サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 戦国ぼっち 5 Phantom ship in Setouchi

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦国ぼっち 5 Phantom ship in Setouchi
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/30
  • 出版社: 一二三書房
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89199-248-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

戦国ぼっち 5 Phantom ship in Setouchi (桜ノ杜ぶんこ)

著者 瀧津 孝 (著)

島津の“戦国版戦車”―“亀甲車”軍団との戦いが終わり、一郎太一行の元に訪れる束の間の平穏。しかし、そんな彼らの元に、関白・羽柴秀吉からの文が届く。文によると、瀬戸内海で秀...

もっと見る

戦国ぼっち 5 Phantom ship in Setouchi (桜ノ杜ぶんこ)

821(税込)

戦国ぼっち5

756 (税込)

戦国ぼっち5

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島津の“戦国版戦車”―“亀甲車”軍団との戦いが終わり、一郎太一行の元に訪れる束の間の平穏。しかし、そんな彼らの元に、関白・羽柴秀吉からの文が届く。文によると、瀬戸内海で秀吉旗下の軍船が相次いで沈められ、しかも、目撃者は、「“幽霊船”にやられた」と証言しているのだ。“幽霊船”などというものが、果たしてこの世に存在するのか…!?真偽を確かめるべく、一郎太たちは瀬戸内海へと向かうが、調査は困難を極める。そして、途方に暮れる一郎太たちにも“幽霊船”の魔の手が忍び寄っていた…。舞台は再び瀬戸内に移り、物語は核心に迫る。運命を変える出会いと別れ―中国山陽道“幽霊船”編前編。【「BOOK」データベースの商品解説】

関白・羽柴秀吉から一郎太たちの元に、「瀬戸内海で相次いで軍船が〈幽霊船〉に沈められた」との文が届く。真偽を確かめるべく、一郎太たちは瀬戸内海へと向かうが、彼らにも〈幽霊船〉の魔の手が忍び寄り…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/07 19:51

投稿元:ブクログ

【内容紹介】
思惑が錯綜する瀬戸内に謎の【幽霊船】騒動
島津の〝戦国版戦車〟──【亀甲車】軍団との戦いが終わり、一郎太一行の元に訪れる束の間の平穏。
しかし、そんな彼らの元に、関白・羽柴秀吉からの文が届く。
文によると、瀬戸内海で秀吉旗下の軍船が相次いで沈められ、しかも、目撃者は、「【幽霊船】にやられた」と証言しているのだ。

【幽霊船】などというものが、果たしてこの世に存在するのか……!?

真偽を確かめるべく、一郎太たちは瀬戸内海へと向かうが、調査は困難を極める。そして、途方に暮れる一郎太たちにも、【幽霊船】の魔の手が忍び寄っていた……。

舞台は再び瀬戸内に移り、物語は核心に迫る。
運命を変える出会いと別れ、中国山陽道【幽霊船】編 前編。

2015/05/09 22:20

投稿元:ブクログ

あの人物の登場は予想外だったなぁ
思い返してみれば亀甲車の時点で予想していなければならなかったか?

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む