サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 銀行員だけが知っている なぜかお金に好かれる人の小さな習慣

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

銀行員だけが知っている なぜかお金に好かれる人の小さな習慣(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/01
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-76197-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

銀行員だけが知っている なぜかお金に好かれる人の小さな習慣 (PHP文庫)

著者 長岐 隆弘 (著)

銀行員が業務を通じて身につける、特有の「お金に対する考え方」とは? メガバンク出身の著者が、銀行員しか知らないお金に好かれるための習慣をエピソードとともに紹介する。【「T...

もっと見る

銀行員だけが知っている なぜかお金に好かれる人の小さな習慣 (PHP文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

銀行員だけが知っている

650(税込)

銀行員だけが知っている

ポイント :6pt / 紙の本より84おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀行員が業務を通じて身につける、特有の「お金に対する考え方」とは? メガバンク出身の著者が、銀行員しか知らないお金に好かれるための習慣をエピソードとともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

「財布の中身は1円単位まで把握」「宝くじは買わない」「スマホを持たない」など、お金が勝手に貯まる驚きの銀行員マインドを公開。【商品解説】

著者紹介

長岐 隆弘

略歴
アセットライフマネジメント株式会社代表取締役

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

20年経っても、銀行って変わってないね。

2015/11/23 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:照月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半が銀行員の日常、後半がお金に好かれる人の習慣となっているます。

お金が好かれる人の習慣だけを取り上げた本ではないので、「即戦力」を期待する人には、物足りないかも知れません。

そう感じながらも取り上げたのは、元銀行員としては、なつかしさを感じたからであります。本書が出版されたのは2014年、私が勤めていたのは20年ほど前ですが、本書には、あまり変わらない銀行員の日常があります。

「銀行員は、整理整頓ができないと大変」とありますが、確かに、昼休みでも、書類は鍵つきの所へ全部しまわなければなりませんでした。。

「社員は7時半に出社」確かにそんなところあります。時間外手当が出る訳でもなく、ただ働きです。当時の私は疑問がありました。

銀行員はお金が貯まると言われますが、それはそうです。ヘアカラー(白髪染はよい)もネイルも禁止、制服があるので通勤着は地味。お金がかからない上、極めつけは「昼食」です。

昼食は、事実上社内食堂で食べなければならず、その代わり、昼食代は全額出してくれました。本書の銀行は、一食200円だそうです。一見良さそうですが、これが「地獄」でした。社内にいるのがわかっているから、電話を平気で回してくる。銀行には昼休みがありませんから交代制なのですが、防犯上の理由からメンバーが固定。昼食代がかからないのはいいですが、「お昼で息抜き」ができませんでした。

「銀行員はクレジットカードを作らない」「定期預金にしない」とあるのもそうですね。クレジットカードなんて、一枚作ったら、プライバシーはないものと思いましょう。業界には、ブラックリストの他に、ホワイトリストもあり、良い情報もまた回っているのです。

結局著者も、不動産業界から銀行に転職しましたが、退社して不動産投資をしています。

「お財布は3つに分ける」

「今持っているお金は1円単位で把握する」など

お金に好かれる習慣も紹介されています。

できることからやってみるといいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待ハズレ

2014/08/04 14:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読んだ太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この程度の事は一般人でも十分知ってるし、この本を手にする読者ならやってる。
銀行員に関係の無いテーマには興味無い。
数年銀行員の著者よりも何十年も行内に勤務している女子行員の世間話の方が
この本よりマシ。銀行員の話題よりも不動産投資の話題で締めなのは、著者がそっち方面の話でセミナー勧誘したいのな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む