サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

薔薇忌(実業之日本社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/31
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55175-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

薔薇忌 (実業之日本社文庫)

著者 皆川 博子 (著)

舞台に秘められた男女の謎―妖しく華やかな幻想ミステリー。降りしきる薔薇の花びらに埋もれて死ぬことを夢見た劇団員(「薔薇忌」)、濃密な淫夢に日常を侵される歌舞伎小道具屋の娘...

もっと見る

薔薇忌 (実業之日本社文庫)

640(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

薔薇忌

508(税込)

薔薇忌

ポイント :4pt / 紙の本より132おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舞台に秘められた男女の謎―妖しく華やかな幻想ミステリー。降りしきる薔薇の花びらに埋もれて死ぬことを夢見た劇団員(「薔薇忌」)、濃密な淫夢に日常を侵される歌舞伎小道具屋の娘(「紅地獄」)、スター歌手の再起に賭ける芸能プロデューサー(「化鳥」)…舞台芸能に生きる男女が織りなす世界を、幻想的な筆致で描いた珠玉の短編集。著者の独創性を世に知らしめた柴田錬三郎賞受賞作。新たに書き下ろした「あとがき」を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

【柴田錬三郎賞(第3回)】降りしきる薔薇の花びらに埋もれて死ぬことを夢見た劇団員を描いた表題作など、舞台芸能に生きる男女が織りなす世界を幻想的な筆致で綴ったミステリー短編集。全7編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

薔薇忌 7−49
禱鬼 51−90
紅地獄 91−124

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/28 20:24

投稿元:ブクログ

初めましての作家さん。
90年代に出版されたものの復刻版のようです。
舞台に携わる者たちの妖しい短編集。
ミステリというよりは、幻想譚といった感じです。
でも短編集なのに、どれもこれもヤバイ。
舞台に携わる者達の話だから、どうしても妖しくなる。
だけど文章の持って行き方がヤバイ。
起承転結を当てはめるとするなら

起承~~~~転?結!!工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工
って感じかなぁ~
最後の1ページで、一気に幻想に変化するというか・・・
こういうのは初体験です。
ヤバイです。面白かった。

2015/02/21 20:39

投稿元:ブクログ

2/21 読了。
劇場は生と死のあわいにある場所なのかもしれない。役者はひとたび役の一生を生き、舞台上で死に絶えても、すぐに起きあがって楽屋口から現実の生へ戻っていく。生より濃い生と、死の幻想を、繰り返し垣間見ることのできる場所。それが劇場なのだとすれば、そこに人の情念が憑き、死してなお棲み続けてしまうのも当然だろう。

2014/08/16 00:10

投稿元:ブクログ

短編集 7編収録
ミステリと言うか、ホラーと言うか
皆川さんは独特の世界観を持った方ですね。アタシが読んだ長編は濃厚でしたが、本書は短編ですし読みやすい思いました。それでもアタシは夜中に読了してから、違う本を何冊か読み、また本書を読みやっと今レビューを書く気になりました。本書は怖いです。色々な意味で怖い。なのにまた読んでしまう。アタシも囚われたようです。

2014/08/13 20:19

投稿元:ブクログ

芝居をめぐる、惹かれ期待する関係の短篇集。いじらしくて、ねじまがって、フェティッシュで、古臭くて。
短編の寄せ集めではなく撚り集めで物語が出来る。
決して「恋愛」ではないし、情愛が支配するわけではない。
欲望と怠惰と執着と希求。
純粋さよりも湛える深淵を愛す。

各編ごとに見ても仕方ないって途中までやって分かった。
各々登場人物の設定とかかれる内容は少しずれている気がする。勿論意味はあって必要な設定なんだけど、〇〇→△△となる記号ではなくて、〇〇からその人の印象と人生を推測しないと読みにくい。AパートとBパートの距離が遠い。
登場人物は等しく大きい得体のしれない(歴史を持つ)ものへの畏れを持ち取り憑かれた人たち。変わらないそれらに寄り添う(反抗しながらも?)しかない。
「化鳥」の杏二を彼はそうしたかったのだろう。「女でありながら女を超えたもの。人でありながら人を超えたもの。存在することに拠って観客を異界にひきいれるもの。」人でもなく神に近く、周囲すら巻き込んでしまう。ここにいる動けない「私」をつれだしてくれる何者か。なにか。
それに魅せられ続けた。


「薔薇忌」
祈り。自分の思いを次こそは次こそは・・・・叶わないで欲しい、かなって欲しい。自分を捉えて話さないものから必死に逃げようとし、しかし捉えられ続けたい。そんな感じ。
それをたんたんと。ひょうひょうとした女性がそんな執着を語るからいじらしい。
「祷鬼」
薔薇忌につづいて祈りについて。この流れはずるいと思った。祈ることの矛盾や無意味さ、その意味がみえる。
「紅地獄」
幼い好きと女性としてみてしまった。この合致はほんとうに怖いし、あり得ることだなあと思った。芝居や(続いてきた伝統ある)道具への畏れが書かれる。
「桔梗合戦」
得体のしれない母とそれを超える私。
多分違いはなにを失おうとしたか。
「化粧坂」
なまめかしい。ここに女装、女形への幼い思い出が残される。この体験を持って次編も読んでしまう、と罠だなと思う。
子供らしさと大人の世界。どちらもの貌をもつ彼。
「化鳥」
これか「化粧坂」が一番好き。
鳥は鳥のままでは、人は人のままでは、ただの凡夫なのだ。
芝居や舞台、身体表現に拠る芸術のある種の完成への遠さが現れている。
人は、やはり人である、と思う。
「翡翠忌」
「化鳥」とは一転。化け物が出てくる。と言っても年齢の話だが。彼女はひとを超えたことがあるのではないだろうか。



皆川博子、何冊か挫折してるけど、これは大丈夫だった。現代モノを何個かあさってみようかな。
ある意味で酷く、読みやすかった。
悪く言えば芳醇さは低い気もする。
そうとも思った。
情愛ではないと前に書いたけど、執着と言った感じには思わなかったし、すごく感情的でない印象を受けた。
すごく俯瞰された主人公が多かった。

2014/05/19 07:30

投稿元:ブクログ

祝復刊!

実業之日本社のPR
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55175-3
集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-748100-X&mode=1

2015/04/30 12:54

投稿元:ブクログ

演劇に携わる人々を描いた短編集。内容は「演劇の話」と聞いて想像するものの斜め上を行く、皆川博子テイストの効いた独特なものばかり。役者だけでなく、プロデューサーや小道具製作者などの裏方にもスポットを当てている。面白かった!

2014/07/22 15:12

投稿元:ブクログ

演劇をテーマにした短編集。
演劇と皆川博子なんて、相性が良すぎる。
この人の作品はいつも息が詰まる、いい意味で。

2014/06/14 13:53

投稿元:ブクログ

芝居をテーマにした幻想短編集。
単行本は1990年、前回の文庫版(集英社文庫)が1993年と、かなり前のことになるのだが、今読んでもまるで古さは感じられない。
芝居の裏側という、部外者にはちょっと想像し辛い場所を主な舞台としており、じわじわと現実を浸食するようなストーリーが展開する。最後のどんでん返しがどれも素晴らしい。

2015/07/01 18:01

投稿元:ブクログ

舞台に携わる人々を描いた短編7編。どれも妖しくて美しい幻想的な話ばかり。現代の話なのに、芝居を扱っているせいか、どこか時代がかった雰囲気をもつ不思議な世界観。
少し硬めの文体なので、慣れるまでは入り込みにくいとこもあるけれど、それが却って幻想的な雰囲気を際立たせている。
皆川作品は『開かせていただき光栄です』とその続編しか読んでないけど、この作品といい、気になってる『少年十字軍』といい、ジャンルの幅広さに驚く。

2014/06/10 17:32

投稿元:ブクログ

“舞台”に纏わる7短編。帯にも裏表紙にも“ミステリー”と銘打っているけど、こういうのもミステリーと言うのかな?確かに最後に『あっ!』と思わせるのが多いけど。とは言えどの作品も幻想的で満足です。特に【紅地獄】が印象的でした。“情念”というと、つい女性のそれをイメージしてしまいますが、この男性の情念ったら女性を上回る凄まじさを感じます。ストーリーの表には全く出て来ないで裏面で息づく執念ったらすごい。でも全然忌まわしさを感じさせないのが凄過ぎです。