サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 話したくなる!つかえる生物

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

話したくなる!つかえる生物
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/09
  • 出版社: 明日香出版社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7569-1712-6
  • 国内送料無料

紙の本

話したくなる!つかえる生物

著者 左巻 健男 (編著),青野 裕幸 (編著)

ミドリムシは動物か植物か? iPS細胞って何? キリンの首が長くなった理由とは? 植物や動物、ヒトの体など、生き物の不思議を解き明かす。身近な「なぜ?」が手に取るようにわ...

もっと見る

話したくなる!つかえる生物

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ミドリムシは動物か植物か? iPS細胞って何? キリンの首が長くなった理由とは? 植物や動物、ヒトの体など、生き物の不思議を解き明かす。身近な「なぜ?」が手に取るようにわかる、生物の本。【「TRC MARC」の商品解説】

生物の専門的な話を、身近な例に置き換えて説明することで、「そういうことだったのか!」と理解しやすくなる。
「IPS細胞」などのネタにも触れています。
体裁は、「つかえる物理」を踏襲し、50項目。【商品解説】

著者紹介

左巻 健男

略歴
〈左巻健男〉1949年生まれ。『理科の探検(Rika Tan)』編集長。法政大学教職課程センター教授。
〈青野裕幸〉1962年生まれ。『理科の探検(Rika Tan)』副編集長。公立中学校理科教諭。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/22 21:24

投稿元:ブクログ

生物学は過去の知識がどんどん刷新されている、最も活発な学問なのだそうですが、本書は様々な生物の不思議がとてもわかりやすく説明されていて、子供から大人まで楽しく読むことができます。
現代は第6回目の大量絶滅時代と呼ばれているそうです。人間の活動による影響がその主な原因となっているらしいのですが、そのため地球上の種の絶滅スピードは自然状態の約100~1,000倍にも達し、毎年1年間で4万種もの生物が絶滅しているのだそうです。100 年前の絶滅のスピードは、1年間で1種と推定されているので、そのスピードは近年急加速しているのです。
生物多様性の劣化は人類のみならず、地球規模の大きな不利益を生じさせます。この世の神秘、生命の神秘を感じると同時に、地球の危機的状況を再認識いたしましたぁ。


べそかきアルルカンの詩的日常
http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

2016/01/22 22:00

投稿元:ブクログ

内容はあまり深くありませんが、その分、気軽に読めて良かったです。知っている話題も多かったですが、これまで得た知識のまとめ的な感じで読むのもいいかもしれません。

2015/09/14 21:54

投稿元:ブクログ

http://www.asuka-g.co.jp/book/business/knowledge/006768.html

2015/12/04 04:26

投稿元:ブクログ

がんには見かけだけでは区別できない「がんもどき」と「真のがん」の二種類がある。「がんもどき」は増殖速度もゆっくりで、浸潤も転移も起こさないので、慌てて治療する必要はない。それに対して「真のがん」はごく初期から浸潤・転移を起こすので発見された時点で既に治療しても生命予後を改善しない。がんの早期発見・早期治療は無意味である。近藤誠氏のがん治療不要説である。医療不信もあり、近藤氏の論は多くの支持を集めている。これに対して左巻氏は、がんというのは、近藤氏が言うような単純に2つに分けられるようなものではなく、きわめて多様な疾患であり、悪性度もさまざま。各疾患ごとに、また、患者の状況ごとに治療を考えるべきと述べる。ちなみに癌の名は、腫瘍が岩のように頑固であることから、岩を意味する癌の字があてられている。本書には、へーそーなんだー、といった生物に関するトリビアが精選50話も収められている。植物、動物、人の体のしくみ、生殖、遺伝と進化、食物連鎖と生態系など、カバーする範囲は広い。いずれも著者によれば中学~高校初級レベルの内容とのこと。専門用語はない。平易な言葉で非常にわかりやすく書かれている。

2015/05/16 11:59

投稿元:ブクログ

タイトルから、生物の機能を現代技術に応用したものを紹介してるのかなあと思ってたら、全然違うものだった。
小中学で習うような生物の基礎的な知識をわかりやすく語ったもの。とはいえ初めて知るような面白い豆知識も多くて、軽く学べて軽く楽しめる。

2015/07/01 13:19

投稿元:ブクログ

6/30 のりまきさんより、Oさんへのプレゼント

ラッピングワード 「そう、口が再生するのです。」p23

生物・生命読みもの ランキング

生物・生命読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む