけがまかり通っている現状に疑問を呈し、その絵の置かれた歴史的文脈を見ることで、立体的で奥深い解釈を可能にする道を示してくれる。(べつに筆者は「感じろ」式の観賞態度を否定しるわけではないが)、絵だけじゃなくて、いろいろな分野の作品解釈に通じると思った。

2014/05/30 12:05

投稿元:ブクログ

猫だ!

山川出版社のPR
https://twitter.com/yamakawapub/status/453782541451804672

日本画 ランキング

日本画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む