サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ミッドウェイ(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/615p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277873-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミッドウェイ (講談社文庫)

著者 森村 誠一 (著)

戦雲急な時代、詩人を志しながら海軍兵学校へと進み世界最強の零戦搭乗員になった降旗。日米開戦は同じ女性を愛したロバートと降旗を敵味方に分けた。戦争は若者の恋も青春の夢も容赦...

もっと見る

ミッドウェイ (講談社文庫)

961(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ミッドウェイ

961(税込)

ミッドウェイ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦雲急な時代、詩人を志しながら海軍兵学校へと進み世界最強の零戦搭乗員になった降旗。日米開戦は同じ女性を愛したロバートと降旗を敵味方に分けた。戦争は若者の恋も青春の夢も容赦なく叩きつぶす。彼らは何のために生き、何のために死んだのか。ミッドウェイ海戦に命を賭けた防人たちを描く鎮魂の大作。【「BOOK」データベースの商品解説】

詩人を志しながら海軍兵学校へと進み零戦搭乗員になった降旗。日米開戦は同じ女性を愛したロバートと降旗を敵味方に分けた。彼らは何のために生き、何のために死んだのか。ミッドウェイ海戦に命を賭けた防人たちを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

詩人になりたかった降旗圭は、戦時へと突き進む時局に背中を押されるように、江田島の海軍兵学校に進んだ。軍人の世を憎み、彼に詩の話をしてくれた憧れの女性弓枝は、特高に捕らわれ死を選んだ。海軍将校への世間の憧れとは裏腹に、鉄拳で鋳型にはめられる日々。降旗はそれに耐え抜き、零戦パイロットになるべく霞ヶ浦航空隊へ進む。
サンフランシスコのロバート・ウッドは、日本人女性の寛子に心奪われる。だが、二人を引き裂くように、寛子の一家は日本に帰国することになった。弓枝と面影の似た寛子と、降旗は休暇中の横浜で出会い、出撃前の束の間、二人は恋仲となった。そして寛子を自家用機に載せたことのあるロバートもまた、戦闘機乗りへの道を選んでいた。
ハワイ真珠湾攻撃以降、戦局を優勢にすすめていた日本海軍は、レーダー網のない虚を衝かれて、本土空襲を浴びる。日本の空軍力を目の当たりにし、アメリカは戦艦から空母への転換を急ぎ進めていた。初の空母同士の対決となった珊瑚海海戦を経て、日本海軍はアメリカ太平洋艦隊を叩くため、ミッドウェイ沖に空母四隻を進めた。
だが序盤の戦いで蒼龍、加賀、赤城を次々に失い、空母は飛龍を残すのみとなった日本海軍は、手負いの空母ヨークタウンに狙いを定め、零戦や爆撃機を発進させるのだった。
飛龍の零戦部隊には降旗が、ヨークタウンの戦闘機にはロバートが生き残っていた。同じ女性と出会った互いのことなど知らない日米の若い戦闘機乗りは、両軍死力を尽くした戦闘の空に身を投じるほかなかった……。
太平洋戦争の戦火の中に散っていった若者たちの夢。迫真の戦記小説。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

ただひたすら感動した。

2015/10/03 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただただ、ひたすら感動した。伯父(故人)は海軍兵学校卒だったが、もっと話を聞いておけばよかった、と後悔しています。決して戦争などさせてはならないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争に向かう世情とはこういう状況なのかと再考を促す1冊

2015/02/02 18:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争開戦前からミッドウェー海戦までの時代を背景に架空の主人公の生き様を描いた小説です。書名から戦史物と一見思われますが、どちらかといえば「永遠の0」のような史実を舞台にしたフィクションです。詩を愛する青年が時代のうねりの中で海軍士官学校に進み、戦闘機の搭乗員となって戦場に送り出されてゆく…。その戦場で、自らが愛した女性と関わりのある米軍パイロットとの遭遇。
開戦前の次第に言論を統制されてゆく息が詰まりそうな時代背景や海軍士官学校での訓練の日々など当時の青年が自らの夢を捨てさざるを得ない時代背景などがより重苦しく伝わってきます。史実に基づく戦記物としての部分と、主人公の生き様を描く人間模様としての部分のバランスが絶妙で、600ページに及ぶ大作ですが「永遠の0」に共感できた方なら十分に浸れる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/09 18:19

投稿元:ブクログ

国境を越えた男女の愛が、時代に翻弄され、やがてたどる皮肉な運命。戦時中ゆえに愛も夢もあきらめなければならなかった悲劇の青春を描いた物語¨かと思ったら、実はがちがちの戦争史でした。
 資料を入念に読みこんで書かれているので、ミッドウェイ海戦に関わるくだりはほぼ事実。ものすごい迫力である。こんな恐ろしいことがあの美しい海の上で繰り広げられていたのかとぞっとする。まるで映画かゲームだ。恐ろしい反面、かっこいいと錯覚さえしてしまう。
 1942年6月5日、パールハーバー以降負け知らずだった最強の日本海軍が陥落した日だ。当時は日本の零戦に勝る戦闘機は存在せず、日本有利とされていた。なのになぜミッドウェイ海戦に敗れてしまったのか。
歴史にもしもはないけれど、世界最強といわれた戦艦大和が参戦していれば,戦況は違った結果になったでしょう。大和は通信設備も充実していたので、米空母がミッドウェイで待ち伏せしていたことを傍受していたという。一緒にいれば前線空母4隻とともに迎え撃つ作戦をたてられたのに…。あるいはもし大和が「敵航空機行動中」と危険をちゃんと前線に伝えていれば、一度に空母4隻と優秀な飛行機乗り三百数十名も失うことはなかったのに…。負けるはずがないと思う大和の参謀たちの驕りが優秀で健気な若者たちを死に至らしめ、その後の日本を地獄の戦争へと突入させてしまった。
 空中戦はお互いの血を見ることも少ないし、ある種ゲームかスポーツのような感覚に陥りがちだ。零戦飛行士は英雄で、少女たちはみな海軍兵に憧れの目を向けた。しかし戦争はそんな美しいものではない。生きてこその人生。戦争なんて二度とやってはいけない。

2015/01/10 18:49

投稿元:ブクログ

およそ短期間にここまで価値観が変わった国は珍しいな。
現代の生活からはまったく想像できない考え方と生活です。
そんなに昔のことでないのが信じられません。

2015/02/22 21:59

投稿元:ブクログ

たかだか80年前の話なのに、この国はなんでこんなに変わってしまったのだろう。今の時代の感覚では理解出来ない思考が多く、小説的な誘導や解説がなければ、登場人物の心情に入り込みない所があった。昔学生時代に知覧にある特攻記念館に行ったことがあるがその時は同世代の特攻隊員達が書いた遺書に圧倒された。今は親の立場で読んでいるが、文中に出てくる与謝野晶子の君死にたまふことなかれの詩に激しく同感した。

2014/08/06 19:46

投稿元:ブクログ

戦場を舞台とした小説で、タイトルから史実の再現を想像するかもしれないが、若者の生きる様を生々しくえがかれた、多くの読み手を惹きつける小説と思う。

永遠の0に似ていると感じた点は少しあるものの、戦時中の若者を、戦争というものを、多方面から見るような構成は、右翼左翼などを感じさせず、ただただ描かれた世界観に没頭することができる、とても面白い小説です。

登場人物は著者が生み出した人物ではあるものの、多くの資料に支えられた世界観は、この書籍自体が一つの資料としてもその存在価値を輝かせている。ストーリー仕立てである分、こちらの方が戦争の流れを把握しやすいのではと思うほど。

2016/07/29 12:47

投稿元:ブクログ

森村誠一氏の作品は、どちらかというと選ぶ対象外であった。多分、あまりにもステレオタイプの情報に染まっていたのかもしれない。偶然に書店の本棚で本書と出会えて刮目せざるを得ないというのが正直な印象である。
大して先の大戦の戦史を知るわけではないが、先の大戦に突入する大いなるきっかけは、開戦を望む軍部(どちらかといえばカーキ色の印象)により既成事実を積み上げられ、アメリカとの開戦に追い詰められた帝国海軍が最善の戦略として真珠湾攻撃を敢行、アメリカとの全面戦争に突入したと記憶していた。山本五十六元帥は、アメリカとの工業生産力や資源量さらには人的な面からも差異が大きく短期決戦ならばと、決断に踏み切ったと理解しており、本書にも随所にその記述がある。しかし、終結のあり様を強くイメージした開戦でないことは開戦後の折々の判断が正しくなかつたことからも見てとれる。イメージの共有が足りなかったことから事象の重さが個人に委ねられそれがミッドウェイの敗戦へと収束していく。しかし、その敗戦は煎じつめれば組織の敗戦と読み替えてみたほうがいい。
敵である合衆国の力量を低く見積り、情報収集を軽んじた慢心、自らの攻撃の本質を見誤り、現場に混乱を出来させた指揮官の不見識、リスクを適切に見積り対応策を講じることを怠った慢心、トップに適切な具申出来る人材の不在。そのまま今日の組織論に通ずる教訓が満載である。
森村氏は、物語の中に淡々とこの事実を織り込み劣勢な合衆国が天下分け目の決戦に勝利した必然を浮き彫りにする。
帝国海軍将官は、ともすれば白の軍服のイメージからかシーマンシップ溢れた傑出した人物として描かれ、戦さ場にあっても平静であるようなイメージを持ってしまうが、実際の現場での混乱を想像するにつけ、その偶像には懐疑的にならざるを得ない。本質でも指摘がある様に江田島にある海軍兵学校での徹底的な上意下達の鋳型教育により画一的で合理性に富む兵隊は出来たがリーダーがもつべき柔軟性については甚だ乏しいのが帝国海軍の本質である。
本書は、一方で国家総力戦に巻き込まれていく、日米で複雑に邂逅する若き男女を描くことにより、戦争の本質に鋭く切り込む。兵である以上は死が日常的に存在する現場に在り、上官は必死に至る作戦を国家存亡のもとに部下に下命する。その不条理もまた、戦争の本質であることを抑えた筆致で描きだす。

2014/09/28 22:18

投稿元:ブクログ

太平洋戦争開戦前からミッドウェー海戦までの時代を背景に架空の主人公の生き様を描いた小説です。書名から戦史物と一見思われますが、どちらかといえば「永遠の0」のような史実を舞台にしたフィクションです。詩を愛する青年が時代のうねりの中で海軍士官学校に進み、戦闘機の搭乗員となって戦場に送り出されてゆく…。その戦場で、自らが愛した女性と関わりのある米軍パイロットとの遭遇。
開戦前の次第に言論を統制されてゆく息が詰まりそうな時代背景や海軍士官学校での訓練の日々など当時の青年が自らの夢を捨てさざるを得ない時代背景などがより重苦しく伝わってきます。史実に基づく戦記物としての部分と、主人公の生き様を描く人間模様としての部分のバランスが絶妙で、600ページに及ぶ大作ですが「永遠の0」に共感できた方なら十分に浸れる作品だと思います。

2015/02/27 13:56

投稿元:ブクログ

戦雲急な時代、詩人を志しながら海軍兵学校へと進み世界最強の零戦搭乗員になった降旗(ふるはた)。日米開戦は同じ女性を愛したロバートと降旗を敵味方に分けた。戦争は若者の恋も青春の夢も容赦なく叩きつぶす。彼らは何のために生き、何のために死んだのか。ミッドウェイ海戦に命を賭けた防人たちを描く鎮魂の大作。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る