サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エカチェリーナ大帝 ある女の肖像 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/396p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08377-2
  • 国内送料無料

紙の本

エカチェリーナ大帝 ある女の肖像 上

著者 ロバート・K.マッシー (著),北代 美和子 (訳)

【アンドリュー・カーネギー・メダル(ノンフィクション部門)(2012年度)】【PEN・ジャクリーン・ボガード・ウェルト賞(2012年度)】才知と野心に満ちた女帝エカチェリ...

もっと見る

エカチェリーナ大帝 ある女の肖像 上

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【アンドリュー・カーネギー・メダル(ノンフィクション部門)(2012年度)】【PEN・ジャクリーン・ボガード・ウェルト賞(2012年度)】才知と野心に満ちた女帝エカチェリーナの素顔とは? ドイツの小公国で生まれた少女は、強い意志力でみずからの運命を「皇妃」から「皇帝」へと変えてみせた…。ロシア王朝史の重鎮が迫真の筆致で描く、波瀾万丈の歴史絵巻。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・K.マッシー

略歴
〈ロバート・K.マッシー〉1929年米ケンタッキー州生まれ。歴史作家。著書に「ニコライ二世とアレクサンドラ皇后」「ロマノフ王家の終焉」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/11 21:12

投稿元:ブクログ

マレーシアの「オスマン・クランタン」が書いた小説だが、Amazonでないので、仮にここに置いた。戦前戦後のマレーシアの女性の生き方を描いたものである。

2014/09/01 21:16

投稿元:ブクログ

とても読み易く、面白い。一気読み。

エリザヴェータについてはあまり知らなかったので、前半に記述があるのを興味深く読んだ。

下巻が楽しみです。
私の嫌いなポチョムキン、どんな風に描かれているのかな。

2015/03/17 15:04

投稿元:ブクログ

 中世・近世の西欧諸国の王侯を描いた肖像画をみると、名前だけはものものしくとも描かれた像からは正常な知能の発達が疑われるような姿に描かれた貴顕の絵も見かけるが、それはおぞましくも愚かしい王国や公国の内情を映し出しているのであろう。
 それはロシアも例外ではありえない。本書に描かれた帝政ロシアの内情はグロテスクなほど愚かしい。その愚かしさを時間軸に沿って系統だてて繙いてくれた本書は、今日のロシアの惨状とどこか重なるような思いを懐かせてくれるが、それだけでも本書は貴重なドキュメントとして一読に価すると思われる。

2016/09/18 13:42

投稿元:ブクログ

ドイツからロシア宮廷に嫁ぎ、才知と意志、鋭い政治感覚で長年君臨した、「一人の女」の波瀾の生涯。ピュリツァー賞作家が迫真の筆致で描く、受賞多数の傑作評伝!

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む